人生模索中主婦のおしゃべり帳-ママと妻、時々嫁の殴り書きブログ-

ママ・母・妻・嫁の目線から喋りたいことだけを喋るブログ。おかあさんといっしょやお役立アイテム情報も

セックスレスの定義とは?日本の夫婦の「レスは仕方がない」という謎の風潮




セックスレスの定義とは?日本の夫婦の「レスは仕方がない」という謎の風潮

 

この記事では、下記のことについてまとめています。

 

● セックスレスの定義とは?

日本のセックスレス事情

作家Lilyさんのセックスレス離婚の話

 

セックスレスの定義とは?日本はまさに「セックスレス大国」

f:id:warakochan:20200729145624p:plain

 

世界的に日本は、セックスレス大国で知られているのは有名な話です。

 

調べてみると、日本の婚姻関係にある男女のセックスレスは47.2%と、ものすごい数字を叩き出していたのです。

参考:夫婦の半数がセックスレス 割合最高 家族計画協会調査 - 毎日新聞

 

日本の夫婦の約半分がセックスレス夫婦という現実。

セックスレスの定義

また、セックスレスの定義とは下記のような内容です。

 

セックスレス

夫婦などの男女カップルにおいて、長期間にわたり性交渉のない状態を指す語。

通常は1ヶ月以上セックスをせず、少なくとも一方が不満を抱いている状況を指すことが多い。

 参考:セックスレスの意味や定義 Weblio辞書

 

この上の定義によれば、どちらかが不満を持っていれば「私たちセックスレスよ!」となります。

 

ですがお互いが間が空くことに抵抗がなく、セックスレスだと感じていなければ「セックスレスではない」ということのようです。

 

我が家も交際中からのセックスレスで、日々セックスレスな結婚生活を送っています。

 

日本では「セックスレスは仕方がないこと」?

我が家は、結婚前からセックスレスです。(旦那が私を拒否)

 

当時、私は旦那にセックスレスについて突っ込んだことがありました。

 

すると旦那はこう答えたのです。

 

「長く一緒にいれば性の対象として見れなくなるんだよ。

みんないずれそうなるから」

 

その時は「そっか。誰と結婚してもいずれセックスレスになるのかもな・・・」となぜか納得してしまった私。

 

確かに上の結果から見ても、セックスレスの夫婦は日本にはものすごく多いのも事実。

 

そして日本ではなぜか「夫婦たるものセックスレスになることを自然なこと」という風潮があるように思います。

だけどセックスレスが原因で離婚って聞かないよね?

ですが日本では「セックスレスだから」という理由だけで、離婚する夫婦は少ないと思います。

 

まあ日本人は、性的なお話は避ける傾向にあるからかもしれません、

 

離婚の理由を「セックスレスで」というよりも、「価値観の不一致で」と言う人が多いのもあるかもしれないですね。

 

ですがその一方で、私のアメリカ出身の友人(既婚)は「夫婦のセックスレスなんて夫婦として終わり。もうそんなの離婚すべきよ!」と言います。

 

実際にアメリカでは、性的欲求の不一致で離婚をするケースも多いんだとか。

 

日本人は、どうしても我慢してしまう性格でもあります。

 

そしてセックスレスに対して「夫婦であれば仕方がない」という風潮がなぜかある。

 

一方、海外では「セックスレスなんて男女としてあり得ない!」という認識がある。

 

そう、、、日本と海外では夫婦のセックスレスの捉え方が、かなり違っているのです。

作家のLilyさんもセックスレスが原因で離婚を経験

私の大好きな作家さんにLily(リリィ)さんという方がいます。

 

lily(リリィ )作家

 

このLilyさんの著書では、女性の気持ちを代弁していろんなお話をしてくれます。

 

私はLilyさんの本はほとんど読破しています。

(Lilyさんが独身の頃のオトコ事情も読ませてもらったし、結婚して子供が生まれてからの結婚事情も読ませていただきました)

 

そんなLilyさんは結婚をして二人の子供に恵まれるも、離婚を経験されています。

 

その際、自身のエッセイで離婚の理由について「セックスレスだったから」だと書いているのです。

 

私は結婚前から旦那と結構なセックスレスでしたが、長年付き合ってきた情で結婚を選び旦那と結婚をしました。

 

「セックスレスってみんなそうだよ?」と友人から言われることもあった。

 

そして境遇の夫婦がいても、誰も「セックスレスだから離婚をしたい」なんてことも言わない。

 

だからこそ私は、このリリィさんの離婚理由を知ってものすごく驚いたのです。

 

「セックスレスで離婚・・・やっぱりこれって離婚するほどの理由だよね・・・」と。

一方で「セックスレスで離婚はあり得ない」という世間の声

ですが、Lilyさんが離婚について書いている本「ここからは、オトナのはなし〜平成の東京、30代の女、結婚と離婚〜」のレビューをネットで見ていた時、こんなレビューを発見したのです。

 

「Lilyさんは昔から好きだったけど、子供が二人もいてセックスレスが原因で離婚をしたと知ってガッカリした。

それだけで離婚するのかこの人はと思った。」

  

これを見て、「やっぱりセックスレスで離婚をするなんてあり得ないと思われる国なんだなここは・・・」と思ってしまいました。

 

「何があっても、セックスレスになっても、結婚した以上相手と添い遂げるのが結婚」と思われている国。

 

それが日本。

 

それくらい日本人は「セックスレスが原因で別れるだなんて・・・」という風潮があるのです。

 

ですがLilyさんは、はっきりとこのように書いていました。

 

私たちの離婚理由はセックスレスが原因。

私の女の部分が枯れるのを願ったけど、それが無理だった。

結婚制度の限界を感じ、離婚を選んだ。

 

「結婚をしたらその配偶者としかセックスをしてはいけない」

「その配偶者とセックスをすることが無理なら諦めるしかない」

という結婚制度に対して、Lilyさんは「離婚」という決断をしたのです。

 

それを私はLilyさんの本で読んだ瞬間に

 

「そうそう!そうなんだよ!!!

まさにこの『結婚制度×セックスレス』の狭間でモヤモヤしてたんだよ、私は。

世のセックスレスで悩む既婚女性を代表して、ズバッと言ってくれた!

さすがLily様!!!」

 

と思ったのです。

 

↓そんなLilyさんの本はこちら

Lilyさんの言葉になぜだか勇気をもらえた

話は戻りますが、私だってまだ30を過ぎたばかりで性欲がないわけではないのです。

 

性欲はそこそこにあるけど、長年のレスで気持ちもなくなり、旦那とはもうできないと思っています。

 

それは旦那も私に対してそう。

 

「二人目を作るか」とならない限り、お互い誘うことはないでしょう。

 

ですが日本の法律(世界的にも)では、婚姻関係にある男女はそれ以外の人間と肉体関係を持てば一発でアウト。

 

「やーいやーい!不倫~!最低~!」と呼ばれる世の中なのです。

 

だから日々モヤモヤするし「私の女としての人生これでいいのか?」と思ってしまうのです。

 

ですが、「夫婦たるものセックスレスにいずれはなる。だからセックスレスというだけで離婚をしてはいけない」となんとなく思っていた私にとって、Lilyさんの決断はなぜか勇気がもらえたのです。

 

Lilyさんの決断は、長年私が言いたかったことを全て言ってくれたような気がしました。

デリケートゾーンのケアしてる?

セックスレスな毎日でも、ある日突然「もしも」が起こるかもしれません。

 

そんな日のために日頃から、デリケートゾーンのケアをしておくことがおすすめです。

画像引用:女子のおまもりフェミニンウォッシュ デリケートゾーンソープ

 

「え?普段使っているボディソープじゃダメなの?」と思う方もいるかもしれません。

 

ですが、実は一般的なボディソープは洗浄力・刺激が強すぎてしまい、デリケートゾーンの黒ずみやニオイ、乾燥に繋がってしまうのです。

 

そのため、デリケートゾーンはデリケートゾーン専用の石鹸で洗うことがおすすめなのです。

女子のおまもりフェミニンウォッシュの特徴

女性ホルモンバランスプランナー烏山ますみさん監修

 うるおい、 保湿にこだわった国産のデリケートゾーン石鹸

ananでも特集された人気商品

デリケートゾーンの乾燥を防いでかゆみ・臭いのない肌へ

デリケートゾーンにこだわった優しいpH値の弱酸性

お試しサイズは1628円で試せる

 

 

今では「体用のボディソープ」「デリケートゾーン用の石鹸」と使い分けて洗う女性はとても増えています。

 

中でも「女子のおまもりフェミニンウォッシュ」は口コミも高評価、安心安全の素材でとてもおすすめです。

 

いつかやってくるかもしれない「もしも」のために、ぜひ日頃からデリケートゾーンのケアをしてみて下さい!

 

 

\ デリケートゾーンをケアするなら! /

フェミニンウォッシュをチェックしてみる