ママトーク。

1児のママであるアラサー主婦がママとして言いたいことや発信したいことを書き殴るブログ。母、妻、嫁、女としての視点や育児や自分の趣味、Eテレのことも熱く語ります。

日本で液体ミルクが発売開始!グリコ「アイクレオ」・明治「ほほえみ」の液体ミルクとは?栄養面・価格を粉ミルクと徹底比較。

スポンサーリンク

日本で液体ミルクが発売開始!グリコ「アイクレオ」・明治「ほほえみ」の液体ミルクとは?栄養面・価格を粉ミルクと徹底比較。

日本では液体ミルクの販売がついに2019年3月に開始されましたね。

 

液体ミルクは現在、江崎グリコ「アイクレオ」が販売されていて、明治「ほほえみ らくらくミルク」は順次発売予定となっています。

 

ミルク育児を行なっているママさんにとってはかなり嬉しいニュースですよね。

 

もちろん液体ミルクは災害時にも役立つので、母乳育児のママにとっても液体ミルクの販売開始は嬉しいはずです。

 

今日はそんな液体ミルクとは一体なんなのか?液体ミルクの栄養面や価格についてご紹介していきたいと思います。

 

 

粉ミルクは簡単?いいえ、子供にあげるまでが超大変。

私も子供がいるので粉ミルクをあげた経験はもちろんあります。

 

粉ミルクはこんな過程で作られていきます。

 

①お湯を沸かす

まずはここ!

 

粉ミルクは常温の水では粉が溶けないため、まずはお湯を沸かして熱湯を作らなければいけません。

 

100℃でなくても70~80℃のお湯で溶けますが、まずはお湯を作る作業から始まります。

 

 

②必要な量の粉を計る

缶に入っている粉ミルクの場合は、付属のスプーンで子供の月齢に合わせた量を自分で測って哺乳瓶に入れていきます。

 

キューブの場合も子供の月齢に合わせて必要な量のキューブを入れていきます。

(↑この時の粉ミルクを床や周りにこぼすと結構厄介。ミルクの粉はベトつくから後で面倒なことに。)

 

③必要な量のお湯を注ぐ

子供の月齢に合わせて必要な量のお湯を哺乳瓶に注いでいきます。

 

 

④哺乳瓶をシェイク

お湯と粉ミルクを入れたらひたすらシェイク。

 

数回シェイクすれば粉ミルクは溶けますが、シェイクしないと粉ミルクが下で固まる恐れあり。

 

 

⑤冷水でミルクを冷ます

シェイクした哺乳瓶はアッツアツなので冷水で冷まします。

 

赤ちゃんにとっては人間の体温の37~38℃がちょうど良いので、そのくらいになるまで冷まします。

 

冷まし足りないと赤ちゃんが火傷をしてしまったり、熱くて飲めなかったりします。

 

また冷ましすぎると、ミルクが冷たくなってしまい赤ちゃんの体が冷えてしまいます。

 

37~38℃に冷ますというのが結構ムズイ。

 

 

調乳はこれを毎回やる。お母さんのパワーも時間も奪われる。

ミルクを飲ますことは簡単。

 

哺乳瓶を赤ちゃんの口に突っ込めば勝手に飲んでくれるから。

 

だけど、ミルクが出来上がるまでには上のような過程が必要で、時間もかかるしお母さんの体力もまあまあ奪われます。

 

それに赤ちゃんが「お腹空いたー!!!」とギャンギャン泣き始めてからミルクを作れば、赤ちゃんの泣き声でお母さんも焦ってしまいます。(+「ちょっと待ってよ・・・」とイライラもする)

 

ほぼ完全母乳だった私でさえ、ミルクを作って飲ませるということは結構大変でしたが、これを3時間おきに行う完全ミルクのお母さんは「ミルクを作る」というだけでも本当に大変な仕事なのです。

 

 

そんな中の液体ミルク!液体ミルクとはそもそも何?

液体ミルクとは、その名の通り粉ではなく既に液体になっている乳児用ミルクのことです。

 

海外では既に液体ミルクは当たり前のように発売されていて、海外のママさんたちは液体ミルクを利用することも多かったんだとか。

 

そんな中、日本ではようやく2019年3月に、日本初の乳児用液体ミルク「アイクレオ 赤ちゃんミルク」が発売されました。

 

そしてその後、明治から「ほほえみらくらくミルク」が発売

 

日本では粉ミルクの他にもはキューブタイプのミルクがありましたが、粉でもキューブでもどちらにしても上のような「お湯を入れて冷ます」という過程をしなければいけなかったのです。

 

ですが、液体タイプはお湯を入れて冷ますという手間がかからず、容器を開けたらすぐに哺乳瓶に注いで飲ませることができます。(すごい!!!!)

 

今まで粉やキューブでミルクを作っていたママは、赤ちゃんがお腹を空かせて泣いてからミルクをあげるまでに時間がかかってしまいますが、この液体ミルクなら開けるだけで常温のまますぐに飲ませることができます。

 

 

液体ミルクと粉ミルクの栄養には違うはある?

液体ミルクは手軽に子供にあげられるという点から「栄養面は大丈夫?」「粉ミルクと何が違うの?」と思うかもしれませんが、液体ミルクと粉ミルクは栄養面には違いはありません。

 

液体ミルクは「調乳後のミルクが常温で保管されている」というだけで、既に調乳されているかされていないかの違いです。

 

また、既に調乳してあると聞くと防腐剤が入っているか心配になりますが、防腐剤は一切入っていません。

 

液体ミルクは高熱での滅菌、製造環境の衛生管理の徹底、容器の高密閉機能の確保を徹底することにより、長期の常温保存が可能です。

 

これなら安心してママさんも、調乳する手間なく簡単にミルクをあげられます。

 

 

なぜ今まで日本には液体ミルクがなかったのか?

海外では液体ミルクは既に発売されていて、海外のママたちは当たり前のように液体ミルクを使っていましたが、日本では2019年3月に初めて液体ミルクが発売されたのです。

 

そこで思うことが「なんで日本に今まで販売されていなかったの?」ということ。

 

これだけミルクを作る手間があるということは大昔からわかっていたことだし、誰かが「もうミルクのためにお湯と湯冷ましの水を持ち歩くのめんどい!重い!」と言えばどこかの企業が率先して液体ミルクを作ってくれそうですが。

 

 

ですが、なぜ今まで日本に液体ミルクが販売されていなかったのかと言うと、液体ミルクの規格基準がなかったからです。

日本で乳児用液体ミルクを販売するためには、まずは、厚生労働省が規格基準をつくることから始まります。

その規格基準ができたら、各メーカーが容器や中身の成分などを決めて、安全性の確認をします。

また、消費者庁に申請し「特別用途食品」の表示許可を得ることも必要となります。

 

その結果、乳児用の液体ミルクを日本国内で製造・販売するには規格基準の策定やメーカーの製造ラインの確保などをしていれば、かなりの時間がかかってしまっていたのです。

 

ですが、東日本大震災や熊本地震のときに、救援物資としてフィンランドから乳児用液体ミルクが届けられ、液体ミルクが多くの赤ちゃんを救ったことが話題になりました。

 

そのことで日本でも液体ミルクが注目されていき、厚生労働省が規格基準づくりに動き出したことで、液体ミルクの開発・発売に至ったのです。

 

 

粉ミルクに比べて液体ミルクの価格は?

そこで気になるのが液体ミルクの価格について。

 

液体ミルクは粉ミルクよりも超手軽、さらに容器を開けてすぐ子供に飲ますことができるとなると「やはり値段は高いのでは・・・?」と思いますが、そう、まさに粉ミルクより高いのです。

 

下記が粉ミルクと液体ミルクの比較表になっています。

 

①江崎グリコ「アイクレオ」

江崎グリコの「アイクレオ」の粉ミルクと液体ミルクを比較するとこのようになっています。

 

 

粉ミルク

液体ミルク

商品

アイクレオのバランスミルク

アイクレオ 赤ちゃんミルク

価格

2,654円

12本:2592円(1本あたり216円)

容量

800g(調乳ミルク約6300ml相当)

1本125ml

100mlあたりの値段

約42円

約173円

 

 

②明治「ほほえみ」

明治の「ほほえみ」の粉ミルクと液体ミルクを比較するとこのようになっています。

 

粉ミルク

液体ミルク

商品

明治ほほえみ らくらくミルク

明治ほほえみ

価格

2,550円

1本あたり215円

容量

800g(調乳ミルク約5926ml相当)

1本240ml

100mlあたりの値段

約43円

約90円

 

どちらも粉ミルクよりも液体ミルクの方がやはり高いです。

 

明治ほほえみは約2倍くらい価格に違いがありますが、アイクレオの場合は約4倍も液体ミルクの方が高くなってしまいます。

 

また、液体ミルクで比較をするなら明治ほほえみの方が1本あたりの容量も多く、100mlあたりの値段も安くなっています。

 

 

液体ミルクは割高だけど災害用にも役立つので常備しておきたいアイテム。

液体ミルクは明けてすぐに哺乳瓶に注いで子供に飲ますことができるので、ママにとっては本当に楽チンですよね。

 

特に夜中の授乳は本当にキツイ。

 

眠くて意識が朦朧している中、お湯を沸かして粉のミルクを計ってお湯を注いで冷まして・・・という作業は本当に憂鬱です。

 

私は子供がもう卒乳・卒ミルしたので二人目ができるまではミルクにお世話になることはありませんが、「液体ミルクともっと早く出会いたかった!」と思っています。

 

粉ミルクは母乳に比べればママの拘束される時間も短くて楽だけど、やはりお湯を沸かす→粉ミルクを測る→お湯を注いで冷ますという作業がめんどくさいし、時間がかかります。

 

母乳なら泣いたらすぐに母乳をあげられるけど、ミルクはそうはいかない。

 

やはりその間に子供に泣かれるとお母さんも焦ってしまいます。

 

 

ですが、液体ミルクなら開けたらすぐに飲ますことができるので、簡単でスピーディーで、ママにとっても赤ちゃんにとっても嬉しいですよね。

 

ですが手軽なだけあってやはり割高です。

 

毎日の授乳に使うにはお金がかかってしまいますが、旅行やお出かけの時など荷物を減らしたい時にはオススメです。

 

また、東日本大震災や熊本地震の時には液体ミルクは大活躍だったので、災害用に液体ミルクを常備しておくのもいいかもしれませんね。

  

 

※現在液体ミルクの販売はグリコ「アイクレオ」のみとなります。

明治「ほほえみらくらくミルク」は順次発売開始予定です。