ママトーク。

1児のママであるアラサー主婦がママとして言いたいことや発信したいことを書き殴るブログ。母、妻、嫁、女としての視点や育児や自分の趣味、Eテレのことも熱く語ります。

義母や旦那、結婚生活の不満をリアル友達には言わない女達。それをTwitterで発散する理由とは?

スポンサーリンク


義母や旦那、結婚生活の不満をリアル友達には言わない女達。それをTwitterで発散する理由とは?

 私はツイッターをやっている。

@warakochan_Tw

 

このブログを始めたと同時に一緒に始めた。

 

ツイッターを始めた理由は、育児の空き時間にサクッと軽い投稿(愚痴)を吐き出せればいいなと思ったから。

 

ブログでも長々と日々の結婚生活や日々の不満や愚痴を書いているが、やはりしっかりパソコンに向かって何時間か向き合わなければ記事は完成しない。

 

だけど、料理を煮込んでいる間、子供がテレビを集中して見てくれている間などの、本当の本当のスキマ時間にサクッと呟けたらいいなと思い始めた。

 

そしてTwitterを始めて気づいたことがある。

 

 

意外とみんな不満ばっかりなんじゃん!!!

 

 

女はリアル友達には本音を言わないし、不幸話は絶対にしない。

仲のいい友達の中で結婚している友達も多くなってきたが、久しぶりに会ってもみんな家庭の不満を言わない。

 

「子供がさ~」とか「仕事でさ~」とかそういったいつでもオープンにできるような話はたくさん飛び交うが、「クソ旦那がさ~」という話はあまりない。

 

本当に仲のいい女友達と二人で飲みに行ったりすると、「ぶっちゃけうちの旦那、マジクソなんだけどさ」という話に発展したりするが、基本的には複数人で集まったりすると、みんな子供や仕事のキラキラトークをしたがる。

 

たまに私が「うちの旦那こんなんでさ~」みたいな話をぶっこんでも「え~そうなの?うちはそういうのないかなぁ」みたいな反応をされ、すぐに話が終わる。

 

 

なぜなら女は「自分を不幸に見せたくないから」

 

それが女だけで集まり、さらにそれが複数人になると自分を良く魅せようと必死になる。

 

それはトークだけでなく、女友達と2人で会う時よりも4,5人で集まる時の方がファッションだって、髪型だって気を遣う。

 

人数が多ければ多いほど、女は自分を良く魅せようと必死になる。

 

「私、決して不幸じゃないですよ!」「私、リア中ですから!」のアピール合戦になるのである。

 

 

中学の時や高校の時にジャージ&すっぴんで廊下をキャッキャ言いながら歩き回っていた仲なのに、女が大人になると自然と「女の自分を良く魅せたい戦争」が勃発するのである。

 

よって、女はリアル友達には本音や不幸話はしない傾向にある。

 

旦那の不満、義家族の不満、結婚生活の不満はリアル友達からはあまり聞かない。

 

というかみんな頑なに言わない。

 

 

だけどTwitterを始めてびっくり!「みんな不満あるんじゃん!」

そんな時、このブログ開設と同時にTwitterを始めて「まず最初にどんな人をフォローしようかな」とユーザーを探しているとびっくり。

 

旦那の不満専用アカウント、義家族・義母の不満専用アカウント、同居の愚痴アカウントなど「結婚生活の不満を言うためだけのアカウント」でTwitterをやっている人がたっくさんいる。

 

そしてみんな揃って本名ではない。(もちろん私もわら子でやっているし、本名ではないので同じだが)

 

 

しかもそれを大胆にプロフィールに「旦那が大嫌いです」「義母がこの世で一番嫌いです」「同居して人生失いました」などと今自分が不満に思っていることを書いているし、ツイートの内容ももちろん日々の不満、結婚生活の不満、旦那・義母の不満のみ。

 

そしてその人たちとフォローをし合い、私も結婚生活の不満や旦那・義母の不満を書くと、めっちゃくちゃにいいねがつくし、コメントが来る。

 

「わかりますわかります・・・!」「ほんと義母ってそう言うところありますよね!」「お互い頑張りましょう!」などと。

 

特に今までで一番反響があった私のツイートはこれ。

 

みんな義母嫌いじゃん。

 

安心したよ私。

 

逆に私も「この人の言ってること超わかる!!!」と思えばいいね1を100万回くらい押したくなるし(実際は1回しか押せない)、思わずコメントも書いてしまうし、リツイート(拡散)までしてしまう。

 

 

リアルの友達にはいなかった同じ気持ちの人たちがたくさんいて、本当に本当に嬉しかったし元気をもらえた。

 

そして思った。

 

「なんだよ!みんな不満あるんじゃん!私だけだと思ってたよ!」と。

 

 

匿名だから、ネット上だから言えることがある。

上でも書いた通り、リアルの友達は本当に家庭の不満を言わない子が多い。

 

絶対みんな不満の一つや二つあるだろ?と思っても、「私は旦那のお義母さんと仲良いからな~」とか「うちの旦那は優しいからさ」などと言われ、あまり私の旦那・義母の愚痴に賛同してもらえないことが多かった。

 

「みんなそうでもないんだな。私だけなのかな・・・」と思ってしまうことも多かった。

 

特にママ友はそうだ。

 

大人になって、子供ができて、お互いに結婚出産を経験して同じ境遇に立っている者同士、「このママより私の方が勝っている」「私の方が幸せよ」という暗黙の戦争がママ友内で起きているような気がしている。(もちろん数名愚痴を言い合えるママ友もいるが)

 

なのでママ友は特に、結婚生活の不満を一切言わない傾向にある。(というかお互いそこまで踏み込まない)

 

 

だけど、Twitterはすごい。

 

気軽に思ったことを呟ける上に、お互い匿名、フォローしたい人だけをフォローし合える、というメリットもあり、みんな本音しか言わない。

 

そして私も、リアル友達には言えないようなことまで平気で呟いてしまう。

 

なぜなら顔も本名も出さないし、同じ境遇の仲間がたくさんいるから。

 

「この子かわいそう」と思われるような不幸系ツイートをしても「よく頑張ったね!」「お疲れ様!」とフォロワーさん達から励ましてもらえる。

 

 

もちろん、リアルの友達だからこそ話せる事はある。

 

だけど、リアルの友達だからこそ話せないこともあって、それは匿名のネット上なら話せる事だったりする。

 

 

facebook、Instagramよりも、断然私はTwitter派。

今やSNSはfacebook、Twitter、Instagramとこの3つが主流だろう。

 

中でも、facebookは少し下火なイメージで、Instagramがどんどん人気になっている傾向にある。

 

私もこの3つはやってはいるが、facebookとInstagramは今では放置になってしまった。

 

私がこの2つのSNSを放置してしまったのは、こんな理由である。

 

facebook:

・実名、ユーザーの年齢層が広すぎて前の会社のおじさん達とも繋がってしまっているので面倒臭い。

・たまに知り合いですか?のところに自分の親が出てくるのがすごく嫌。←

表に出せるレベルのリアルを投稿するイメージ。

不幸な話、愚痴や不満はあまり書いてはいけない雰囲気

・周りの友達もみんな放置している。

 

Instagram:

・実名でリアル友達と繋がっているから、明るい話題しか投稿できない。

・わら子アカウントを作ってもいいけどやりたくない。なぜならキラッキラの超絶盛りまくった写真しか投稿できない系のSNSだから。

不幸な話、愚痴や不満は書いてはいけない感満載

  

よって私にとっては、Twitterで日々の不満や愚痴を呟きまくって、共感してもらえる人だけに共感してもらうスタイルが性に合う。

 

facebookもインスタも、明るいキラキラした話ばかりで疲れる。

 

ネットなんだから匿名で話したい事話せる方が楽だし、SNSに投稿できるようなキラキラ話なんて結婚してからはほぼない。

 

 

もし何か毒を吐きたくなったらフェイスブックでもなくインスタでもなく、是非ツイッターを。

 

きっとあなたの毒に共感してくれて、いいねをたくさんくれるユーザーに出会えるはずです。