ママトーク。

1児のママであるアラサー主婦がママとして言いたいことや発信したいことを書き殴るブログ。母、妻、嫁、女としての視点や育児や自分の趣味、Eテレのことも熱く語ります。

遊び人の女友達がついに結婚!彼女が結婚を機に放った名言が身に沁みる話。

スポンサーリンク


遊び人の女友達がついに結婚!彼女が結婚を機に放った名言が身に沁みる話。

 私の女友達には、見事に大学デビューを果たした子がいます。

 

出会った頃には普通の女の子だった彼女が、大学に入りいろんな意味で豹変し、そして結婚をしましたが、結婚が決まった時に「ある名言を残した」と私の中で話題になっています。

 

そんな女友達Sについて、書いていきたいと思います。

 

 

Sの第一印象は「マージーで普通の子」。というかスーパースポーツ少女。

Sと私は高校時代の友人で、高校入学して席が近かったことからすぐに仲良くなりました。

 

だけど、見た目はマジで普通の子。

 

話を聞くと中学からバレーボールをやっていて、この高校はスポーツ推薦で受かったから高校でもバレーボールは続けるとのこと。

 

もうそんなこと聞かなくてもだいたいわかるくらいに、髪はベリーショート、化粧は一切していない、眉毛もめっちゃナチュラル、スカートは膝丈(当時周りの子はみんな膝上20cmくらいだった)という、ザ・スポーツ少女でした。

 

だけど、性格がものすごく明るくてギャグセンも高めだったのですごく気が合い、高校卒業まで私とSは仲が良かったのです。

 

高校時代のSの恋愛遍歴ももちろん知っていますが、Sは高1~高2まで同じ男子バレーボール部の先輩が好きだったので、彼氏はいませんでした。

 

その後、高3になった時にはその先輩はもう諦めてみたいだったけど、特に好きな人も彼氏もいないという感じで、高校時代は彼氏・男というイメージは全くゼロの女の子でした。

 

その後、Sの大学が地方になってしまい、連絡はたまに取っていたものの大学時代は1回も会えず。

 

そしてお互い社会人になり感動の再会を果たすと、私は座っていた椅子からひっくり返りそうなくらいに、Sから驚きの発言を耳にするのでした。

 

大学に入った瞬間からSは豹変。クソがつくくらいの遊び人になっていた。

約4年ぶりの再会を果たした私とSでしたが、待ち合わせ場所でSと会った第一印象は「え!?S!?超可愛いんですけど!!!」だった。

 

高校時代3年間のSは髪もベリーショート、化粧なんて絶対にしない、スカートも長い、というどちらかというと見た目は地味だった。

 

周りの女子たちが付けまつげをつけたり、太いアイラインを引いたり、チークを入れたり、ミニスカートにルーズソックス(もうルーズソックスはその頃には終了しかけていたが)を履いていたりしているのに、Sは部活の規則からものすごく地味目な女子高生だった。

 

だけど、社会人になってから会ったSは、髪も茶髪、ロングで毛先をコテでグルグルに巻き、カラコン、マツエク、化粧もバッチリ、ファッションも今時の可愛いニットにショートパンツにブーツという、高校時代のSからは想像もできないくらいの見た目だった。(この時に初めてSの太ももを見たというくらい)

 

そしてカフェに入りお互いの近況を報告し会っていると、突然Sが、

「私社会人になって仕事が忙しくなったからちょっと落ち着いたけど、大学時代8股してたの。」

と発言。

 

「え!?まじ!?めっちゃモテるじゃん!というか8股もかけてどうやって男管理するわけ?」

と聞くと、

 

「曜日ごとに月曜日はこの人、火曜日はこの人、水曜日はこの人、木曜日はこの人・・・って週に1回一人づつと会って、最後の8番目の一人は遠距離っていうテイで暇な時だけ会ってた。」

 

 

やばいなこいつ・・・

 

というか「高校時代、憧れの先輩を追いかけてたピュアなSはどこに行っちゃったわけ!?」という感じだった。

 

そして聞くと、「私大学時代、マジで周りが引くほど遊んでたし、1日3人とかとヤってる時もあった。もちろん付き合ってない人とも。」と。

 

 

おいおいおい。すごいぞこいつ。

 

 

そして「で、今はどうなの?落ち着いたの?」と聞くと、

 

「さすがにもう暇じゃないから8股は無理だけど、3股くらいに減ったかな?」だと。

 

 

いや、3股もすごいぞ!!!!

 

 

でもSは、高校時代は部活の規則で地味めだっただけで素材は確かに可愛かった!

 

その規則がなくなった瞬間、これだけ可愛いくて普通に女子大生らしいおしゃれをすれば、ま~モテるだろうなという感じ。

 

高校時代はどちらかといえばSよりも私の方がモテたのに(←)、今じゃ男性経験としてはSの方がはるかに上だ・・・

 

「人って縛りがなくなった瞬間、こんなに変わるんだ」と改めて思った。

 

そんな遊び人Sがついに結婚!そして名言を残す。

そんなSがめでたく結婚をしました。

 

結婚の報告がLINEで来た時「おめでとう!」と同時に「これ何回目の報告?」と聞いてしまった。

 

実はSはここ2年ほどで2回婚約破棄をしているのです。笑

 

この結婚報告は実は3回目。

 

だけど婚約破棄した報告はまだ籍を入れていなかったけど、今回はちゃんと籍を入れてから報告をしてくれた。笑

 

まあそれだけ今もモテているということなんだろうな。

 

そして私は「もう入籍したんだね!?ということはもう男と遊べないよ!?いいの?」(もう入籍してるから遅いけど)

 

と聞くと、

 

「遊びたくなったら適当にやるから大丈夫!だって私8股かけてた時1回もバレてないんだよ?

でも今は旦那さんと仲良くやってるし、毎日一緒にいて楽しいから結婚っていうものを楽しんでみるね。

 

というか、私芸能人の不倫とかなんとも思わないし、今の旦那つまんなくなったらその時はその時で考えるわ~」

だと。

 

 

相変わらずだなこいつ・・・

 

だけど今の私にとってはこのSのおちゃらけ発言が身に沁みた。

 

きっとSみたいに結婚に対して楽観的に考えられる人は人生楽だろうな。

この「今の旦那つまんなくなったらその時はその時で考えるわ~」というSの発言は、今の私にはとっても身に沁みた。

 

「きっと私もこれくらい結婚に対して楽観的に考えられたら、もっと楽に生きれたのにな~」と。

 

 

みんな結婚する時は「絶対にこの人と幸せになるんだ!この人と一生添い遂げるんだ!」と結婚に対してやる気満々で挑んで、壁にぶつかるとあーだーこーだと騒ぎ出す。

 

私も、結婚をすれば幸せになれると思っていたし、旦那とは付き合いも長かったし結婚してもうまくいくと思っていた。

 

だけど、それが思ったようにうまくいかないから悩んでいる。

 

それはもちろん自分自身にも問題はある。

 

 

でも、Sみたいに最初から「まあ結婚がつまんなくなったらその時はその時だ!」という考えは、今から結婚する人とは思えないくらい冷めていはいるものの、たくさん男と遊んできたからか自分が「どうせいつかは結婚にも男にも飽きる」というリスクもわかってこう言ったんだろうか。

 

だとしたら、絶対これからの結婚生活、肩の力も入らずに気楽に過ごせそうで、なんだか羨ましい。

 

 

これは男経験の差が生むものなのか・・・?

 

 

きっと、みんながSみたいに結婚に対して楽観的に考えられたら、世の中もっとまあるく収まる気がする。

 

そして芸能人の不倫にもあんなに一般人が騒ぐこともないのかもしれない。