ママトーク。

1児のママであるアラサー主婦がママとして言いたいことや発信したいことを書き殴るブログ。母、妻、嫁、女としての視点や育児や自分の趣味、Eテレのことも熱く語ります。

女の結婚なんて全て男のタイミングで決まる。少なくとも私は、結婚をする時期を間違えた。

スポンサーリンク


女の結婚なんて全て男のタイミングで決まる。少なくとも私は、結婚をする時期を間違えた。

 

結婚のタイミング。
 
これはわたしが結婚してからよく考えること。
 
私はきっと結婚のタイミングを間違えた。
 
 
私は旦那の海外転勤をきっかけにプロポーズをされ婚約、約1年後に結婚した。
 
旦那は「別に海外転勤がきっかけじゃないよ。元々その頃、年齢的にもそろそろかなって思ってたから、海外転勤はついで」と言うけれど、あの時旦那が海外転勤がなくて、私が自分の思っていることを旦那にしっかり伝えることができたら、今頃私たちは夫婦じゃなかったのかもしれない。
 

私は結婚寸前まで結婚願望ゼロだった。もちろん婚約してからも。

私が26歳、旦那が31歳の時に結婚をした。
 
確かに年齢的にはちょうどいい頃かもしれない。
 
旦那は仕事は忙しいけど経済的にも結婚を考えられるくらい余裕が出てきた頃だろうし、私も周りの友達が少しづつ結婚をしだして、結婚や子供を意識し出すくらいの時期だった。
 
 
だけど、私はまだまだ自分は結婚なんてしないと思っていた。
 
まだまだ仕事をしたかったし、結婚はまだまだ先だと思っていた。
 
旦那とは当時5年くらい付き合っていたので「この人と結婚するのかな〜?」くらいには思ってはいたが、まだまだ結婚はいいと思っていた。
 
もちろん旦那に結婚を迫ったことなんてない。
 
結婚のプレッシャーをかけたこともない。
 
 
だけど、旦那が「そろそろ結婚してもいいかな」と思った時期と海外転勤が決まった時期が重なったことで、プロポーズをされ、私はそれを受け入れてしまった。(しまったというと失礼だが)
 
そして海外転勤を終えて、関東圏から関西圏へ勤務地が決まった旦那についていくために、私は約5年働いた仕事を辞めた。
 
 
でも今思えば、私はまだあの時、婚約も結婚もしてはいけなかったのかもしれないと思ったりする。
 
なぜなら、結婚して約3年経った今でも、なんだかこの結婚にしっくりきていないから。
 
 
 

旦那からプロポーズを受けている時の私は、頭の中ではすごく冷静だった。

私は旦那と付き合っている頃から「私この人と絶対結婚する!!!」とか「私今めっちゃ結婚したい!!!」と思ったことがない。
 
上にも書いたが「いずれこの人と結婚するんだろうな〜」くらい。
 
せっかく一世一代のプロポーズをしてくれた旦那には申し訳ないが、気づいたら婚約してて結婚していた、という感覚である。
 
 
25歳頃の私はプロポーズをされたら、涙ぐんで「・・・はい」と言って指輪を受け取る、というのが正しいプロポーズを受け方だと思っていた。
 
もちろん旦那からいきなりプロポーズをされた時は、自分が想像していた通り、涙ぐんで「・・・はい」と言った。
 
だけど実際に私がプロポーズを受けている時、もちろん表面上は涙ぐみながら旦那のプロポーズを言葉を聞いていたが、実は頭の中では「ん?てことは私はいずれ仕事を辞めるのか?」「どこに行かされるかわからない転勤族の旦那についていったら私は何県に住むことになるんだ?」「ずっと地元にいたいんだけど・・・」「今の家気に入ってるんだけどな〜もしかすると近々引っ越しか。」などと考えながら旦那の話を聞いていた。(←もうプロポーズを「話」って言っちゃってる。)
 
 
そしてプロポーズをされた時点で旦那とは5年も付き合っていたので、いろいろ頭の中では冷静に自分の今後のことを考えていながらも、このプロポーズを受け入れなきゃいけない気がして、「・・・はい」と言うしかなかった。
 
というか長年付き合っている彼氏からプロポーズされて「え?無理無理!」なんて言える女なんているのだろうか。
 
男だって「プロポーズを受け入れてもらえる」と思いながら高い婚約指を買ってプロポーズをしているのだから、断れないに決まっている。
 
 
結果、私はいろいろ頭では考えてはいたものの、すんなりプロポーズを受け入れ婚約をした。
 
 

女の結婚なんて全て男のタイミングで決まる。少なくとも私の場合はそうだ。

旦那は「海外転勤が結婚のきっかけじゃない」とは言うけど、結局のところ私たちの結婚は、旦那が「結婚したい」と思ったタイミングで結婚したような気がしている。
 
なんの前触れもなく旦那が「今日だ!」と思ったタイミングでプロポーズをしたのだから、この結婚は旦那に主導権があった。
 
年上の恋人がいたんだから相手都合で結婚のタイミングが決まるのも仕方がない気はするけど、なんだかこの婚約・結婚のタイミングは、自分にとって合っていたのかが今でもわからない。
 
 
確かに婚約を受け入れたのも自分、最終的に結婚を決めたのも自分。
 
今思えば婚約なんてただの口約束。
 
破棄することだって余裕でできた。
 
「ちょっと待って!私まだ全然結婚なんて考えてないよ!」ということも言えたはず。
 
破棄しなくても、先延ばしにすることだってできた。
 
だけど、「長年付き合ってきた彼氏と婚約をしたからには結婚をしなきゃいけない」ような気持ちがどこかにあった。
 
自分が結婚したいと思うタイミングまで結婚を待つべきだったのかもしれないが、結果、プロポーズを受けた翌年、旦那の海外赴任が終わったことで私と旦那は結婚をした。
 
 
 

「結婚したい!」とお互いが思った後に結婚できたら、それはすごく理想的。

この歳になると、周りの独身の女友達は結婚を焦っている。
 
「ほぼ毎週婚活パーティやら合コンやら行くんだけど、全然いい人に会えないの!!!私こんなに結婚したいのに!!!」なんて言っている。
 
それを聞いた私は、「そろそろ私結婚したい!」と強く思った後に、運命な人に出会えて結婚できたらどんなに素敵だろうと思ったりする。
 
お互いがしっかり、結婚したいと思ったタイミングが合ってそれに向けて交際ができたら、その後一緒になってもきっとしっくりくる結婚生活を送れるんじゃないかと思う。
 
 
また、私の友人は今年、同い年の彼氏と結婚した。
 
もちろんプロポーズは彼の方からだったが、付き合っている頃から「結婚するんだったら何歳頃がいいね」「結婚しても私仕事続けるから住む場所はこのあたりがいい」と結婚してからの生活や条件を擦り合わせてから結婚をした。
 
夫婦共働きで、お互いにやりたいことやって生活をしているので、彼女のSNSは結婚しても本当にキラキラしているように見える。(見える、だけかもしれないが)
 
彼女の場合、お互いが結婚を意識する時期が同じで、お互いが結婚したいと思ったタイミングが重なった時に結婚できたんだと思う。
 
それってすごく理想的。
 
 
もちろん結婚を見据えての交際は、たとえ好きでも「結婚の条件が合わない!」となれば別れることもあるだろうから大変かもしれない。
 
だけど、結婚したいタイミングが合っていたことで、お互いが「まだ結婚したくなかったのに」「あれ?なんでこのタイミングで結婚したんだっけ」なんて思うことはきっとないはず。
 
実際、婚約した頃「結婚なんてまだいいんだけどな〜」と思っていた私は、少なくとも今そう思っている。