人生模索中主婦のおしゃべり帳-ママと妻、時々嫁の殴り書きブログ-

ママ・母・妻・嫁の目線から喋りたいことだけを喋るブログ。おかあさんといっしょやお役立アイテム情報も

マタニティフォトは気持ち悪い?インスタなどのSNSに写真は載せない方がいい?

\ よかったらシェアしてください /

スポンサーリンク




マタニティフォトは気持ち悪い?インスタなどのSNSに写真は載せない方がいい?

 

妊娠中のお腹の記録として、マタニティフォトを撮る妊婦さんはとても多いです。

 

可愛い衣装を着てスタジオで撮る妊婦さんもいればセルフで自宅で撮る人もいたりと、多くの妊婦さんがお腹の成長の記録を写真に残しています。

 

ですが、一方で「マタニティフォトは気持ち悪い」という声が一部にあるのです。

 

なぜそのような声が上がっているのか?インスタやTwitterなどのSNSに写真は載せない方がいいのか?などを詳しくご紹介します。

 

マタニティフォトは芸能人の間でも人気!インスタも写真がいっぱい

f:id:warakochan:20201118153703p:plain

 

マタニティフォトとは、その名の通り妊娠中の写真のことです。

 

たった10ヶ月しかない貴重な妊婦期間の思い出として、妊娠中に大きくなったお腹を写真にとって残す人はとても増えています。 

芸能人のおしゃれすぎるマタニティフォトまとめ

そんなマタニティフォトは芸能人も多く撮っており、Instagram(インスタグラム)に写真をアップする人も多いです。

 

例えばこのような芸能人が、SNSにマタニティフォトをアップしています。

蛯原友里

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by YURI_EBIHARA (@yuri_ebihara)

www.instagram.com

辻希美

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 辻希美tsujinozomi_official (@tsujinozomi_official)

www.instagram.com

川崎希

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Nozomi Kawasaki❤️川崎希 (@kawasakinozomi)

www.instagram.com

熊田曜子

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 熊田曜子 (@kumadayoko)

www.instagram.com

 

どの投稿にも「神秘的!」「お腹大きい!すごい!」「これはいい思い出になるね」など多くのコメントが寄せられています。

 

妊婦期間は長いようであっという間なので、このようにマタニティフォトで写真を残しておくのはとても良いですよね。

マタニティフォトは気持ち悪い?一部の人からの否定的な声

f:id:warakochan:20200909143626j:plain

 

ですが残念ながら、マタニティフォトに対して否定的な意見もあるのです。

 

例えばこのような声が上がっています。

 

 

 

 

 

 

 

このようにTwitterで「マタニティフォト 気持ち悪い」と検索をしてみると、多くの否定派の声がありました。

 

見慣れない大きさのお腹であることでマタニティフォトを見るのに抵抗がある人は、実は多くいるようです。

インスタやTwitterなどのSNSにアップしない方がいい?

また、一部の人からはこのような声もありました。

 

 

 

 

「マタニティフォトを撮るのは自由、だけどSNSにはアップしないで欲しい」という意見が多くありました。

 

マタニティフォトを撮るとどうしても「せっかくの記念だから多くの人に見て欲しい」「今ではこんな妊娠中の写真も撮れるんだよ」という気持ちからSNSにアップする人は多いです。

 

ですが、その写真を見た人全員がマタニティフォトを「素敵!」と思うわけではなく、中には不快に思う人もいるので、旦那さんや家族とだけ写真を楽しむというのが良いのかもしれませんね。

 

マタニティフォトは記念になるから撮りたいなら撮ろう!出張撮影も人気

f:id:warakochan:20200708141037j:plain

 

そんなマタニティフォトですが、やっぱり妊娠をした記念として写真を残したい人は多いはず。

 

私も二人目妊娠中に友達に勧められて、マタニティフォトを撮りに行きました。

 

実際にマタニティフォトを撮ってみて思ったのは「こんなにお腹が大きい時期はもうないかもしれないから、やっぱり撮ってよかったなぁ・・・」ということでした。

 

また、私の場合は上の子と一緒に二人で撮ったので「もう上の子と二人で写真を撮ることはないかもしれない」と思うとしみじみしてしまいました。

 

マタニティフォトには賛否両論の声はありますが、それでも「マタニティフォトを撮りたい!」「記念に写真を残したい」と思うのなら、絶対に撮ることをおすすめします。

 

 

また最近では、出張撮影を依頼してマタニティフォトを撮る人も多いです。

 

出張撮影ならカメラマンが指定の場所まで来てくれて、好きな場所で撮ることができます。

 

例えば海をバックに、芝生の上で、夫婦の思い出の場所でなど、撮りたい場所がある人には出張撮影はとてもおすすめです。

 

そんな今人気でおすすめの出張撮影サービスをご紹介します。

ラブグラフ

画像引用:出張撮影サービスのLovegraph[ラブグラフ]

 

ラブグラフは、家族のお出かけ、カップルのデート、友達と過ごすシーンにカメラマンが出張・同行して、写真撮影を行う業界No1の出張撮影サービスです。

 

一番安いプランは9800円(税抜)からあるので、気軽に出張撮影を申し込むことができます。

ラブグラフの特徴

全国一律のシンプルで安心の料金

写真は全部データでもらえる

厳選されたカメラマンに撮ってもらえる

一番安いプランはデータ10枚で9800円(税抜)〜と格安

 

 

\ 格安で出張撮影が依頼ができる! /

ラブグラフの出張撮影をチェックしてみる

Famm(ファム) 

f:id:warakochan:20210415173424j:plain

画像引用:家族写真の撮影ならFamm出張撮影

 

Fammはフォトブックアプリでも人気ですが、子供に寄り添ったサービスとして出張撮影も行なっています。

Famm出張撮影の特徴

全国で出張撮影が可能(一部非対応エリアあり)

写真データは75枚以上もらえる

審査済の認定プロカメラマンが撮ってくれる

カメラマンの指定ができる

トラブル時の撮影延期は無料

写真の内容に納得がいかなければ全額返金補償あり

撮影したデータは無料でFammアルバムに残せる

料金は全国一律、平日:19,800円・土日:23,800円(税抜)とわかりやすい

 

 

\ 好きな場所でマタニティフォトを撮るなら! /

Fammの出張撮影をチェックしてみる

 

妊婦さん必見!ゼクシィBabyが無料で購読できるよ

妊娠・出産・育児の情報サイト | ゼクシィBaby

 

結婚情報誌で有名な「ゼクシィ」から、「ゼクシィBaby」が発行されています。

 

ゼクシィBabyは、妊娠・出産・育児期の期待と不安を抱えるママ達の応援情報誌で、登録をすれば隔月で自宅に届きます。

 

もちろん無料で購読できるので、「妊娠のことについて知りたい」「出産や育児について知りたい」というママはぜひ登録してみてください。

 

 

\ 無料で2ヶ月に1回届く! /

ゼクシィBabyをチェックしてみる