人生模索中主婦のおしゃべり帳-ママと妻、時々嫁の殴り書きブログ-

ママ・母・妻・嫁の目線から喋りたいことだけを喋るブログ。おかあさんといっしょやお役立アイテム情報も

妊娠の産み分けとは?男の子・女の子が欲しい場合の仕組みやおすすめ妊活ゼリー

\ よかったらシェアしてください /

スポンサーリンク




妊娠の産み分けとは?男の子・女の子が欲しい場合のおすすめ妊活ゼリー

 

妊娠を希望する夫婦の中には 「男の子が欲しい」「女の子が欲しい」と赤ちゃんの性別を希望するご夫婦も多くいます。

 

これから生まれてくる赤ちゃんの性別を親が決めることができるのかを疑問を持つ方は多いと思いますが、なんと今では赤ちゃんの性別を産み分けができる妊活アイテムがあります!

 

それは一体どんなアイテムなのか?産み分けの仕組みやその効果やおすすめポイントなど、詳しくご紹介します。

 

妊娠の産み分けとは?男の子or女の子は希望できる?

f:id:warakochan:20200804184407j:plain

 

今では妊活(性交渉)の際に、産み分けをするご夫婦が多くいます。

 

産み分けとは、これからできる赤ちゃんの性別を決めて妊活をすることです。

産み分けの仕組み 

赤ちゃんの性別は、性交後に卵子と出会う精子が「X染色体」と「Y染色体」のどちらであるかで決まります。

 

人間の「染色体」は46本(23対)あり、卵子と精子が23本ずつ持ってくることで赤ちゃんに受け継がれますが、それぞれが持ってくる23本の染色体のうちの1本に「性染色体」があります。

 

この性染色体とはヒトの性別を決めるもので、男性はX染色体とY染色体、女性はX染色体とX染色体の組み合わせと決まっています。

 

つまり、女性の卵子がもつ性染色体は必ずX染色体であり、性交後に出会う精子がY染色体(Y精子)であれば男の子が生まれ、X染色体(X精子)であれば女の子が生まれるということになります。

 

この染色体の特徴の違いを利用すれば、妊娠の際の産み分けを行うことができると言われています。

産み分けをおすすめできない例

ただし産み分けはどんな人でもすれば良いかと言ったらそうではありません。

 

以下のような場合は、多くの病院では産み分け法をおすすめされていないので注意です。

 

40歳以上の高齢出産

授乳中である

不妊治療に通っている

生理不順がある

夫婦の意見が一致していない

希望しない性別の子供を出産する意思がない

 

産み分けゼリーを使用すると性交時に人為的に酸性度を調節するため、X精子とY精子のどちらかは活動しにくい状態になります。

 

そのため、男女の産み分けは妊娠率が下がることから、もともと年齢や状況から妊娠が難しい方にはおすすめされていません。

 

また、産み分けにはパートナーの協力が必要、さらには倫理的な問題もあるため、夫婦でよく話し合った上で産み分けをする必要があります。

産み分けにおすすめなのが妊活用産み分けゼリー

赤ちゃんの性別の産み分けは多くの専門のクリニックでも行っていますが、今では自宅でも簡単に産み分けをすることができます。

 

自宅で産み分けをしたい場合におすすめなのが、妊活(性交渉)の際に産み分けゼリーを使うことです。

 


画像引用:妊活中のご夫婦に選ばれる100%天然成分【ベイビーサポート】

 

産み分けゼリーとは、妊娠前から「男の子が欲しい」「女の子が欲しい」と思っている場合に使う潤滑ゼリーのことで、赤ちゃんの性別は女性の膣内が酸性かアルカリ性かによって変わると言われています。

 

男の子を希望する場合はY精子と卵子が出会えるようにするため、膣内をアルカリ性にしておくことが重要です。

 

また、女の子を希望する場合はX精子と卵子が出会えるようにするため、膣内を酸性にしておくことが重要です。

 

そこで考え出されたのが、酸性のピンクゼリーとアルカリ性のグリーンゼリーです。

 

女の子が欲しい場合にはピンクゼリー、男の子が欲しい場合にはグリーンゼリーを使用することで、膣内の酸性度を人為的にコントロールしてくれます。

産み分けゼリーの疑問を解決!使うタイミング・成功の確率は?

f:id:warakochan:20210416121635j:plain

 

産み分けゼリーを使ったことがない人からすると、疑問や不安があるかもしれません。

 

そんな産み分けゼリーを使うタイミングや人体や赤ちゃんへの影響、成功の確率などを解説します。

産み分けゼリーを使うタイミング

産み分けゼリーは性行為の直前に使用し、注射器のような容器を用いて女性の腟内に挿入します。

f:id:warakochan:20210103114714p:plain

画像引用:妊活中のご夫婦に選ばれる100%天然成分【ベイビーサポート】

 

その後、商品の使用方法に基づき数分待ったあと、性交渉を行います。

産み分けゼリーがもたらす赤ちゃんやママへの影響

産み分けゼリーは、基本的に原料は体内に入れても大丈夫な食物からできています。

 

そのため、膣の中に挿れても副作用の心配もなく人体に害もありません。

 

ただし、成分が表示されている産み分けゼリーであれば副作用の心配もありませんが、ゼリーの成分が表示されていない海外製造のゼリーは注意が必要です。

 

そのような産み分けゼリーの副作用や安全性が気になるなら、使用を避けた方が良いでしょう。

産み分けゼリーの成功の確率

専門医が科学的に立証した産み分け法を実践しても、残念ながら100%成功するとはいえません。

 

最近のデータでは男の子を希望した人で81~91%、女の子を希望した人で70~80%の成功率です。

 

このようなデータがあることを頭に入れた上で使用するようにしましょう。

産み分けゼリーの人気でおすすめは「ベイビーサポート」!

f:id:warakochan:20200804174238p:plain

 

そんな男の子・女の子の産み分けができる潤滑ゼリーで人気で代表的なのが「ベイビーサポート」です。

 


画像引用:妊活中のご夫婦に選ばれる100%天然成分【ベイビーサポート】

 

商品:ベイビーサポート

内容量:1箱7袋入り

価格:13800円(税抜)

※2箱セット:22080円・3箱セット:28980円

 

ベイビーサポートは、「信頼できる潤滑ゼリー」「女の子が欲しい夫婦におすすめ潤滑ゼリー」「男の子が欲しい夫婦におすすめ潤滑ゼリー」の3冠を獲得した産み分けゼリーです。

 

赤ちゃんを作る大事な体に使うからこそ全てを日本製にこだわり、評判や口コミの高い商品です。

ベイビーサポートの特徴

3冠を獲得した人気の潤滑ゼリー

2019年には利用者からの嬉しい報告が1216件!

男の子用・女の子用の2種類が販売されている

ゼリー・容器・袋・外箱すべてが日本製で安心

妊活の成功をサポートするためのpH値と粘度にこだわっている

1本1回分の使い切りで衛生面も安心

セット購入で最大12420円引き(3箱セットの場合)

2箱セット以上の購入者を対象に返金キャンペーンあり!

ベイビーサポートの購入ポイント

ベイビーサポートでは購入後に無事妊娠をした場合、余ったベイビーサポートを1本1000円で買い取ってもらえます!

 

多く買って余ってしまっても返金キャンペーンを利用すれば安心なので、セット購入はとてもおすすめです。(3箱で12420円引き)

  

また、「とにかく人気で口コミが高い」「信頼できる」という理由から購入する夫婦も多いので、迷ったらベイビーサポートを購入するのが間違いないでしょう。

 

 

\ 産み分けをするなら絶対これ! /

ベイビーサポートをチェックしてみる

ベイビーサポートの口コミ・ユーザーの声

 

 

 

ベイビーサポートは口コミ評価も高く成功例が多くあるため、ベイビーサポートを使って産み分けをしてみるのもおすすめです!

 

 

\ 余ったら返金キャンペーンを使えば安心! /

ベイビーサポートをチェックしてみる

 

妊娠の確率を高める「エッグサポート」も大人気!

また、「ベイビーサポート」と同じメーカーから、妊活用潤滑ゼリー「エッグサポート」も販売されています。

 

f:id:warakochan:20210104170746j:plain

画像引用:【エッグサポート】公式ショップ

 

こちらは赤ちゃんの性別の産み分けではなく、妊娠の確率を高める妊活用潤滑ゼリーです。

 

「産み分けも気になるけど妊娠の確率の方を高めたい!」という場合は、エッグサポートもぜひチェックしてみてください。



\ 人気の妊活用潤滑ゼリーはこれ! /

エッグサポートをチェックしてみる

 

男の子・女の子の産み分けをしたいなら潤滑ゼリーを使ってみよう

f:id:warakochan:20200804174111p:plain

 

赤ちゃんの性別の産み分けは専門のクリニックでも行っていますが、今では産み分けゼリーを購入すれば自宅で産み分けを行うこともできます。

 

産み分けゼリーの価格はやや高いですが、それでも病院に通う時間や費用、希望の性別の赤ちゃんがやってきてくれる可能性があることを考えれば安いです。

 

もしも赤ちゃんの性別に希望がある場合は、ぜひ性交渉の際に産み分けゼリーも使用してみてくださいね!

 

 

\ 男の子・女の子が欲しいなら! /

ベイビーサポートをチェックしてみる