人生模索中主婦のおしゃべり帳-ママと妻、時々嫁の殴り書きブログ-

ママ・母・妻・嫁の目線から喋りたいことだけを喋るブログ。おかあさんといっしょやお役立アイテム情報も

金持ちと結婚したい!高収入夫となら理想の結婚と離婚ができる話

スポンサーリンク




金持ちと結婚したい!高収入夫となら理想の結婚と離婚ができる話

 

こんにちは、結婚に絶望した主婦わら子(@warakochan_Tw)です。

 

結婚をする前の私は、愛にお金なんて関係ないと思っていました。
 
今の旦那もお金で判断して結婚まで至ったわけではないですし、それ以外に関係があった人たちももちろんみんなお金で選んだわけではありません。
 
だけど結婚してわかったこと。
 

世の中、金持ちと結婚した者勝ちだ。

 
もちろんそれは結婚生活を続けていく中でもそうですが、離婚をしてからもお金があった方が断然有利です。
 
そんな金持ちとの結婚と離婚についてお話ししていきます。
 

金持ちと結婚したい!だって結婚生活はお金が本当に大事だから

f:id:warakochan:20200728164914j:plain

 
結婚生活を送っていると山のように夫婦間で揉めることがあります。
 
例えば親のこと、子供の将来のこと、将来どの辺りに家を買うかなどです。
 
他にも細かいことで言えば、電気をつけっぱなし、いびきがうるさい、脱いだ服を脱ぎっぱなし、家事をしてくれないなど・・・(本当はもっともっとあるけど)
 
だけどこれらは別に話さないようにすれば揉めなくて済む話。
 
またはどちらかが相手に全て任せてしまうか、どちらかが我慢すればまあどうにかなるのです。
 
ですが夫婦で一緒に生活をしていく上で切っても切れず、旦那も私も絶対に譲らないものがあります。
 
それはお金
 
お金に関してはどんな夫婦でも揉めると本当に厄介なのです。
 

夫婦間で一番揉めるのがお金の話 

また、夫婦間で一番揉めるのがお金の話です。
 
これはどの夫婦でもそうでしょう。
 
我が家の場合は、私が専業主婦として働かなくてもなんとか旦那の給料だけで生活はできています。
 
生活が困難なほどお金に困っているわけではありません。
 
ですが毎月決めたお金で生活をしている中で、友人の結婚式や急な帰省などで予想外の出費があった時や大きな出費がどかんときた時に「もらってる生活費じゃ足りない!」となることがよくあるのです。
 
そうなれば旦那のお小遣いを急遽減らさざるを得ないのですが、すると普段は温厚な旦那でも「他に削れるところあるんじゃないの!?なんで俺の小遣い!?ただでさえ少ないのに!」と言われたりするのです。
 
だけど私からすれば他が削れないからこそ旦那のお小遣いから少しもらうのであって、いろいろ考えての策なのです。
 
よって私も譲らない。
 
 
お金のことで旦那と揉める度に「あーもっと稼いでる人と結婚したかった。お金さえあればこんな小さいことで揉めなく済むのに・・・」と何度思ったかはわからないほど。
 
普段はそんなに揉めない私たち夫婦でも、唯一揉めるのがお金の話なのです。
 
お金は日々生活をして行く中で一番大事なものだと痛感するし、子供がいれば尚更です。
 
スポンサーリンク

一度結婚して子供ができれば夫婦のお金問題は離婚後も続く

f:id:warakochan:20200729161932p:plain

 

夫婦のどちらも今すぐにでも離婚をしたいと思っても、カップルのようにサラッと別れられるのは子供がいない夫婦の話。

 

子供がいる離婚の場合は、離婚後もお金の問題は続くのです。

 
私の友達にはシングルマザーの子がいますが、その子は子供が一人いますが結婚から約2年で離婚をしてしまいました。
 
その夫婦は、お互いが離婚したいと考えてからすぐに離婚について話し合い合意したので、離婚が決まるまでは早かったそうです。
 
そしてすぐに友達は自分の実家へ子供を連れて引越しをし、別居も猛スピードでしていました。
 
ですがこの夫婦が実際に離婚をしたのは、離婚をしようと二人で決めて別居をしてから1年半後のことでした。
 
なぜお互いが今すぐにでも離婚をしたかったのに離婚までに時間がかかったかと言うと、ずっとお金のことで揉めていたから。
 
月々の子供の養育費はいくらにするか?今ある財産をどう分けるのか?などという話し合いは、2人だけでするには全然決まらなかったそうです。
 
なぜなら、お互いがお金に関してだけは全く譲らないから
 
夫側としては養育費は毎月払うものだからできる限り安く済ませたいと考えますが、妻からすれば「そんな額じゃ子供なんて育てられないし、大学だって行かせられない!もっと払って!」となるのです。
 
そして今ある財産をどう分けるのかも、お互いが譲らず全く決まらない。
 
その後、離婚調停を申し立て弁護士を挟んで決めることにしましたが、その離婚調停も2ヶ月に1回程度しかないためなかなかすぐには決まらなかったそうです。
 
その結果、やっと養育費の額と財産分与が決まり離婚届を出せたのは、別居をしてから1年半後のことだったのです。

離婚をしてもお金のために元夫との関係は続く

子供がいれば夫は養育費を長い期間払い続けなければいけないし、妻はそれを長い期間もらうことになるのでお互いにどちらも譲らないのです。
 
自分が納得いく金額が決まるまで戦い続ける。
 
そしてやっとの思いで離婚が出来たのに、子供が成人するまで別れた夫から養育費を毎月もらう関係は続けなければならない。
 
本来なら今すぐにでも縁を切りたい相手であるのに、妻からすれば生活をしていく上で関係を続けざるを得ないのです。(夫はただただ払い続けるだけですが)
 
夫婦のお金問題は結婚生活だけでなく、離婚が決まってからも切っては切れない存在なのです。
 

お金持ちと結婚・離婚をすると、養育費の支払い方もガラッと変わることもある

f:id:warakochan:20200729162128p:plain

 
一般人の離婚後の養育費は、上で紹介した私の友人のように長い時間揉めることも多いようです。
 
そしてその支払いは子供が成人するまで続く。
 
だけどお金持ちと結婚をすると、年十年も続く養育費の支払いも変わってくる場合があるようです。
 

スザンヌの場合

タレントのスザンヌが2015年に元福岡ソフトバンクホークスの斉藤和巳と離婚をしてシングルマザーとなりました。
 
涙ながらに離婚会見をしていたのが印象的です。

スザンヌ 離婚会見 養育費


そんなスザンヌが、離婚後にテレビでこんなことを言っていました。  

「元夫からは離婚をした時に、子供が成人するまでに必要な養育費を一括でもらいました」
  
Oh.....
 
さすがは元プロ野球選手。
 
スザンヌはまだ子供が1歳くらいの時に離婚をしているので、子供が成人するまでには丸々20年あるようなもの。
 
それを一括で払える元夫の財産力よ・・・
 
これってものすごく理想的。
 
 
全ての夫婦がこんなことができたら、ダラダラ養育費の面で揉めることもなければ離婚調停が長引くこともないし「別れよう私たち!」となればすぐに離婚ができるのです。
 
そして別れた男から毎月チマチマ数万円もらうためだけに関係を続けなくて済むし、男側も別れた妻に毎月お金を払うのも嫌なはず。
 
それならドカンと一括で全額もらって「バイバ〜イ!」ができたらお互いに楽ですし、お互いに次の恋愛、再婚にも進みやすいはずです。
 
もはや全主婦の理想とする離婚スタイルです。 
 

紗栄子の場合

また、モデル・タレントの紗栄子は、元夫のダルビッシュから養育費として毎月200万円もらってるという話があります。
 

紗栄子 ダルビッシュから養育費200万円?

 
紗栄子の場合はスザンヌと違い離婚をしても毎月養育費をもらうスタイルのようで、元夫からは離婚後もお金をもらい続けるという関係だそうです。
 
養育費をもらうことで元夫との関係は続いてしまうものの、これも「お金持ちと結婚をすると離婚後も金持ちなんだな〜」と思わせる話であります。
 
ちなみにこれだけ聞くと「ずるい!そんなにお金もらえるなら私もダルビッシュと子供作りたい!」と思ってしまいますが、紗栄子のかっこいいところはダルビッシュからもらっている養育費を一切使わず、全て子供の貯金に回しているそうです。
 
紗栄子自身の考えとしては「自分で稼いだお金で子供を育てたい」と思っているらしく、ダルビッシュからもらっている養育費は今まで一切使っていないんだそう。
 
これを知って「めっちゃかっこいいな紗栄子!!!」と思いましたが、これは紗栄子が十分すぎるほどに自分でもお金を稼げているからの話。
 
普通の主婦には考えられない話です。
 
前の夫がメジャーリーガーで究極に金持ちであること、紗栄子自身もモデル業やタレント業、ブランドをプロデュースするなどして究極に稼いでいること。
 
ああ。
紗栄子様、どちらにしても羨ましすぎます。
 

スポンサーリンク

f:id:warakochan:20200728153943j:plain

まとめ:金持ちとの結婚すれば離婚もスムーズだし離婚後も楽

f:id:warakochan:20200727181724p:plain

 
結婚は紙切れ一枚、役所に提出するだけなので結婚自体はお金がなくてもできる。
 
だけど結婚生活はお金がないとできない。
 
なぜなら生きるための生活をしていくから。
 
それは一人暮らしでも二人暮らしでも同じことですが、お金がなければご飯も食べられないし、家賃も光熱費も払えない。
 
そのため、妻が専業主婦でも共働きの夫婦であっても、一緒に生活していく上でやはり何かしらでお金について揉めることはあるのです。
 
そして子供がいればもっとお金は必要になるため、お互いが離婚をしたいと思っても「お金がネックになり離婚をしたくてもできない」という夫婦は私の周りにも多いです。
 
もし離婚をすれば妻はシングルマザーとなり1人で仕事、育児、家事をするのだから、なかなかフルタイムでは働けず思うように稼げない。
 
また夫にとっても、子供には今まで通り会えないのに月々数万円の養育費、場合によっては慰謝料を払うので、それはそれで離婚後も大変。
 
 
だけどもしお金持ちと結婚していれば、結婚生活を送る上でお金に関しては喧嘩も少ないだろうし、離婚をしたいと思っても「お金がネックとなってなかなか先に進まない」ということも少ないのです。
 
さらに、スザンヌのように一括で養育費を20年分もらえれば、それはそれは別れた男と今後一切やりとりをしなくていいので(面会はあるかもしれないが)、これは誰もが望む最高の離婚の形です。
 
離婚時に毎月夫が養育費を支払う約束をしても途中から未払いになるという男もわんさかいるようなので、スザンヌ式の養育費の支払いはものすごく理想的。
 
結婚をするにも離婚をするにも、貧乏よりも金持ちとするのはいろんな面で得なのです。