ママトーク。

1児のママであるアラサー主婦がママとして言いたいことや発信したいことを書き殴るブログ。母、妻、嫁、女としての視点や育児や自分の趣味、Eテレのことも熱く語ります。

結婚のタイミングは女よりも男次第!今じゃないなら今すべきではない。

スポンサーリンク


結婚のタイミングは女よりも男次第!今じゃないなら今すべきではない。

 

結婚のタイミングは人それぞれですが、女の立場から考えるとどの結婚にも共通していることがあると思っています。

 

それは、結婚は全て男のタイミングで決まるということ。

 

男が結婚をしたいタイミングでプロポーズをし、女はそれを受け入れる。

 

つまり、結婚のタイミングは全て男次第なのです。

 

このケースはとても多いですが、そのケースで結婚をした私は今になって「この結婚でよかったのか?」と考えてしまうのです。

 

結婚は全て男のタイミングで決まる説

私は「結婚は全て男のタイミングで決まる」と思っています。

 

もちろんできちゃった婚を除く、自らの意思で結婚をする場合の話です。

 

その理由は、プロポーズをするのは男からという風潮が世界的にあるからです。

 

今では「逆プロポーズ」という言葉もあるくらい女性側からプロポーズをするケースもありますが、それでもまだまだ男性からプロポーズをするというのは世界的にも当たり前になっています。

 

また、結婚をする際やはり「男性側から言う」のは女性の憧れでもありますし、男性を立てるためにも男性からプロポーズをさせるのは女性の役目でもあるのでしょう。

 

実際に私の友人の100%は男性からプロポーズをしていますし、私も旦那からのプロポーズを受け結婚をしました。

 

また、それもあり私の友人たちは20代後半になると「彼氏がプロポーズをしてくれない。ずっと待ってるのに・・・」と言い出す子もいれば、「彼女からのプロポーズまだ?的な感じがウザくて俺もう無理かも」と言っている男友達も現れるくらい、プロポーズ待ちの女性が続々と増えるのです。

 

男の気持ちが乗らなければプロポーズをされないのが現実

また、女性よりも男性の気持ちが乗らなければプロポーズや結婚の話が進まないのが現実です。

 

残念なことに「そろそろ結婚したいなぁ」と女性が思っていても、その交際相手の彼氏が結婚をまだ考えていなければプロポーズはしてくれません。

 

どんなに彼女が結婚を迫ってもはぐらかされるケースは多いです。

 

その理由はやはり、結婚自体が男性側に主導権があるからなのです。

 

やはり結婚をしたら「一家の大黒柱になる」「家族を養う」「今以上に頑張って働かなければいけない」と思うと、男性はプレッシャーもあるのでしょう。

(他にも挙げるとすれば「他の女と遊べなくなる」)

 

一方、女性は結婚をすることで「仕事をやめられる」「専業主婦になれる」「子供が作れる」といった男性よりもプラスの面で考える女性も多いので、どちらかといえば男性よりも女性の方が結婚へのハードルは低いのです。

 

 

実際に私の友人も28歳の頃、7年付き合って彼氏がなかなかプロポーズをしてくれないので「そろそろ結婚をきちんと考えて欲しい」と伝えると「今後付き合い続けるのはいいけど俺は結婚はまだ無理。そんなに結婚がしたいなら別れて欲しい」とフラれてしまった子もいます。

 

残念ですが、結婚のタイミングが合わないといくら女性から思いを伝えても、男性が受け入れられないパターンも多いのです。

 

つまり、結婚は男性側の気持ちが乗らないとなかなか進まないのが現実です。

 

そんな私は全て旦那に結婚の主導権を握られたタイプ

私の場合は、旦那の海外転勤をきっかけにプロポーズをされ婚約、約1年後に結婚しました。
 
当時の旦那は「別に海外転勤がきっかけじゃないよ。元々その頃、年齢的にもそろそろかなって思ってたから、海外転勤はついで」と言っていましたが、完全に海外転勤が理由だったと思っています。

(今思えば、全然ついでじゃなかった)

 

その頃、私が26歳、旦那が31歳の時に結婚をしたのですが、世間から見ればお互い年齢的にはちょうどいい頃かもしれません。

 

旦那は仕事は忙しいけど経済的にも結婚を考えられるくらい余裕が出てきた頃だろうし、私も周りの友達が少しづつ結婚をしだして、結婚や子供を意識し出すくらいの時期でした。

 

ですが私は仕事が楽しい時期でもあったし、まだまだ自分は結婚なんてしないと思っていました。

 

もちろん旦那に結婚を迫ったことなんてないし、結婚のプレッシャーをかけたこともない。

  

だけど、旦那が「そろそろ結婚してもいいかな」と思った時期と海外転勤が決まった時期が重なったことでプロポーズをされ、「もう少し後でもいいんじゃない?」と伝えたものの、「いずれ結婚するなら今でもいいじゃん」「海外転勤もあるからこのタイミングがいい」という旦那からのゴリ押しにより、私はそれを受け入れてしまったのです。

 

結局、私の場合は旦那の仕事の都合で結婚のタイミングが決まったようなものでした。

 

もちろん私は旦那との結婚で引越しをしなければいけなくなったため、仕事をやめざるを得なくなりやめましたし、結婚後は旅行でも行ったことがない知らない土地で生活をすることとなりました。

 

ですが今思えば、私はまだあの時「婚約も結婚もしてはいけなかったのかもしれない」と思ったりします。

 

なぜなら、結婚して約4年経った今でも「『結婚がしたい!』なんて私の人生で一度も思ったことないかも」と考えたりするからです。

 

「プロポーズをされてしまったから」と言うと失礼かもしれませんが、「結婚をまだ考えてなかったけど相手が言うなら・・・」と言う感じで結婚をしてしまったのです。

 

その結果が、「あの時もっと冷静にプロポーズを受け入れるか考えればよかった・・・」となっているのです。

 

プロポーズを断るのは相当な勇気がいる!よね???

私は旦那と付き合っている頃から「私この人と絶対結婚する!!!」とか「私今めっちゃ結婚したい!!!」と思ったことがありませんでした。

 

付き合っている頃は「いずれこの人と結婚するんだろうな〜」くらいでした。

 

せっかく一世一代のプロポーズをしてくれた旦那には申し訳ないですが、気づいたら婚約してて結婚していた、という感覚なのです。

 

なぜなら、何度も言いますが結婚の主導権は男性側にあるからです。

 

 

25歳頃の私はプロポーズをされたら、涙ぐんで「・・・はい」と言って指輪を受け取る、というのが正しいプロポーズを受け方だと思っていました。

 

もちろん旦那からいきなりプロポーズをされた時は、自分が想像していた通りとりあえずは「・・・はい」と言いました。

(その後、「でもまだしないよね?私まだ結婚願望ないよ?」という話はしたが)

 

だけど実際に私がプロポーズを受けている時、もちろん表面上は少し涙ぐみながら旦那のプロポーズを言葉を聞いていたものの、実は頭の中では「ん?てことは私はいずれ仕事を辞めるのか?」「どこに行かされるかわからない転勤族の旦那についていったら私は何県に住むことになるんだ?」「ずっと地元にいたいんだけど・・・」「今の家気に入ってるんだけどな〜もしかすると近々引っ越しか。」などと考えながら旦那の話を聞いていたくらいでした。(←もうプロポーズを「話」って言っちゃってる。)

 

そしてプロポーズをされた時点で旦那とは5年も付き合っていたので、いろいろ頭の中では冷静に自分の今後のことを考えていながらも、プロポーズをされた以上このプロポーズを受け入れなきゃいけない気がして、「・・・はい」と言うしかありませんでした。

 

というか長年付き合っている彼氏からプロポーズされて「え?無理無理!」なんて言える女なんている!!???

 

だって目の前で指輪をパカッてされてしまってるんだから!!!

 

男だって「プロポーズを受け入れてもらえる」と思いながら高い婚約指を買ってプロポーズをしているのだから、断れないに決まっている。

 

結果、私はいろいろ頭では考えてはいたものの、話し合いの末プロポーズを受け入れ婚約をしてしまったのです。

 

どちらかが「結婚は今じゃない」と思うなら今じゃない

「今じゃなくてももう少し先でもいいんじゃない?」

旦那「いや、俺の海外転勤もあるし今なんだよ!いずれするなら今しよう!!!」

 

という、旦那からの猛烈?なプロポーズを受けて結婚をした結果、私が思うこと。

 

それは、どちらかが「結婚は今じゃない」と思うならその結婚は今じゃないということです。

 

その理由は、その時は相手に折れて「まあこれも何かの縁かも」と思って結婚を選ぶものの、やっぱり結婚後に何かあるたびに「だから結婚はまだいいって言ったじゃん」と思ってしまうからです。

 

結婚は、交際とも同棲とも違いお互いの親だって関わってくるし、仕事や住む環境だってガラッと変わることだってあります。(特に女性は)

 

そのため、結婚後は「あの時まだ結婚していなかったら」「結婚前にこれが分かっていればしなかったのに」の連続なのです。

 

また、私の友人にももう一人、数年付き合っていた彼氏が仕事で大怪我をしてしまい、その看病やサポートをしたことで大怪我中の彼氏に「ここまでやってくれるならもう結婚して欲しい」と言われ、「うーん・・・」と少し思ったものの、相手の親にも説得され結婚を受け入れた子がいます。

 

結局、その夫婦は結婚して2年後に離婚をしました。

 

その理由は様々なことがあったとは思いますが、特に友人が言っていたことは「私はまだ若かったしまだまだ結婚なんてしなくてよかったけど、あんなに大怪我してる人からプロポーズされたら断れるわけない」ということでした。笑

 

確かに、プロポーズの状況によっては断れないですし、じゃあ結婚を断って大怪我している彼氏と見捨てるのか?と言ったら、恋人なのでそれも簡単にはできません。

 

結果、彼女の場合は離婚という形になってしまいました。

 

結婚は焦らなくても紙切れ一枚書けばいつでもできる

上で紹介した私の友人と私の経験上思うことは、結婚はいつだってできるということです。

 

「今だ!」と思えば、紙切れ一枚書いて役所に持っていけば結婚はできるのです。

 

そんなに焦ってするものではないし、やっぱりお互いが「今したい」と思うタイミングでするのが理想だと思います。

 

そのためにも、結婚についてお互いしっかり話し合って意見をすり合わせなければ、結局男性側の都合ですることになってしまいます。

 

もちろん、結婚を先延ばしにしすぎて結局タイミングを逃した、破局してしまった、浮気されてしまった、ということにもなる可能性はありますが、結局そこで結婚していても私の友人のようにうまくいかなかったことだって考えられます。

 

 

結婚は、人生も住む環境も生活スタイルも全て変わるのです。

 

だからこそ、男性側の都合やタイミングだけでなく、女性側の意見もしっかり伝えてお互いが納得できるタイミングでするべきだとつくづく思います。