ママトーク。

1児のママであるアラサー主婦がママとして言いたいことや発信したいことを書き殴るブログ。母、妻、嫁、女としての視点や育児や自分の趣味、Eテレのことも熱く語ります。

育児中のママ・主婦に《ヨガのインストラクター》の仕事がおすすめな5つの理由!働き方を工夫すれば無理なく働ける。

スポンサーリンク

育児中のママ・主婦に《ヨガのインストラクター》の仕事がおすすめな5つの理由!働き方を工夫すれば無理なく働ける。

 

私は育児真っ只中ですが、自立するため、旦那の給料だけに頼らないため、そして育児以外に目を向けたかったため、ヨガのインストラクターの資格を取得しました。

 

↓その話はこちら

www.warakochan.com

 

ヨガの資格を取る時に、専業主婦で手に職もなくただただ家事と育児だけをしていた私の中で、決め手となった働き方がありました。

 

そしてそれは今の自分にとっては理想的な働き方だと思ったし、他にも私と同じような境遇の方にもぜひ知ってほしいので、ご紹介したいと思います。

 

 

ヨガの仕事は育児真っ只中のママにもぴったり!5つの理由をご紹介!

私が「小さい子供がいながらでも育児中でも働けるような仕事がないか」を探していた時に、ヨガのインストラクターの仕事がヒットしました。

 

そのことがきっかけで、私はヨガのインストラクター養成スクールに通いだしました。

 

その際、スクールの先生や就職支援の担当の方に教えてもらった働き方が「ヨガの仕事は育児中のママでも働ける!」と思ったので、その理由をご紹介します。

 

①ヨガのインストラクターは働き方が自由!

ヨガのインストラクターは、ヨガスタジオに所属するか、フリーランスとして個人でレッスンを行うなど、様々な働き方ができます。

 

フリーランス(個人で独立して働く)と聞くと「ある程度経験がなければ独立なんてできないのでは?」と思いますが、ヨガのインストラクターの資格を取得後すぐに、自分の自宅にお客さんを呼んでレッスンを行っている主婦やママさんはたくさんいます。

 

最初はママ友やお友達、家族相手から始めて、徐々にその対象が広がっていくという流れです。

 

他にもSNSを使って集客をしたり、自分でホームページを作成して集客をしたり、ビラを配ったりなど、人それぞれ工夫をして集客をしたりします。

 

また、ヨガスタジオに所属する場合は正社員でも働けますし、単発で働くこともできます。

 

正社員の場合はフルタイムで働き、ヨガのレッスンを行うだけでなくスタジオの事務仕事やお客様のフォローなど幅広く仕事をします。

 

また単発の場合は「1レッスン(60分)●●円」とお給料がスタジオごとに決まっています。

 

ヨガスタジオのレッスンスケジュールに空きがある場合にレッスンに入るという働き方です。

 

さらに、ヨガのインストラクターの資格取得後は、ヨガのレッスンを行うというだけでなく、ヨガのインストラクター養成スクールの講師になるという働き方もあります。

 

②ヨガの仕事は1日1時間から働ける

ヨガのレッスンはだいたい1レッスン60分となっています。

 

そのため、上でもご紹介した通り、ヨガのスタジオで単発でレッスンを行う場合は、1日1時間から働くことができます。

 

単発での働き方はヨガスタジオの穴埋め的な役割になってしまいますが、それでも小さいお子さんがいる方にとっては、1日1時間~、週に数日レッスンを行えるだけでも嬉しいですよね。

 

また、フリーランス(個人)でスタジオを借りたり自宅にお客さんを呼んでレッスンを行う場合も、自分でスケジュールを組んで自由に働けるので、「この日は1日に3本レッスンを行いたい」「今週は予定があるので1本だけ」など自由に働くことができます。

 

③育児中のママでもスクールに通いやすい

私が通っていたヨガインストラクター養成スクールでは、私と同じように子育て真っ只中のママさんがとても多かったです。

 

その理由は「子供がやっと幼稚園に入ったので自分の時間ができたから」「子供と一緒にヨガを楽しみながら仕事にも活かしたいから」という方もいれば、私のように「育児が少し落ち着いたらすぐに働きたいから」という人もいれば、なんと「今育休中だからその間に取りたくて」というママさんもいました!

 

また、ヨガのインストラクター養成スクールは、通学コースの場合は1,2週間に1度の通学になるので、そこまで忙しくありません。

 

毎日スクールに通うのはやはり子供がいると難しいですが、曜日固定で月に2,3回なら家族にも子守りを頼みやすいですし、無理なく通えるということもあり、お子さんのいるママさんがインストラクターを目指しやすいということもあるのでしょう。

(実際に私も土曜日の通学コースで月に2,3回通っていました)

 

④健康や体について勉強できる

健康や体についてのことは人間なら誰もが興味のあることですし、自分にもとても密接していることです。

 

また、子供がいるなら尚更知っておきたいことでもあります。

 

ヨガインストラクターの養成スクールに通うと、学校のように座学の勉強もあります。

 

その際、解剖学、生理学といった人間の筋肉や神経などの体の仕組みを勉強することもでき、それがヨガだけでなく日常生活でもタメになる内容です。

 

自分や生活に密接している体のことを勉強することはとてもタメにもなるし、勉強が苦にならずに講義を受けることができました。

 

⑤さらに専門的なヨガの資格を取れば様々なヨガを教えられる!

ヨガインストラクターの資格は2級・1級とあり、その二つの資格を取ることで同時にRYT200(全米ヨガアライアンス)を取得することができます。

 

ですがその他にも、マタニティヨガ、キッズヨガ、シニアヨガなど専門的なヨガの資格もあります。

(これらは2級・1級とはまた別に受講する必要があり、別途受講料もかかります)

 

その専門的なヨガの資格を取ることで、さらに活躍の場を広げることができます。

 

例えば、マタニティヨガなら産婦人科で、キッズヨガなら幼稚園や保育園、市の交流センターで、シニアヨガなら老人ホームや病院でなど、ヨガスタジオ以外にも働く場所を自分で広げていくことができます。

 

また、シニアヨガは将来性も高いので今人気のあるヨガの資格です。

 

 

事務仕事は無理!そんな私はヨガの仕事がぴったりだった。

私の場合、育児と家事だけで一日が終わる毎日が苦痛で「育児中でも仕事したいな」と思い、色々仕事についてネットで調べていた時に「ヨガインストラクター」の仕事に出会いました。

 

それは「主婦にオススメの資格取得ランキング」というサイトがヒットし、そのサイトを見たことがヨガのインストラクターの資格取得を決めたきっかけになりました。

 

そのサイトを見てみると、1位はやっぱり医療事務。

 

医療事務は持っていれば全国どこの病院でも働けるし、病院さえあれば仕事もあるし、間違いないよなー。

でもぶっちゃけ医療も事務もあんまり興味ないなぁ・・・

 

そして2位は簿記。

 

私は過去に簿記の勉強をしたことがあったけど、途中でやめた経験あり。

リベンジするかと一瞬思ったけど、興味ないものは興味ない。

 

3位は英語系の資格。

 

英検、TOEFL、TOEICなどの英語系の資格は、勉強して持っていればかなり有利。

だけど英語なんて大学以来勉強してないし、そんなに英語をしゃべりたい願望もない。

 

 

その後は介護福祉士や保育士も出てきたし、ファイナンシャルプランナーという名前だけ聞いても全く理解のできない資格も出てきました。

 

うーん。無理!

 

全部興味ないし、特に事務系の仕事は以前もやっていてかなり苦痛だったから無理。(私の場合です)

 

それに興味ないことを勉強しても絶対に頭に入らないし勉強が苦痛になる。

 

そしてそれを仕事にするなんて絶対に絶対に嫌!!!

 

 

と思っていた矢先、「ヨガのインストラクター」という文字を発見。

 

その下を読んでみると、

「ヨガは今や女性だけでなく男性からも人気でスタジオも全国に急増中。

資格取得後は自宅でも働くことも可能、スタジオに所属しても1日1レッスンといった自分のスケジュールに合わせて働くことも可能。

小さいお子さんがいながらでも働きやすい仕事です。」

 

 

自分のスケジュールに合わせて働くことも可能。

小さいお子さんがいながらでも働きやすい仕事。

 

 

私はこの言葉が今の自分にドンピシャでした。

 

今は1日数時間働けたら理想。

 

子供がまだ小さいし正社員はすぐには無理だし、保育園だってすぐには決まらないだろう。

 

それを考えていると「子供が幼稚園に上がった時に幼稚園に行っている間、旦那が休みの日に子供預けて少し働くくらいから始めて、いずれ正社員とかになれたらいいなぁ」と思うようになりました。

 

また、元々ヨガは5年くらい通って1番の趣味だったこともあり、「ヨガのことなら勉強しても全く苦痛じゃない」と思えたのも大きな理由でした。

 

その結果、すぐにヨガインストラクター養成スクールに通い、ヨガのインストラクターの資格を無事取得。

 

今後は子供の都合も考慮しながら、自分でスタジオを借りてヨガのレッスンをする予定です。

 

 

何か夢中で勉強したいと思えることがあればトライ!

私のように毎日育児と家事だけに追われて、気づけば「この1週間旦那としか話していない・・・」という毎日に嫌気がさしているママさんも多いと思います。

 

また、お子さんはいなくても専業主婦で仕事をしていないという場合も、何か新しいことにチャレンジしたり働いてみたいと思うかもしれません。

 

そんな時、ヨガに限らずですが、何か夢中になって勉強したいと思えることに出会うと、本当に毎日が明るくなると思います。

 

また、それは勉強や資格取得でなくてもいいと思います。

 

例えば、趣味を増やす・習い事を増やす・ボランティアに参加するなどをして、家事や育児以外の時間を作るということでもいいかもしれません。

 

小さいお子さんがいると難しいかもしれませんが、私の場合は「子供もいるしそれをすると今よりも忙しくなるかもしれない。でもどうにかして資格を取りたい!」と思うほどだったので、旦那を説得しました。

 

実際に私は、1歳児の子供を抱えながら学校に通ったり、家で勉強、さらに課題の練習をしたりと、ヨガの養成スクールに通っている間は毎日が本当に忙しかったです。

 

ですが、その分夢や目標ができたからこそその忙しさは全く苦痛ではなかったですし、むしろ「楽しい!」「早く資格とりたい」「働いてやるぞ!」と思えたことで毎日頑張れました。

 

「自分の生活や今後を考えた時に何かを変えたい」と思うのなら、ヨガの資格に限らずですが何か育児や家事以外に夢中になれるものを探してみることがおすすめです。

 

また、資格の場合は、ヨガのインストラクターの資格を取得するには実技試験もありますし、それに向けてレッスンも受けなければいけないため、校舎には通う必要がありましたが、事務系の資格の場合は通信講座で自宅で受けられることもあります。

 

子供を預けられないという場合には、通信講座ができる資格もおすすめです。