オンナトーク。

アラサー既婚・専業主婦。1児のママ。結婚・出産をして幸せなはずなのに、なぜか毎日が寂しい。結婚生活のイライラや不満、旦那とのセックスレス、嫁姑問題、ママ友、子供関連の話など嫁・妻・母・女としての日々を綴っています。

女が複数人集まると謎の「羨ましがり合い」が始まる。まさに「隣の芝生は青く見えている」を実感。

f:id:warakochan:20190201011330p:plain

 このアラサーくらいの歳になると、結婚をしている組・独身を楽しんでいる組に分かれる。

 

また、結婚をしている組の中には、結婚生活がうまく言っている組と結婚生活に不満が溜まりまくっている組に分かれる。

 

そして、独身を楽しんでいる組は、離婚経験ありの独身組・結婚をしたくて仕方がない独身組・結婚する気なんてサラサラない独身組にさらに分かれる。

 

 

自然とこのグループごとに分かれることは男も同じかもしれないが、女の場合は結婚を機に仕事を辞めたり、旦那さんの仕事の都合で地元を離れたりなど、結婚というだけで環境が大きく変わる。(私はこの2つを見事制覇)

 

そして子供が生まれたら、さらに今まで想像もできなかったくらいに、毎日が子供のことでいっぱいになる。

 

それくらい、女は結婚をするか、子供を産むか、独身でいるかで生活も環境もゴロッと変わる。

 

女が複数人集まると謎の褒め合い・羨ましがり合いが始まる。

アラサーにもなると、結婚や出産を機に環境が変わった人もいるので、近況報告は仕事のことよりも、結婚や旦那、子供、彼氏のことになる。

 

その時、結婚生活の話になるとだいたいが

 

「独身っていいよねー」

「えー結婚してる方が絶対いいから!私だって独身でいたくて独身でいるわけじゃないんだよ!」

「だけど毎日顔も合わせたくない旦那と毎日嫌でも過ごさなきゃいけないんだよ?想像してみ?」

「でも毎日仕事が終わって一人暮らしの家に帰るのだって寂しいんだよ!」

「でも今から結婚相手探せるなんて幸せだよね~」

「でも子どもがいるだけで幸せじゃん!」

 

という、お互いにお互いの環境を褒め合う謎の会話のキャッチボールが生まれる。

 

 

確かに独身は羨ましい。

 

前の記事にも書いたが、いざ結婚して子供が生まれて、育児に毎日追われて自分の時間がなくなると、独身の頃の自分や独身の友達がキラッキラに眩しく見えるほど、「独身」というものが遠い存在に感じてしまうのである。

 

www.warakochan.com

 

だけど、「もし自分がこの歳まで独身で周りがどんどん結婚していったら・・・」と思うと、「私だって結婚したいんだよ!!独身でいたくて独身でいるわけじゃない!子供だって早く産みたいよ!!」と周りの独身女子(結婚願望あり)と同じようにギャーギャー騒いでいるに違いない。

 

 

きっとみんな、隣の芝生は青く見えているだけなのだ。

 

 

私・シングルマザーA・独身女Bで遊んだ時の会話の一部始終がこちら。

以前、私とシングルマザーA、独身女Bの3人で会った時に、お互いの近況報告をしたことがあり、その会話はまさに「隣の芝生は青く見えているだけ」だった。

 

登場人物を整理すると、

 

・私(わら子):

既婚、1児の母

結婚を機に仕事を退職、旦那の転勤のため地方に引っ越し。専業主婦。

 

・A:

シングルマザー、1児の母

専業主婦だったが離婚を機に実家に帰る。

仕事をするも、子供が小さいため正社員が難しく、パート勤務。

パート代と元旦那からの養育費と両親のお金を頼りに生計を立てる。

 

・B:

独身。ザ・独身。

結婚願望はあるものの、ダメ男に引っかかりすぎて結婚はまだまだできなさそうと自覚。

だけどバリバリ仕事にも打ち込んでいる。

 

こんな感じである。

 

 

その時の会話がこちら。

 

私「離婚決まったんだね!おめでとう。一人で子供育てながら仕事に出るのは大変だし、体壊さないようにね。」

A「そうだねー。でももう婚活サイトに登録しまくって再婚相手探してるから、婚活頑張るよ!」

私「え!もう!?せっかく長い結婚生活が終わって独身になったんだから少しは遊んだら?」

A「だって子供がいるってだけで、未婚婚活女子たちにいい男取られちゃうんだから早く動かなきゃ!まあ婚活しながら男とも遊んでるけどね♪」

私「あそっか・・・(でもいいなぁ・・・)」

B「私はわら子が羨ましいよ~!私も早く結婚して子供産んで、幸せな家庭築きたい!」

私「ああ、ありがと・・・でもダメ男と縁切らなきゃ無理でしょ。早く別れなよ」

B「まあそうなんだけどさ~。体の相性がさ~♪」

私・A「ああこれは無理だね結婚なんて」

A「でも私はBが羨ましいよ~。だって子供いない独身とか最強じゃん!婚活パーティー行ったらこの歳ならまだモテるでしょ!私は離婚経験があって子供がいるってだけで、もう未婚独身女子には負けちゃうからさ~」

 

 

私がA、AはB、Bは私が羨ましい。

この会話を整理すると、

 

私はシングルマザーのAが羨ましい

やっとクソ旦那から解放されて長かった結婚生活が終わり、そして可愛い我が子がいる。

 

確かにシングルマザーは保育園のお迎えや子供が体調不良で早退をすることも考えると、就きたい仕事にもつけないだろうし、融通がきくところでないと働けないのでやはり正社員は難しかったりする。

 

そして収入も少なくなってしまう。

 

だけど、毎日毎日、今となってはもう愛していない旦那と過ごし、離婚話も失敗に終わった私にとっては、旦那はいないけど可愛い我が子を手にしている、そして今後は自由に恋愛もできるというこのAの状況が羨ましかったりする。

(→離婚話が失敗に終わった話はこちら

 

 

シングルマザーAは独身女子Bが羨ましい

子供のためにも、生活のためにも早く父親を作ってあげたくて、婚活に必死。

 

だけど「離婚経験があって子供がいる」というハンデを背負っていることで、婚活の場では独身女子に負けてしまっていると思い、子供がいなくて離婚経験のない真の独身女子Bが羨ましい。

 

 

独身女子Bは私が羨ましい

結婚して子供がいて、家庭があって、女の幸せ全て持っている(と思っている)既婚・ママが羨ましい。

 

ダメ男に引っかかりまくりだけど、本当は早く結婚がして子供が欲しい。

 

 

これをさらに短くまとめると「私がA、AはB、Bは私が羨ましい」のである。

 

なんだか数学?理科?のような文章になってしまったが、つまりこんな感じなのである。

 

 

結局、人間は今自分に置かれている状況は飽きてしまう。

きっと、人間は今自分に置かれている状況に飽きてしまう生き物なのだろう。

 

そして一度経験すると、今の自分には難しい環境を手にしたくなってしまう

 

 

私が独身の頃は、結婚して旦那さんがいて子供がいる人が羨ましくてしょうがなかった。(まさに今の自分)

 

だけどその環境に慣れ、不満が出てくると、離婚をしてシングルマザーをやっているAが羨ましく感じる。

 

もう私には子供がいるので「子供がいなかったら」という考えはあまりしたくないが、さらに欲を言えば子供がまだいなくて結婚もしていないBはもっと羨ましい。

 

 

だけどそもそも、自分が離婚をすることに憧れるなんて、独身時代は考えたこともなかった。

 

というか結婚もしていないのに離婚に憧れる人なんていないと思うが、だけど今は「旦那がいない」「旦那と別れられた」という状況に少し憧れがあったりする。

 

結局、今の環境に慣れてしまうと違う環境がよく見えてしまう。

 

 

まさに「隣の芝生は青く見えているだけ」なのだ。

 

 

今子育て真っ只中で、「いずれ兄弟も作ってあげなきゃいけないし・・・」と考えている私は毎日のように「あー育児長いな・・・早く自分の時間を!」と思っているが、きっと自分が子供を産み終わって育児が終われば「育児したい・・・赤ちゃん育ててぇ・・・産みてぇ・・・」とか言ってるはず。

 

結局そんなもんだ。

 

女が集まれば、この羨ましループは一生終わらないだろう。