ママトーク。

1児のママであるアラサー主婦がママとして言いたいことや発信したいことを書き殴るブログ。母、妻、嫁、女としての視点や育児や自分の趣味、Eテレのことも熱く語ります。

デロンギ オイルヒーターは赤ちゃんがいる家庭におすすめ!その理由とは?

スポンサーリンク


デロンギ オイルヒーターは赤ちゃんがいる家庭におすすめ!その理由とは?

 我が家では、デロンギのオイルヒーターを子供を産んでからすぐに購入しましたが、私の育児生活においてとても役立ってくれています。

 

もうため息が出てしまうほど、デロンギ様には助けられています。

 

そんなデロンギのオイルヒーターを実際に使ってみてよかった点、気になる点、口コミをご紹介します!

 

これから子供が生まれる・赤ちゃんがいる家庭、小さい子供がいる家庭、ペットがいる家庭、今ぴったりの暖房器具がなくて困っている方は、ぜひぜひ参考にしてみてください。

 

デロンギのオイルヒーターを購入したら、冬の育児が快適になった!

我が家では、子供が生まれる前に自宅の暖房器具を見直しました。

 

その理由は下記で紹介していますが、灯油ファンヒーターをやめ「デロンギのオイルヒーター」を購入し使ってみたところ、これがものすごく良く、同じくらいの赤ちゃんや子供がいるママ友にもおすすめしてしまうほどのアイテムでした!

 

赤ちゃんが生まれたら暖房器具を見直すべき理由

子供が生まれるまでの私は、ヒーターなんてこだわったこともありませんでした。

 

それまでは灯油を使うファンヒーターを自宅で使っていましたが、妊娠した時にふと 「あれ?これ子供生まれたらファンヒーターめちゃくちゃ危なくないか?」と気づきました。

 

 

また、ネットでも調べてみると暖房器具が赤ちゃんや小さい子供に与える影響は意外にも大きいと知りました。

 

その理由はこちらです。

 

①灯油を使うファンヒーターは子供にとって危ない

灯油を利用するファンヒーターの場合は、やはり子供にとっては危ないことだらけです。

 

灯油を家で保管もすることにもなりますし、灯油の臭いも家中に広がります。

 

また、その灯油をヒーターに注ぐ作業も必要になるので、やはり赤ちゃんがいる家庭には危ないことだらけです。

 

②暖房は部屋のホコリを舞いあげる

エアコンを使ったりヒーターを使って部屋を暖める場合、風を出して部屋を暖めるため、その風で部屋中のホコリを舞い上げていることになります。

 

また、赤ちゃんや子供は大人よりも目線が低いのでホコリを吸う量も多くなります。

 

③ファンヒーターは火傷をすることも

ファンヒーターはヒーター自体が熱くなるので、赤ちゃんは子供が触ってしまうと火傷をしてしまいます。

 

ヒーターの周りに柵を作る家庭も多いですが、柵自体も熱くなってしまうこともあるので危ないです。

 

④部屋が乾燥する

暖房器具を使うとやはり家中の空気が乾燥をしてしまいます。

 

部屋が乾燥をすることで赤ちゃんや子供も風邪を引きやすくなったり、インフルエンザの菌が部屋に蔓延しやすくなります。

 

これは赤ちゃんや子供だけでなく、大人も部屋の乾燥には気をつけるべきです。 

 

使って実感!私がデロンギオイルヒーターを強くおすすめする理由

そこで私は、妊娠中にデロンギのオイルヒーターを購入し使ってみたところ、その凄さを実感しました。

 

↓我が家が使っているモデルはこちら 

(下で実際に我が家が使っている写真を掲載しています )

 

私が実際に2年間(冬を2回)使ってみて実感した、デロンギオイルヒーターを強くおすすめする理由をご紹介します!

 

①部屋全体をまんべんなく暖めてくれる

デロンギオイルヒーターは放射板からの放熱で、床・壁・天井、人にも熱を伝え、さらに暖められた壁や天井からも二次的な輻射熱が出るため、部屋中がまんべんなく暖められます。

 

一般的なファンヒーターの場合、同じ部屋でもヒーターに近い場所は暑すぎるし、ヒーターから遠い場所は寒いということがありますが、デロンギの場合は部屋のドア付近からヒーターの近くまで、まんべんなく同じくらいの温度で暖めてくれます。

 

家族が複数人同じ部屋にいれば「あっつい!ヒーター消して!」という人がいれば「寒いよ!つけといてよ!」という人もいて、ヒーターつける消す喧嘩も圧倒的に減ります。

 

②部屋が全く乾燥しない

デロンギオイルヒーターの場合、温風を出さずに空気を徐々に暖めていく仕様ため、部屋中の水分が奪われることがほとんどありません。

 

そのため、肌の水分量もしっかりキープされ、乾燥による喉の痛みも全くありません。

 

赤ちゃんは大人よりも肌が乾燥しやすいため、赤ちゃんがいる家庭は安心です。

 

また観葉植物を育てている家庭にもおすすめです。

  

③ホコリが舞い上がらない

一般的なヒーターやエアコンの場合、ヒーターから温風を出すため、部屋のホコリやハウスダスト、ペットの毛、花粉など様々なゴミを部屋中に巻き上げています。

 

ですが、デロンギの場合、輻射熱と自然対流で部屋を優しく暖めるため、そのようなゴミが舞い上がることはありません。

 

また、ヒーター内で発火、燃焼もないのでCO2が放出されず、空気をずっと綺麗なままで保ってくれます。

  

④ヒーター自体が熱くなりすぎないので火傷の心配なし

一般的なファンヒーターの場合、温風が出る部分はどうしても熱くなってしまい、その部分を触ると火傷をしてしまいますが、デロンギのオイルヒーターは電気で暖め、どこを触っても火傷をしにくい表面温度になっているので安心です。

※一般的なオイルヒーター:約97度、デロンギオイルヒーター:約60度(製品により80度までのものもあります)

 

実際にデロンギオイルヒーターを使っている状態で本体を触っても、「暖かいなぁ」くらいの温度なので、「あっっつ!!!!」とはなりません。

 

ですが風が出る部分は少し熱くはなっていますが、火傷をする程ではないので、子供がもし触ってしまっても安心です。

 

⑤オイルヒーターと言ってもオイルは交換・補充不要

最初にデロンギのオイルヒーターについて調べた時に「オイルヒーター?ってことは灯油ファンヒーターみたいに中のオイルを補充したりするの?」と思っていましたが、全くそんなことはありませんでした。

 

デロンギのヒーターは電気の力で内部の熱源を暖めるため、密閉された難燃性オイルを通じて放熱するので、燃料の補充や交換の手間は一切ありません。

 

また、オイルヒーターとはまた別の「デロンギ マルチダイナミックヒーター」の場合でも、内部の金属モジュールを通じて放熱するので、こちらも燃料の交換・補充は不要です。

 

⑥複雑な操作がなく、操作が超簡単

私が使っているデロンギのオイルヒーターは電源ボタン、タイマーボタン、温度を回して選択するノブがついているだけで、ボタンが超シンプルです。

 

f:id:warakochan:20190203090448j:plain

デロンギ DeLonghi オイルヒーター

 

リモコンも付属していますが、リモコンもボタンが4つしかありません。

 
でもよく考えたらヒーターの機能なんて電源、温度調節(時間調節)、タイマーくらいで十分なんですよね。

 

たくさんボタンがついていても、実際にこのくらいの機能しか日常的に使いませんから。

 

なのでこのシンプルすぎるボタンの作りは、説明書をあまり読まなくても操作できるほど簡単です!

 

⑦ECO運転機能もあり

デロンギオイルヒーターにはエコ機能もついているので、節電対策もできます。

 

デジタルモデルにはボタンを押すだけで設定温度より少しだけ控えめに運転するエコ運転モードを付いていて、快適さはそのままに、暖めすぎの無駄を省いてくれます。

(オイルヒーターとは別の「マルチダイナミックヒーター」の場合は、一定温度を保てるので更に節約できます。)

 

私が実際に使っているデロンギ オイルヒーターはこんな感じ

私が実際に使っているデロンギのオイルヒーターです。

 

※写真で撮るとモニターの温度表示がバグってしまいますが、ちゃんと表示されています。 

f:id:warakochan:20190203200907j:plain

デロンギ ベルカルドオイルヒーター

f:id:warakochan:20190203200944j:plain

デロンギ ベルカルドオイルヒーター

f:id:warakochan:20190203201007j:plain

デロンギ ベルカルドオイルヒーター

 

商品名:デロンギ ベルカルドオイルヒーター

製品番号:RHJ75V0815

※現在は販売されていませんが、最新モデルが販売されています

 

当時、楽天で42000円ほどでした。

 

「たっか!」と思った方もいるでしょう。

 

確かに一般的なファンヒーターに比べると高い買い物になるかもしれませんが、子供が触って火傷をしてしまうことや部屋の空気の乾燥、ゴミも舞い上げなどを考えたら、安い買い物だと思いました。

 

灯油ファンヒーターだと灯油を買いに行く手間、その都度かかる灯油代、補充する手間、そして灯油を保管しておく必要がありますし、子供がもし灯油に触ってしまったら本当に危険です。

 

ですがデロンギのオイルヒーターなら、燃料補充不要で、コンセントを入れて電源ボタンを押せばすぐに使えます。

  

実際に、私の1歳の息子はデロンギの近くで遊んだりしますが、手作りのゲートをつけているのでいたずらもしないですし、もし触っても熱くないので今のところ何も危険なことは起こらずに過ごせています。

 

↓100円ショップでゲートを手作りして使っています。

f:id:warakochan:20190203201216j:plain

デロンギ ベルカルドオイルヒーター

 

デロンギ オイルヒーターのデメリットはある?

デロンギのオイルヒーターのいいところばかりを書きましたが、もちろん使ってみて気になる点もありました。

 

買ってから「聞いてないよ!」とならないように、私が実際に使ってみて気になった点をご紹介します。

  

①電気代が少し高くなる

どのヒーターやエアコンを使ってもこれは絶対に起こることなので、これは仕方がないですが、電気代はやっぱり上がります。

 

ですが、「オイルヒーター使ってから電気代ヤバイ!ピンチ!!!」という程ではありません。

 

我が家は北国ではないので、日中天気がいいと付けない時間帯もあるので「あ、やっぱり上がったわ」くらいのレベルですね。

 

デロンギの電気代についてはまた下でご紹介します。

  

②部屋が暖まるまでに少し時間がかかる

エアコンや石油ファンヒーターと違うのは、暖かさの速度ですね。

 

エアコンや石油ファンヒーターは電源を入れると割と早く部屋が暖まりますが、デロンギのオイルヒーターの場合は、温風を出さずに部屋の空気を少しづつ暖めていく仕様なので、部屋中が暖まるまでに少し時間がかかります。

 

ですが、「温風を出さず、空気も乾燥させずに暖める」というのがデロンギのオイルヒーターの特徴なので、これは仕方がないですね。

 

ちなみに、最新モデル「デロンギ マルチダイナミックヒーター」は、私が使っているデロンギオイルヒーターの2倍の速度で部屋を暖められるそうです。

 

これも下で紹介します。

 

デロンギ オイルヒーターの電気代は?

私が使っている「デロンギ オイルヒーター」の場合の電気代のシミュレーションがデロンギHPに載っていたので、引用させていただきます。

 

<電気代シミュレーション>

・リビング(10畳):ECO運転

1時間平均/約14.0円(設定温度20度の場合)

※通常運転も場合1時間平均/約18.2円

 

・子供部屋(8畳):ECO運転

1時間平均/約10.6円(設定温度18度の場合)

※通常運転も場合1時間平均/約12.7円

 

・寝室(6畳):ECO運転

1時間平均/約7.8円(設定温度16度の場合)

※通常運転も場合1時間平均/約8.8円

デロンギ ヒーターの電気代は?| 電気代について |ゼロ風暖房デロンギ ヒーター 風が出ないのに、部屋全体が暖かい。

 

ちなみにこちらのページで、使う部屋の大きさなどに合わせて電気代のシミュレーションができます。

 

 

デロンギのオイルヒーターのおすすめ商品をご紹介!

デロンギにはたくさんのオイルヒーターが販売されていて、種類も豊富です。

 

その中でも、我が家の購入候補にも上がっていたモデルや最新モデル等もご紹介しますので、是非お買い物の参考に役立ててください。

 

デロンギ ベルカルドオイルヒーター

最新機能を完備した上位モデル。

私が使っているものと同じタイプです。

 

10〜13畳用【1500w】

 

デロンギ ユニカルドオイルヒーター

やけどしにくい安全設計モデルです。

 

10〜13畳用【1500w】

  

8〜10畳用【1200w】

 

デロンギ アミカルド オイルヒーター

シンプル&使いやすいモデル。

 

 

8〜10畳用【1200w】

 

デロンギ オイルヒーター

スリムデザインモデル。

 

8〜10畳用【1200w】

 

デロンギ オイルヒーター

簡単24Hタイマーモデル。

 

8〜10畳用【1200w】

デロンギ マルチダイナミックヒーターWi-Fiモデル

デロンギには私が買った方のオイルヒーターとは別で、「マルチダイナミックヒーター」というものがあります。

 

こちらは、オイルではなく内部の金属モジュールを通じて放熱するタイプで、従来のデロンギ ヒーターの機能に加えてさらに機能が追加されています。

 

例えば、オイルヒーターに比べると2倍の速さで部屋が暖かくなる、「DeLonghi MDH」のアプリを使えば、電源ON/OFF、温度/電力レベル調節、スケジュール機能などすべての機能が使えます。

 

さらに、Apple TVがあれば、遠隔操作で帰宅前に部屋を暖めたり、消し忘れた際には停止も可能です!

 

アプリ連動・wifi操作対応でいつでもどこでも快適に使えます。

 

10〜13畳用【1500w】

 

デロンギ マルチダイナミックヒーター

快適温度一定キープモデル。(wifi未対応)

 

10〜13畳用【1500w】

 

6〜8畳用【900w】
 

ママになって納得!デロンギのオイルヒーターは本当に買ってよかったアイテム!

以上が、私がおすすめするデロンギオイルヒーターでした!

 

オイルヒーターなんて少し前までは聞いたことがなかったですし、「オイル?なんか使うの難しそう」と思いましたが、灯油ファンヒーターの方がよっぽど扱いに困ります。

 

今まで灯油を買いに行ったり、補充したり、臭い灯油を家の中で保管していたことがバカバカしくなるくらいに、オイルヒーターの方が安全で快適で楽チンです。

 

そして赤ちゃんがいても、動き回っていろんなものに触ろうとするやんちゃ盛りの子供がいても、火傷をしないのが本当に安心です。

 

 

今からヒーターの買い替えを考えている方は、ぜひぜひデロンギのオイルヒーターも検討してみてくださいね。