ママトーク。

1児のママであるアラサー主婦がママとして言いたいことや発信したいことを書き殴るブログ。母、妻、嫁、女としての視点や育児や自分の趣味、Eテレのことも熱く語ります。

Panasonicの浄水器から黒いゴミが出る?原因は?それは給水・吐水ホースにあった!

スポンサーリンク

Panasonicの浄水器から黒いゴミが出る?原因は?それは給水・吐水ホースにあった!

我が家ではパナソニックの浄水器を3年ほど前から使っている。

 

この浄水器を使っていたところ、なにやら黒いゴミがたっくさん出てくるようになり「なんじゃこれ!!!」と旦那と大騒ぎをして調べに調べた結果、全身がゾッ・・・!!!とする結果になった話をしたいと思います。

 

きっと同じように困っている人がいるかと思いますので、お役に立てれば嬉しいです。

※Panasonicの浄水器の型番:TK8051/TK8051P/TK8051-S/TK8251-S/TK8050-W/TK8032-S/TK8030-W/TK8032P-S/TK8051P-S/TK8050-Nに共通するお話かと思いますので、お持ちの方はぜひ読んでください! 

 

 

我が家で使っているパナソニックの浄水器はこちら。

我が家が使っているパナソニックの浄水器はこちらです。

Panasonic パナソニック 浄水器 TK8051

(家の中のいろんなものが写り込んだので、その周りにぼかしを入れています。)

 

もう我が家のは色々ともう汚くなってしまっていますが、これを使っています。

 

メーカー:Panasonic(パナソニック)

品名:アルカリイオン整水器

品番:TK8051

(TK8051Pもほぼ同じ商品のようです。)

 

これは浄水するだけでなく、アルカリイオン水を作り出すことができて、さらに洗顔にオススメの弱酸性水まで作り出してくれます。

 

弱酸性・浄水・アルカリイオン水(4段階)が作れるので、本当に役立っています。

 

 

この浄水器を買う前までの我が家は水の消費量が半端なく、2Lのペットボトルなんて買っていたら金額もそうだけどペットボトルのゴミの量も尋常じゃないため、ウォーターサーバーと浄水器のどちらを購入するかを考えた結果、このパナソニックの浄水器を買うことに決定。

 

値段は当時5万弱はしたけど、もうペットボトルの水を購入する手間もなくなるし、本体は高いけど長い目で見ればペットボトルの水を買い続けるよりも安くなるだろうし、TPOに合わせて水の種類を変えられるので、即購入。

 

 

そして使った結果、やっぱり買ってよかった!

 

ペットボトルのミネラルウォーターと変わらないくらいに美味しいお水が、水道水から作られてるなんてすごい!

 

しかもカートリッジの交換目安まで教えてくれるから、そのお知らせが出たらカートリッジを買って交換すればずっと使える!

 

最高だなーさすがパナソニック。

 

なんて思いながら使い始めて約2年が経った頃、「ん???」と思うような異常事態が発生し出したのです。

 

 

浄水に黒いゴミが浮いている?これ何?異物?

このPanasonicのの浄水器を使い始めて2年ほど経った頃、いつものように浄水器の水を飲もうと思いコップに水を入れると、何やら黒い何かが浮いている。

 

「なんだこれ?ゴミ?」と思い、その部分だけ捨てて飲むことに。

 

最初は「コップにゴミがついていたのかも」と思い全く気にしていなかったものの、その後、また浄水を飲もうとコップに水を入れるとまた黒いゴミが浮いている。

 

「え?嘘でしょ?コップに何もゴミなかったよ?」と思い、一度水を捨ててもう一度浄水の水を入れるとやっぱり黒いゴミが浮いている。

 

 

「もしかして・・・浄水が出てくるところに水垢が溜まってる?」と判断した私は、浄水が出てくるこの部分をとにかく洗った。

 

Panasonic パナソニック 浄水器 TK8051

 

スポンジで洗うと確かに少し黒いゴミが出てきたので、「あ~ここか!そういえばここしばらく洗ってなかったわ(←洗え」と思い、また少しした後に浄水をコップに注ぐと、やっぱりまだ黒いゴミが水に浮かんでいる。

 

「もうなに!?気持ち悪い!もう飲むの嫌!」と思い、それを旦那が帰ってきたときに事情を話し、浄水器と蛇口の連結部分を分解してもらうことに。

 

旦那は分解後、掃除までしてくれ「これでもういけるわ!」と言っていたので、これで安心して浄水が飲めると思った矢先、まだ黒いゴミが出てくる・・・

 

 

「この黒いゴミ本当に何?カートリッジだって交換したばっかだし。修理だそうかな~。でもお金取られるのかな?」と旦那と話していたところ、旦那が「これかもよ?」と指を差したのが、私が全く気にしていなかった部分であった・・・

 

 

盲点だった!黒いゴミの原因は給水・吐水ホース!

旦那が指を指していたのは、給水ホースと吐水ホース。

 

このPanasonicの浄水器では、給水ホースと吐水ホースで家の蛇口と浄水器を繋げる必要がある。

 

給水ホースは家の水道から浄水器へ水道水を流すためのホースで、吐水ホースは浄水器の中で浄水した水を蛇口へ流すためのホースである。

 

このホースの色はグレーで、ホースの中身が見えないようになっている。

 

 

「そのホースがもしかすると汚いのかもよ?これって浄水器買ってから交換してないよね?」と旦那に言われ、「・・・うん。変えてない」と私が答えると、旦那が「これも分解して中見てみるから一旦浄水器使えなくするわ」と言い、旦那が吐水・給水ホースを外した瞬間、

 

 

「うわああああああ!!!!きったねえええええ!!!!!」

 

と旦那が叫んだ。

 

 

恐る恐る私も見てみると、吐水ホースにベターッと黒い水アカが永遠と張り付いていた・・・

 

 

黒いゴミの犯人は吐水ホースの中にこびりついた水アカ&水カビだった!

なんとこの黒いゴミが浄水に浮いている事件の犯人は、吐水ホースの中にこびりついた水アカ&水カビだった。

 

旦那がホースを分解して中身を覗き込み叫んだ後、「ホースの中の断面を見てみるか」と言いハサミでホースを縦に切ってみると、吐水ホースにベッタ~と黒いゴミ・水アカ・水カビたちがこびりついていた。

 

そのホースの断面を見た時はびっくりしすぎて、そしてそんな汚いホースを通って排出されていた水をゴクゴク飲んでいたかと思うと、もうヘコむしショックすぎて、その時のホースの写真は撮っていない。

(こんな記事を書くなら撮っておくべきだった><!)

 

なので、その後にこの件について調べていたところ、私と同じような経験をしてホースの断面を撮影していた方がいたので、そちらの画像を引用させていただきます。

 

パナソニック浄水器の給水・吐水ホースの黒いカビやゴミの断面図

画像引用:https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000015464/SortID=11304918/

 

もうゾッとしますよね。

 

ちなみにうちのはもっと黒いゴミがこびりついていました。

 

 

こんな水アカ&カビがたっぷりのホースの中を通った水を「うめー!やっぱ浄水した水は最高だわ!」と飲んでいた当時の自分を殴りたくなるレベル。

 

 

なんでもっと早く気づかなかったのか。

 

何なら飲むだけでなく、料理にも炊飯にも使っていたし子供にも飲ませていた・・・

 

 

というかなんで今までカートリッジは替えていたものの、給水・吐水ホースを定期的に替えるということをしなかったのかと自己嫌悪MAXに。

 

このパナソニックの浄水器は、定期的にカートリッジ交換だけをすれば美味しいお水が飲めると思っていたが、全くそんなことはなく、給水・吐水ホースも定期的に替えなければ清潔なお水は作られないということをめちゃくちゃ痛感した。

 

 

まあよく考えればそうなんだけどさ。

 

カートリッジの交換はカウントダウンをするようにしっかり構えて時期が来たらすぐに交換していたけど、給水・吐水ホースの交換は全くもって盲点だった私。。。

 

はあ。

 

こんなところを通った水を飲ませてごめん、息子・・・

 

 

ちなみにホースの中身が異常に汚かったのは吐水ホースだけで、給水ホースは比較的きれいでした。

(その理由は下のお話をしてから説明します。)

 

 

もう中身が見えない吐水・給水ホースは嫌!てことで透明のホースに変更してみた。

その後旦那と「給水・吐水ホースを新しいの買うか」という話になったが、「新しいホースを買ったところで定期的にまたホースも替えなきゃいけないよね?それって今回みたいに黒いゴミ(水アカ)がまた出てから?それとももう1年ごとにとか時期を決めて替える?」と話し合った結果、「透明のホースはないのか?」という話になった。

 

透明のホースをつければホースの中が今どんな状態なのかがわかるし、ホースが汚れてきた時がわかるからその方が衛生的かもしれないと思った。

 

もちろんパナソニックのこの浄水器用の純正の給水・吐水ホースは、以前と同じグレーのホースでそれは中身がわからないようになっている。

 

もし透明のものを使いたいのであれば、純正のものではなくなるし自分たちで探さなければいけない。

 

 

そこで近くのホームセンターにダメもとで行ってみたところ、まさかのお庭系のコーナーに透明のホースが売っていた!

 

ビニールホースと言うらしく、希望の長さに切って購入することができました。

 

しかも1mあたり80円くらいと超安い。

 

このパナソニックの浄水器(品番:TK8051)では、ホースを取り付ける部分がだいたい7~8mmだったので7mmのものを購入。

 

浄水器に合うか合わないかは付けてみないとわからないけど、一応買って付けてみると、給水ホースにも吐水ホースにもなんとかイケた。

 

こんな感じです。

パナソニックの浄水器TK8051の吐水・給水ホースを透明ホースにしてみた

 

これなら給水・吐水ホースが汚れてきたらすぐにわかります。

 

しかもこの透明のホースに替えたことで気づいたことがあったのです。

 

 

給水ホースが汚れていなかった理由が判明!

ホースの断面を切ったところ、吐水ホースはめちゃくちゃ中が黒カビ・水アカだらけで汚かったのに、なぜか給水ホースは比較的きれいでした。

 

「これなんでだろうね?」と旦那と話していたけど、透明のホースに変えてからこの理由がわかりました。

 

 

それは、透明のホースを浄水器に装着後によーく水の流れを見てみると、給水ホースは水を汲み上げるホースなので浄水器を使っている・使っていない(吐水している・していない)に関わらず、常にホースの中に水がある状態なのです。

 

ですが吐水ホースは、浄水器を使っている(吐水している)時だけ浄水した水が通るようになっているので、浄水器を使っていない時(吐水していない時)はホースの中が空っぽになるのです。

 

先ほどの画像をもう一度よく見てみると、下記のように給水ホース(左側の黒いテープがついている方)は水が常にホース内に入っていて、吐水ホース(右側)はホースの中が空なのがわかります。

 

パナソニックの浄水器TK8051の吐水・給水ホースを透明ホースにしてみた

 

つまり、吐水ホースは水が通っていない時間帯があることでカビが発生しやすいのだと思われます。

 

給水ホースは常に水が入っているのでカビや汚れが発生しにくく、吐水ホースは乾いている時間があるからこそカビが発生しやすいのかもしれません。

 

 

申し訳ないけど我が家ではもう純正は無理。透明ホースオンリー。

我が家ではこのパナソニックの浄水器を使い続けるなら、吐水ホース・給水ホースはもうこのホームセンターの透明ホースが鉄板になりました。

 

もうこのホースに変えてから3ヶ月以上が経っています。

 

もちろんメーカーが出しているこの浄水器用の純正の給水・吐水ホースを使うのが一番いいけど、やっぱり中身が見えないのが嫌。

 

時期を決めてきちんとホースを替えていればいいんだろうけど、あの黒カビがダーっとついたホースの断面を見た瞬間、ホースの中がどんな状況になっているのかを常に把握しておきたくなってしまった。笑

 

 

「もう純正には戻れない」

 

あの恐ろしすぎるホースの黒カビだらけの断面を見てしまったら、もうそんな体質になってしまった。

 

 

透明ホースを使うデメリットや注意点もある

だけどこの透明ホースを使ってみて、一点デメリットもあります。

 

やっぱり純正ではないので、たまにホースが外れます。笑

 

外れるのは毎回給水ホース。

 

給水ホースは水を蛇口から浄水器へ運ぶので、その勢いで外れます。

(つまり、ホースを差し込んでいる方向と逆の方向に水が流れる

 

吐水ホースは蛇口方面へ流れるだけなので、今のところ1回も外れていません。

 

 

やはり純正ではなくなんとか合うサイズの透明ビニールホースを買ってきただけなので、水の出る量が多すぎるといきなりホースが外れて流しの周りが水浸しになることもあります。

 

なのでその後、100円ショップに売っている結束バンドでホースを固定するようにしたら大丈夫になりましたが、それも緩んでくればまたホースが外れる可能性もあるので、給水ホースを手で押さえながら浄水を使うようにしています。

 

 

だけどそれでも私はもう中身が見えないホースは怖い。

 

あのホースの中身を見てしまったら、たまにホースが外れようが結束バンドで止めなきゃいけなかろうが、指でホースを抑えて使おうが、それでも透明ホースの方が中身が目で見えて安心なのです。

 

一応パイプクリーニングの機能はあるが意味あるのか?

ちなみに今回、パナソニックの浄水器の黒いゴミ事件が発生した後、TK8051の説明書を引っ張り出してこの浄水器について読んでたところ、この浄水器にはパイプクリーニング・電極洗浄という機能がついていることが発覚。

(全然説明書を読んでいなかった)

 

この機能は、電解槽~吐水ホースまでの経路に酸性水を流すことで清潔に保ってくれます。

 

ですが、我が家の浄水器のように使って2年以上経つと、このパイプクリーニング・電極洗浄機能はもう意味がないのかもしれませんね。

 

だってあんなに黒いカビが吐水ホース内をこびりついていたから・・・

 

どんなに綺麗で新鮮で美味しい水を流してくれていても、吐水されるホースの中身が汚かったら意味ないですからね・・・

 

 

透明のホースに変えて3ヶ月経った今。ホースの汚れは?

我が家ではあの浄水器黒いゴミ多発事件を機に、中身の見える透明のホースに替えたわけですが、そのホースに替えてから今3ヶ月ほどが経ちました。

 

その結果、ホースの中身は現在こんな感じです。

Panasonic パナソニック 浄水器 TK8051の吐水ホースの汚れ

Panasonic パナソニック 浄水器 TK8051の吐水ホースの汚れ2


黒いテープが貼ってある方の給水ホースはまだまだ綺麗ですが、やはり吐水ホースは所々もう汚れてきました。

 

もちろんホースの外側ではなく内側の汚れです。

 

茶色く汚れています。

 

3ヶ月でこれなんだから2年同じホースを使い続けていたあの時の我が家のホースは、本当にやばかったと思います。

 

もちろんあの時のホースの断面は見ましたが、それはホースの一部であり、もしかすると確認したホースの断面よりも汚れまくっていた箇所があったかもしれない・・・(ゾッ!!!)

 

 そのため、我が家ではそろそろ吐水ホースだけでも買い替えようかなと思っています。

 

もちろんホームセンターに売っている透明のビニールホースに!!!

 

 

上でもご紹介した通りホームセンターで買う透明のホースは、もちろんメーカーが出している純正のものではないのでたまに外れることはありますが、透明のホースはこうやって常にホース内の汚れを確認できるのでおすすめですよ。

 

 

吐水・給水ホースは定期的に交換を!

今回の件で、浄水器の吐水ホースがどれだけ汚れていたか、そしてたった3ヶ月でこんなにも汚れてしまうことがわかったと思います。

 

ホース内の状況を把握したい方は、我が家のように透明のホースを付け替えるのが良いかもしれません。

 

ですが、やはりメーカーが出している純正の吐水・給水ホースに買い換えることに越したことはありません。

 

やはり透明のホースは純正ではないので、サイズもぴったりではないし、我が家のようにいきなりホースが外れて流しの周りが水浸しになることもあります。

 

我が家も透明のホースが外れるたびに「やっぱり純正のホース買うか…」と諦めかけたこともありましたが、「だけどやっぱりホースの中身が見たい!」という気持ちが譲らず、透明のホースを使い続けています。

 

ですが、やはり純正は間違い無いと思いますので、ホースの買い替えを考えている方は一応純正をすすめておきます。笑

 

 

楽天やAmazonでもPanasonicの純正の吐水給水ホースは売っていますので見てみてくださいね。

(必ず対応機種を確認の上ご購入ください!)

 

 

ちなみに、吐水・給水ホースだけでなくカートリッジ交換も重要ですので、カートリッジ交換の時期が迫ってきたら早めに購入しておくことをおすすめします。

 

 

パナソニックの浄水器を使っている皆さんは、定期的に吐水・給水ホース、カートリッジを替えるようにしてくださいね。