ママトーク。

1児のママであるアラサー主婦がママとして言いたいことや発信したいことを書き殴るブログ。母、妻、嫁、女としての視点や育児や自分の趣味、Eテレのことも熱く語ります。

「産後ガルガル期」なうな私。ガルガル期は、マタニティーブルーとはまた違う産後のイラつきなのだ。

スポンサーリンク


f:id:warakochan:20181228234134p:plain

 

私は今更ながら、「ガルガル期」という言葉を知った。

 
このガルガル期という言葉を知ったきっかけは、Twitterでフォローしているユーザーさんが「ガルガル期」という言葉を使ってツイートをしていたから。
 
「なんだこれ?どういう意味だ?」と思いガルガル期について調べてみると「え?まるで私!」となった。
 
私が旦那や義母、義父に対して抱いていた感情はガルガル期というものだったのか。

 

 

ガルガル期は女性の本能。誰もが陥る。

ガルガル期について調べてみたところ、ガルガル期とはこんなものである。
 
ガルガル期:自分以外の人が自分の赤ちゃんに触れることに嫌悪感を抱いてしまうこと 
 
 
これは動物のお母さんが自分の子供に対して人間が手を出すと、必死になって威嚇して守ろうとするのと同じものらしい。
(調べてみたら、ガルガル期の正式な由来までは出てこなかったが、動物の母親が「ガル〜ガル〜」って威嚇して怒るから「ガルガル期」というのか?) 
 
 
つまり、産後のお母さんが自分の子供を自分以外の人に抱かれるのを嫌う、というものである。
 
これは、母としての子供を守ろうとする女性の本能らしいのです。 
 
そのため、産後は他人に対して攻撃的になったりイライラしたりしてしまうんだとか。  

 
中には、実のお母さんや実の兄弟であっても、自分の子供を触られるのが嫌と思ってしまうママもいるらしい。
 
だけどその一方で、産後にガルガル期に全くならなかったという人もいて「どうぞどうぞうちの子を触ってください!」というママもいるんだそう。(うらやましい・・・)
 
 
せっかく辛く長い出産を終えてたくさんの人に子供を抱っこして欲しいのに、心の中では「早く返せ」「うちの子に触るな」と思ってしまうほど残酷なガルガル期。
 
私自身もそうだが、ママ自身ではコントロールできない感情だから、本人もとても辛いのである。
  

私が今陥っているガルガル期の内容。

このガルガル期、まさに私がそうだった。

 

というか子供はもう1歳3ヶ月だけど、私の場合それが今も続いている。

 

私は子供が生まれてから、自分側の家族や友達はいいとしても、旦那側の家族が息子を抱くのを見るとイライラするのとと同時に、絶対に子供から目を離さず、隙あらば理由をつけてすぐに子供を奪い返していた。

 

特に義母が息子を抱っこしている姿を見るだけでイライラして仕方がなかったので「あ、すいません。そろそろ母乳あげるんで」「そろそろオムツかな〜?」と言いながら奪い返していた。笑

 

それは今でも続いていて、義実家に顔を出せばなるべく義母にも義父にも子供を渡したくないし、触られたくないと思ってしまう。
 
 
そしてそれは旦那にも。
 
旦那が息子を抱っこしている姿を見るだけで、なんかムカつく。
 
イライラとかではないけどなんかムカつく。(そもそも私が旦那が好きじゃないから)
 
子供を旦那に預けて息子を見てもらうときは仕方がないとしても、旦那と私と息子で家にいるときはなるべく息子から離れたくないし、旦那に触ってほしくないと思ってしまう。
 
私の場合は、元々子供を産む前から義母が大嫌いだったし、妊娠を機にマタニティブルーで旦那に自分の体を触られるのも嫌と思ってしまうほどだったので、きっとそれも関係しているのだろう。
 
 

ママがガルガル期になってしまう原因

調べてみると、産後のママがガルガル期になってしまう原因はこんなものが挙げられるんだとか。
 

①産後のホルモンバランスの乱れ

産後はママのホルモンバランスが妊娠中に一気に増加して、出産を機に一気に減るので、そのホルモンバランスの乱れから情緒不安定になり、ガルガル期が襲ってくることがあるんだそう。
 
私の場合は、妊娠中のマタニティブルーもひどかったし、きっとガルガル期もマタニティーブルー並みにひどい方なんだと思う。
 
 

②初めての育児で気が張っている

子供が一人目の場合、産後のママは育児の全てに気が張っているため、ガルガル期に陥るママが多いんだとか。
 
私の場合も息子が初めての子供だったので、義実家に対して「自分の味方ができた!」という感覚だった。
 
そんな自分の味方でもある大事な息子を、義母や義父に抱っこされるのが本当に嫌なのだ。
 
その赤ちゃんが一人目ではなく、上に兄弟がいれば「少しの間下の子を見といてくれるのすごく助かる!」と思うのかもしれないが、一人目だからこそ全てのことに気が張ってしまい、余計に触られたくないと思ってしまうのかもしれない。
 
 

③産後の睡眠不足で常にイライラ

これも絶対に関係している。
 
産後のママは本当に寝れない。
 
特に新生児のうちは2,3時間おきに授乳で起きて、そこから子供が全く寝てくれないなんてことはしょっちゅうだ。
 
「死ぬほど眠いのに寝れない」という状況は本当にイライラにつながるし、私も何度も何度も睡眠不足のイライラで旦那に当たってしまったことだってある。
 
 
それがさらに子供が生まれてから義実家へ行くとなれば、こっちは夜中の授乳で何度も起こされて眠くて仕方がないのに、それでもこっちから義家族に会いに行かなければいけないという地獄の日なのである。
 
 
眠いけどそれなりに義家族に話を合わせなければいけない、眠いのに嫁としての仕事(料理や片付けなど)をしなければいけない、そして眠いけどいつも通り育児はしなければいけない、さらに義実家にいる間は昼寝もできない、というデメリットしかない時間なのである。
 
そんな日は余計に眠くてイライラしてしまい、「私の子に触らないで」と思ってしまうのだ。
 
 
 

私はマタニティーブルーとガルガル期が合わさった、とても最悪な状況なうなのだ。

私は別の記事でも書いた通り、妊娠中のマタニティブルー期がひどかった。

 

 

www.warakochan.com

  

妊娠を機に一気に旦那が嫌いになってしまった。
 
旦那が廊下を歩く音、トイレを流す音、隣で歯磨きをシャカシャカさせる音、ドアを閉める音など、妊娠前には全く気にならなかったのに、妊娠をしてから旦那の些細な生活音が本当にイライラしてしまい、地獄のような毎日だった。
 
そして旦那に触られたくなさすぎて仕方がなかった。
 
「あ、私もうこの人と二人目作ることはないな」と思ってしまうほど、旦那を受け付けられなくなってしまった。
 
 
そして子供を産んだ時、「マタニティーブルーもこれでさよならか」と思っていたのに、そのマタニティーブルー中に感じた旦那への不快感は産後もまっだまだ続く。
 
それは産後の疲れや育児疲れもあるのだと思うけど、私が毎日毎日初めての育児でてんやわんやしているのに、旦那は相変わらずマイペースに生活していることにもものすごくムカついた。
 
そして妊娠中に引き続き、今でも旦那の生活音はウザい。
 
 
そんな中、ついこの間までは「ガルガル期」という言葉を知らなかったので、「自分は産後もマタニティーブルーがまだまだ続いているのだ」と思っていた。
 
なので 「ああ。産後でもマタニティーブルー続くの?これっていつ終わるの?一生????ていうかもうマタニティーじゃないんですけど私!」と毎日のように思っていた。
 
 
だけど今回のツイッターの件で、「ガルガル期」という言葉を知りそれについて調べた途端、「あ、私今ガルガル期なのか」と気づいた。
 
だけど、さらに気づいてしまったことは、今の私は多分、妊娠中から続いているマタニティーブルーと子供を触られたくないガルガル期が合わさった状態なのだと気づいた。
 
つまり、今の私は史上最悪に情緒不安定なうなのだ。
 
 
旦那の家族が息子を抱っこしていると、なんだかハラハラして目が離せなくて隙あらば奪い返そうと思ってしまう。
 
「おばあちゃんに会えたね〜よかったね〜」なんて絶対に口が裂けても言いたくない。(抱っこすら嫌だから)
 
旦那と私の2人の子なはずなのに、旦那が息子を抱っこしている姿になぜかムカついてしまう。(「その子産んだの私だよ?」と思ってしまう)
 
「息子泣いてるし私代わるから」と言って旦那にさえも息子を奪い取ってしまう。
 
そして息子が旦那に対して大泣きしている姿を見ると「いいぞいいぞ息子♪」と思ってしまう。
 
 
私は今そんな状況だ。
 
 
旦那には申し訳ないけど、私はただでさえ妊娠中のマタニティーブルーで旦那嫌いになってしまったのに、そこにさらにガルガル期が加わったことで、今ものすごく旦那に対して最悪な女になっている。
 
 
「マタニティーブルー長いな〜。いつ終わるんだよこれ。旦那のことずっと嫌いなんですけど」と思っていたけど、実は今の私はマタニティーブルーの波に乗りながらもガルガル期真っ只中なのかもしれない。
 
 
 

ホルモンバランスって自分でコントロールできないから厄介だ。

私だってできれば旦那と仲良くやっていきたい。
 
籍が入っている以上、夫婦として仲良くやっていきたいし、できることなら付き合っていた初期のような感情が戻れば毎日幸せなのにと思う。
 
そして今となっては子供までいるので、子供のためにも夫婦仲良くやっていきたいものだ。
 
 
だけど、この女性のホルモンバランスってやつが夫婦仲を悪化させる原因だ。
 
妊娠中にホルモンバランスが一気に崩れ情緒不安定となり、それが産後も続く。
 
妊娠中も産後も一番夫婦が仲良しでいなくちゃいけない時期なはずなのに、このホルモンバランスってやつがママの心や旦那への感情をぐっちゃぐちゃにする。
 
そして残念ながらそれは、子供を妊娠するのも産むのも女性なので、男は一切ホルモンバランスなんて崩れない。
 
ホルモンバランスが崩れて情緒不安定になって悩むのは女性の方だ。
 
 
ホルモンバランスは目には見えないし自分ではコントロールできないので、本当に厄介な奴だ。
 
 
 
あーあ。
 
このガルガル期いつまで続くかな。
 
義実家に行った時に目をギラギラさせて義家族から子供を守るというのも、本当はこっちだって疲れるんじゃ。
 
早くガルガル期がなくなって自分も楽になりたいとは思っている。
 
 
だけど、ガルガル期以前に私の場合は義母が大嫌いなので、義母に対しては義母が死ぬまでガルガル期は続く予感である。