ママトーク。

1児のママであるアラサー主婦がママとして言いたいことや発信したいことを書き殴るブログ。母、妻、嫁、女としての視点や育児や自分の趣味、Eテレのことも熱く語ります。

私、わら子について。私の詳しいプロフィールやこの世で嫌いなもの。

スポンサーリンク

f:id:warakochan:20181103111803j:plain

 

こんにちは。わら子です。

 
私自身について熱く語っていきたいと思います。
 
興味ない人はスルーしてくださいね。
 
それいいです、うんそれいいんです。
 

まずは管理人わら子を知ってください。

 
名前:わら子
 
わかっているとは思いますが、わら子はもちろん本名じゃないです。
 
ブログを開設する時に、なんとなくパッと思い浮かんだのがこの名前でした。 
 
自分でもびっくりしています。
 
 

私の細かいプロフィール

そんな私は関東圏出身、現在旦那の転勤で関西圏に住んでいます。
 
年齢は2018年時点でアラサー。
 
結婚は現在4年目。
 
1歳の息子を持つ1児の母です。
 
性格は超絶大雑把
 
だけど若干潔癖なので、家で使うタオル類は全て旦那用と私用で分けて使っています。
 
あと水泳は小さい頃に習っていたのに、プールが大嫌い。
 
理由は汚いから。笑
 
だけど温泉は大好き。
 
 
他にもつり革が触れない、共用のスリッパが履けない、旦那の布団は触りたくないという少し面倒くさいところがあります。
 
 

旦那との出会いや結婚まで

旦那は転勤族なので結婚してからは今が2回目の転勤先です。
 
 
20歳で旦那と出会い、23歳で同棲、その2年後に旦那が1年間の海外への転勤が決まりそれを機に婚約、その翌年26歳で6年の交際を経て結婚しました。
 
 
この結婚を機に旦那の新たな転勤先(国内)への引越しを決めたため、約5年働いたIT企業を退社。
 
その2年後に息子を出産しました。
 
 
現在は、息子がまだ1歳ということと、またいつ旦那が転勤が決まるかわからない状況ということもあり、専業主婦をしています。
 
 
昔から日記を書いたり、自分の気持ちを文字に起こしたりすることが好きでした。
 
そんなこともあってブログを始めてみました。
 
 

そんな私の生活は、息子が生まれた途端180度変わった。

 
そんな私は、息子を出産した途端、あっという間に子供中心の生活となり、毎日毎日育児と家事に追われまくっています。
 
 
学生時代は将来のことなんて全く考えず「女なんだし人生なんとかなるっしょ!」精神で大学まで出させてもらい、社会人になってからも貯金なんてしたことないくらい自分の美容代やら遊び代やらにお金を使っていた自由気ままな生活でした。
 
 
仕事を辞めて結婚しても子供が生まれるまでは、朝は好きな時間に起きて(旦那の朝の見送りなし)、テキトーに朝ごはんをつまんで、スマホいじいじ&パソコンいじいじ、その後はテキトーにバイキング(もしくはヒルナンデス)を見ながらテキトーにお昼ごはんをつまんで、そのままグッディ(もしくはミヤネ屋)を見て、「え!?もうこんな時間!?」と夕飯の支度を急いでして、旦那の帰りを待って夜ご飯を食べて、お風呂入って眠くなったら就寝、という旦那には申し訳ないくらいだらだら専業主婦をやらせてもらっていました。
 
 
ですが、息子が生まれた今ではこんなハイパー干物生活は夢のような話。
 
今では息子のために全ての時間を注いでワンオペ育児真っ只中です。 
 
 
旦那は平日は帰りが遅いので、平日の育児は朝起きてから夜の寝かしつけまで私1人で奮闘しています。
 
土日祝日は旦那もまあそこそこやってくれます。
 
そんな育児真っ只中な生活になって思うことは、育児がこんなにハードで自分の時間もないなんて全く思っていなかったし、家族に子供が1人増えるだけでこんなにも生活が変わるのかと毎日驚いています。
 
なので、「ああ・・・私だってたまには飲みにいきたいよ・・・」と思ってみたり、「私の自由時間を・・・くれ・・・」と思ったり「寝てぇ・・・」と思ったりしますがなんとか生きています。
 
 
何が言いたいかっていうと、息子は本当に私の生きがいです。
 
 

実は一時期、私は離婚がしたくてしたくて悩んでいた。

実は私は子供が生まれて数ヶ月経った頃、旦那と離婚をしたくてしたくてものすごく悩んでいたことがあります。
 
理由はいろいろあるけれど、やっぱり結婚してみないとわからないことが多すぎるし、さらに言えば子供が生まれると環境も心境も変わる。
 
神様の前で愛を誓ったはずなのに、なんでこんなにも旦那を愛せないのかと悩んだこともたくさんありました。
 
そして私は人生を変えるつもりで旦那に「離婚をしたい。お願いだから離婚してほしい」と話しましたが、子供もいるし私の経済力がないことでその話はおじゃんになりました。
 
それが私はものすごく悔しくて「時間がかかっても自分が納得のいく人生にしたい」とそれ以来強く思うようになりました。
 
まあその頃に比べれば離婚したい欲は少し落ち着いてしまっていたりもするのですが、「離婚」という形に限らず、自分の納得いく人生を歩みたいと日々思っているところです。
 
 
↓離婚を切り出して撃沈した話はこちら
 

そんな私には大嫌いなものがある、それは義家族★

 
そんな私には大嫌いなものがあります。
 
それはゴキブリもそうですしお化けもそうですが、義家族が大嫌いです。
 
正確に言えば義母ですね。
 
義母は本当に「詐欺かよ?」と思うくらいに、私と旦那が結婚した途端に豹変しました。
 
「なんでこんな家に嫁に行ってしまったんだろうか・・・」と思うくらいに、義母が大嫌い。
 
別の記事で詳しく書いていきますが、なんでこんなにも結婚したってだけで義理の家族とのつながりが濃いんだろうかと思ってしまうくらいに、毎回会うたびに義母が暴走するので悩まされています。
 
また、私のツイッターでは義母大嫌いなお嫁さんのフォロワーさんが多くて、「私だけじゃないんだ!!!」と励まされています。
 
義母との話もいくつか書いていますので、読んでもらえたら嬉しいです。
 
 

Twitterもやってます!お気軽にフォローミー。

 

Twitterもやっています!気軽にフォローしてください。

 

ツイッターではブログに書くほどではないけど「ちょっと聞いてよ」的な小言をつぶやいています。

@warakochan_Tw

 

 

最後に・・・

こんな私のことについて最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
 
このブログでは私自身の話もあれば、育児のこと、子供のこと、そして旦那や義家族への不満も書いていきます。
 
このブログでは「女のホンネ」がテーマですので、あまりオブラートに包まずに書いていきたいと思っています。
 
よろしくお願いいたします!