オンナトーク。

アラサー既婚・専業主婦。1児のママ。結婚・出産をして幸せなはずなのに、なぜか毎日が寂しい。結婚生活のイライラや不満、旦那とのセックスレス、嫁姑問題、ママ友、子供関連の話など嫁・妻・母・女としての日々を綴っています。

【子供が水や麦茶を飲んでくれない】子供が水分補給をしてくれない時に私がやった8つのこと&飲まない時の対処法とは?

スポンサーリンク

【子供が水や麦茶を飲んでくれない】子供が水分補給をしてくれない時に私がやった8つのこと&飲まない時の対処法とは?

こんにちは、わら子です。

 

赤ちゃんや小さいお子さんを育てているママさんの中には「うちの子本当に水もお茶も飲んでくれない・・・」と悩んでいる方が多いと思います。

 

特に夏場は困りますよね。

 

そんな私も息子が10ヶ月頃に真夏だったこともあり「母乳以外にも水をしっかり飲ませたい」と思い、あらゆる手段でマグで水を飲ませようとしましたが、まったく飲んでくれずお手上げ状態でした。

 

ですがそんな私を悩みに悩ませまくった息子も、1歳2,3ヶ月頃からは自分で上手にストローマグで水を飲むようになり、1歳7ヶ月になった今では自分でマグを探して一人でゴクゴク飲んでいます。

 

お水を飲んでくれない時期は何をやってもダメで本当~に悩みました。

 

そんな私が試行錯誤をして、やっとお水を自分で上手に飲むようになった息子の経験から、子供がお水を飲むようになるまでやったことをご紹介したいと思います。

 

 

夏場の赤ちゃんは母乳やミルク以外の水分補給が大事!

赤ちゃんは汗っかきで代謝も良いので、赤ちゃんは大人よりも脱水症状になりやすいとも言われています。

(これを聞くとなかなか水を飲まないお子さんのママはゾッとしてしまいますよね。でもそうなんです。)

 

そのため、ある程度の月齢になると母乳やミルク以外に水分補給をしてあげることが大事になります。

 

ですが、新生児から~生後2ヶ月頃までの赤ちゃんは、母乳やミルク以外水分補給は必要ないと言われていますので、水分補給はしなくても大丈夫です。

 

その後の2~6ヶ月頃前でも基本的にはミルクや母乳を優先して与えることが大事ですし、母乳はいくらでもあげても良いと言われているので、喉が渇いていそうだったら母乳で水分補給をしてあげましょう。

 

ですが6ヶ月以降は離乳食も始まるので少しづつママも断乳・卒乳を考え出しますし、補助的に水筒を持ち歩くママが増えてきます。

 

 

うちはCombiのテテオマグセットで麦茶デビュー!

息子が7ヶ月くらいの頃に冬が終わり、春になったことを境に息子に麦茶デビューをさせました。

 

その時に使ったのが「Combi(コンビ) テテオ パーティーマグ 離乳ナビセット Neo」です。

 

このセットはこれだけのものがセットになっています。

Combi(コンビ) テテオ パーティーマグ 離乳ナビセット Neoの中身

(300ml用のストローは紛失してしまいましたが、これだけ揃っています!)

 

このセットは、生後5ヶ月頃からを対象に月齢に合わせてボトルの口を変えることができます。

 

最初は口を哺乳瓶タイプのものに、その後はストローの練習にもなるスパウトタイプのもの(細いタイプと太いタイプの2種類)、コップで飲む練習用の直飲みができるタイプ、ストロータイプ、またスプーンまでついています。

 

これを出産祝いでくれた友人はすでにママだったこともあり「うちの子もこれ一式使ったんだけど、これ全部揃っててすっごい良かったから!」と言ってこのセットをくれました。

 

最初は哺乳瓶タイプで飲ませることに。

最初はこのCombiのマグセットの、口が哺乳瓶のタイプのものを使って麦茶をあげていました。(スプーンは飛ばしました)

 

息子も哺乳瓶は寝る前のミルクをあげるときに普段から使っていたので「口が哺乳瓶なら飲めるだろう」と思い与えてみましたが、チュッチュッチュと飲むもののまあ減っていない。

 

息子は哺乳瓶に離れているはずなのに、なぜだかこのCombiの哺乳瓶タイプだと全然減っていませんでした。

 

もしかすると「いつも使っている哺乳瓶乳首よりこのCombiの哺乳瓶タイプの乳首の方が柔らかいから飲みづらいのかな?」と思い、作戦を変更してみました。

 

ストローの練習もかねてスパウトタイプに変更!

その後、平たいストロータイプで変更してみました。

 

こちらもどちらかというと、寝ながら(少し横になりながら)じゃないと出てこないタイプのため、抱っこして体を傾けて飲ませる必要がありました。

 

すると、ごくごく飲むもののやっぱり中身はそんなに減っていない。

 

だけどわずかには減っているので、ストローの練習をさせがてらしばらくはこれで飲ましてみることに。

 

その後は周りの友達の子が「ストローで飲んでいる」という子が増えたのもあり、「吸う」ということはわかってきたような気がするので、スパウトタイプは卒業することに。

 

次は細いストロータイプへ変更してみる!

「じゃあストロータイプならどうだ!というかストローに慣れてくれたらすごい楽だな!」と思い、細いストロータイプへ変更してみました。

 

その頃息子はまだ一人でお座りができていなかったので、体を支えながらお座りをさせるか抱っこをするかして、ストローで飲ませました。

 

意外にも数日で上手にストローを吸えるようになったので、水も上手に飲めるようになりました!!!

 

「よっしゃ!これでストローマグデビュー完了!」と思ったのもつかの間、その後、息子の麦茶もお水もマグもイヤイヤ状態がかなり長く続き、まあ大変でした。

 

卒乳に向けてしっかり水分補給はして欲しいし、マグでしっかり飲んで欲しい。

 

そんな息子が10ヶ月頃から私と息子の水分補給戦争は始まったのです。

 

  

息子よ麦茶を飲んでくれ!水分補給をさせるために私がやった8つのこと。

うちの息子は10ヶ月頃から離乳食が3回食になり、そして母乳もだんだんと欲しがらなくなりました。

 

それなのにお水や麦茶は嫌がって飲まないのです・・・。

 

当時の息子の水・麦茶イヤイヤ症状はこんな感じでした。

 

・ストローマグを嫌がって口をつけない

・口をつけても少し飲んでやめる(本当に1ゴクリくらい)、

・ストローマグをもはやおもちゃだと思って遊ぶ(でも飲まない)

 

結局、1日5ゴクリしたらいい方でしたし、1日に30mlくらいしか減っていないこともよくありました。

 

そこから私は、ありとあらゆる手段で息子に水分補給をさせようと必死になりました。

 

その結果、私がいろんなことを試しに試した試行錯誤の末、いろんなことをやって息子に「水を飲む」ということを教え込みました。

 

その方法をご紹介します!

 

①マグボトルの口を変えてみる

上で紹介した友人から出産祝いでもらった「Combi(コンビ) テテオ パーティーマグ 離乳ナビセット Neo」の中に、まだ使っていないマグの口がありました。

 

それは直飲みタイプ。

 

 

ストロータイプを嫌がるのなら、いっそのこと直飲みタイプでもいいのでは?

 

これをマスターしてくれたらコップでも飲めるだろうし!

 

と思い、マグの口を直飲みタイプにも変えてみましたが、この頃の息子はまだ1歳になる前ということもあり、直飲みだと上手に飲めず、ダラダラ~~~と口から麦茶が溢れてきてしまいました。

 

その後何度か練習させましたが、やっぱり溢れて洋服が水浸し。

 

少量の水を少しづつ口に含ませても、やっぱりダラ~~~。

 

この月齢の子に直飲みはまだ難しかったです。

 

②麦茶の味を濃くしてみる

私は和光堂の麦茶の粉末タイプを使っていました。

 

↓使っていた麦茶はこれです

この和光堂の粉末麦茶には「袋1包あたり100mlの水で作る」と書いてありましたが、それで作ると濃すぎるんですよね・・・

 

明らかに色も濃いし、味も濃い。

 

なので普段はかなり薄めて作っていましたが、その味が嫌だったのか?

 

「むしろ私が薄め過ぎていた?もっと味が濃い方が飲むのか?」と思い、和光堂の麦茶を箱に書いてある通りの濃さで作ってみました。

 

だけど逆に息子にとってもやっぱり濃過ぎたのか、少し飲んで「イヤイヤ!」という感じでした・・・

 

 

③麦茶を水に変えてみる

私は「麦茶をあげなきゃ麦茶をあげなきゃ!」となんとなく思って麦茶を与え続けていましたが、「そもそも麦茶の味が嫌なのでは?」と思うように。

 

そこで2Lのペットボトルの天然水を買ってきて、それを与えてみることに。

 

最初は中身が透明だし、今までのような麦茶色をしていないし、少し珍しそうに見て飲んでくれました!

 

だけどやっぱり少しすると「イヤイヤ!」が始まり、結局水もダメでした。

 

 

③水に味をつけてみる

ここで考えたのが「水も麦茶も甘くないし特に味もないから嫌なのか?」ということ。

 

他のママ友からは「りんごジュースをあげてみたら?」と言われることもありましたが、私の中ではジュースは最終手段だと思っていました。

 

「ジュースをあげたらもう麦茶や水は飲んでくれなくなる!」と思っていたので、ひとまずジュース案は後に回すことに。

 

そこで考えたのが、水に少し味をつけてみること。

 

それは水に果物を混ぜるという方法です。

 

当時息子はキウイが大好きだったので、キウイを細かく刻んで水に混ぜてみることに。

 

するとおしゃれなカフェで置いてあるようなフルーツたっぷりのデトックスウォーターのようになり、私も作っていてテンションが上がりました。笑

 

それを「キウイだよ!」と教えて飲ませると、ゴッッックゴク飲みました!!!!

 

「やっぱり味か!しかも大好きなキウイなら飲んでくれるのか!」と思い、ゴクゴク飲んでくれる息子の姿に感動。

 

その後はしばらくはキウイウォーターを飲んでくれていたので、息子にはキウイウォーターを毎日作ってあげるようにしました。

 

 

ですがしばらくすると味に飽きてくるのか、次第に飲まなくなり「イヤイヤ!」が始まりました。

 

その後はオレンジを混ぜたりしましたが、最初は飲むけどまた嫌になる時期が来るという感じでした。

 

「大好きなキウイでもダメか・・・」と凹み、次の案を考えることに。

 

④マグボトル自体を変えてみる

マグボトルは友人から出産祝いでもらった「Combi(コンビ) テテオ パーティーマグ 離乳ナビセット Neo」の口を変えながらずっと使っていましたが、「息子はもうこのマグ自体に飽きたのか?このマグ嫌?このマグがいけない?」と思うように。

(もうこの頃から思考がおかしくなっていた)

 

そこで子供用マグメーカーでおなじみのRichell(リッチェル)の「おでかけストローマグ200」を買ってみることに。

 

↓これ

Richell(リッチェル)の「おでかけストローマグ200」

 

すると、やはり珍しいようで食いつきがすごく良かったです。

 

だけど時間が経つと毎度のことながらやはり「イヤイヤ!」が始まる。

 

やっぱりマグじゃないか・・・

 

ですが、リッチェルのマグは軽くて可愛いし、部品もパーツごとに購入して交換ができるのでとても良いです!

 

現在でもこのリッチェルの「おでかけストローマグ」は愛用中です。

 

 

⑤思い切ってコップに変えてみる

「もうマグなんていいや!ストローなんていいや!」と思い、子供用のコップで直飲みをさせるということにも挑戦しました。

 

ですがやっぱりまだ1歳ちょっとだと、こぼす!濡れる!投げる!びちゃびちゃになる!

 

これは親の見張りが必要だし、本当に大変なので速攻でやめました。

 

⑥ミルクを飲んでいた哺乳瓶で麦茶を与える

「もうこの子はボトルで飲むこと自体が嫌なのか!?」と思い、1歳直前までミルクを飲むときに使っていた哺乳瓶で麦茶を飲ませてみることに。

 

「これは外ではあまりできないけど、家の中だけでもきちんと水分補給をしてくれればなんでもいいや!」と思い、哺乳瓶で麦茶をあげてみるものの、哺乳瓶自体を嫌がられる。

 

もうこの頃には1歳2ヶ月くらいだったため、横になって飲むということが嫌なようでした。

 

これもダメか・・・

 

⑦ミルクを薄めて与えてみる

「そういえば」と思いゴソゴソ探してみると、乳児用ミルクのキューブ(うちは明治ほほえみ派でした)が残っていたので、それをお湯で溶いて水に混ぜてあげてみることに。

 

するとゴックゴク飲む!!!

 

水が200mlに対してミルクをほんの少ししか入れていないのに、それでも一気飲みするくらいに飲む。

 

「味は薄くてもやっぱミルクは毎日飲んでたから味覚えてるのかな~」と思ったけど、これいつまで続ける???

 

ミルクを少~し混ぜるだけで水を飲むけど、そのためだけにまた乳児用ミルクを買うのか?(もうミルクは飲んでいないのに)

 

お出かけの時に白い液体を水筒に入れて持ち歩くのか?

 

今後のことを考えると、やっぱりこれはダメだ・・・

 

 

⑧私もストローで飲む&一緒に話しながら飲む

「お水を飲むことを私も同じようにやれば覚えてくれるのではないか?」と思い、私も家の中では常にストローで水や麦茶を飲むようにしました。

 

「ちゅ~~~ゴクゴク。チャチャ(お茶のこと)美味しいね!」と息子に話しかけながら私がストローで飲んでいるところを見せ、「一緒に飲もう!」とストローマグを差し出すと、息子も同じようにしたいのか、一緒に飲んでくれるようになりました。

 

「そうか!やっぱり大人と同じことしたいよね!」と思い、しばらくこれを続けていると、次第に息子が何も言わなくても自分からストローマグで水を飲んでくれるようになりました。

 

そしてその後は「チャチャは?」と聞くと、自分で麦茶の入ったストローマグを探しに行き、ゴクゴク飲むようになってくれました!

 

 

ママが子供と同じことをする・話しかけながら一緒に飲むことが息子にとってよかったのかなと思います。

 

「やっぱり大人の真似って大事なんだな」と改めて思いました。

 

だけど今思うことは「諦めも大事」。マジで。

上で書いた通り、うちの息子の場合は「私が息子と同じことをする」ということが当たり、やっと自分からお水を飲んでくれるようになりました。

 

ですが、当時は本当~に水を飲んでくれませんでした。

 

当時はもう母乳は自分からは欲しがらず、月齢的にももういいかなと思い卒乳もしましたが、卒乳後も1日50mlしか飲まないという日もありました。

 

他の子が上手にマグボトルで麦茶を飲んでいると「いいな~ちゃんとお水を飲んでくれて・・・」と思ってしまうし、いろんなママ友にもどうやったらお水を飲んでくれるようになるかをたくさん相談していました。

 

その結果、上で書いたようないろ〜んなことをやり、最終的にはうちの息子は1歳2,3ヶ月頃から自分でゴクゴクお水を飲むようになりました。

 

 

だけど息子がやっとお水をゴクゴク飲むようになってくれてから思うことは、「諦めも大事」ということ。

 

当時、栄養士さんや保健師さんにも相談したところ、「おしっこの回数も問題はないしご飯はきっちり量もしっかり食べるから、そんなに心配しなくていいよ」と言われました。

 

そして先輩ママからは「そういう時期あるけど、歩いて動くようになって汗かけば勝手に飲むから大丈夫!」とも。

 

その言葉に「ほんとかよ~~~??」と思っていましたが、確かにその通りだと思います。

 

1歳2ヶ月くらいまでだと歩いてもヨチヨチなので息が上がるほど動き回らないから、そこまで水分を欲しないのかもしれません。

 

また、3食食べているご飯にも大人が思っている以上に水分は含まれているそうです。

 

ご飯をしっかり食べるだけでも、子供によってはそこまで喉が乾かないんだとか。

 

 

当時は「どうしようどうしよう。全然水を飲んでくれない。他の子はみんなゴクゴク飲んでるのに」と悩むことも多かったですが、子供は子供のペースで成長をするし、少しづつマグボトルの使い方も水の飲み方も知って、水を欲するようになります。

 

あんなに悩んでいたのがバカバカしいくらいに、今では息子は自分から飲み終わったボトルを私の方に持ってきておかわりをねだるようになりました。(現在1歳7ヶ月)

 

 

だって水を飲めない大人はいないし、コップを使えない大人はいない!!!

 

「いずれはみんな飲めるようになるんだから、それを無理やり飲ませようとすること自体が良くなかったな~」と今は思います。(今は・・・当時は考えられなかったですけど)

 

私が当時やっていたどうしても飲まない時の対処法!

それでもやっぱり「子供が全く水を飲んでくれないから不安!」という人はいると思います。

 

そんな時、私が上で紹介した以外でもやっていたことがあるのでご紹介します。

 

①子供の食事にスープを出す

子供の食事に毎回スープを作って与えていました。

 

「水分補給をさせる」と思うとどうしてもストローマグやコップで水を飲ませることを優先に考えてしまいますが、1日3回の食事でスープを作って食べさせるだけでも、これも立派な水分補給です。

 

当時の私は水分補給にはかなり神経質になってしまっていたので、その頃の息子の月齢で必要な量の水分量を3で割って、その量のスープを食事ごとに与えていました。

 

また、スープでなくてもご飯にダシ汁やお味噌汁の上澄みをかけて食べさせたりもしていました。

 

今思えばこれだけでも十分です。

 

②氷を食べさせる

これはあまりおすすめしませんが、氷を溶かして子供が喉に詰まらせないくらいの小さ~いサイズにしてから、子供の口に含ませるということもやりました。

 

夏場は息子も冷たいものが口に入ると面白いようで喜んでいました。

 

ですがやりすぎるとお腹が冷えてしまうのでやりすぎには注意ですし、必ず小さく溶かしてから与えるようにしてください。

 

③フルーツをちょこちょこ与える

やっぱりフルーツは水分量が多いです。

 

みかんやオレンジ、キウイ、イチゴなど、月齢に合わせて子供が食べやすいフルーツをちょこちょこ食べさせるという方法もおすすめです。

 

私はお昼ご飯から夜ご飯まで時間が空くおやつの時間帯や、なかなか水を飲んでくれない時間帯が続いた時にフルーツを食べさせたりしていました。

 

 

ママは水分補給で悩むけど大丈夫!いつか必ず飲むから。

ママとしては、子供がなかなか水分補給をしてくれないと悩んでしまいますよね。

 

特に水を飲ませようとした時に「イヤイヤ!!」と泣いて拒否をされてしまうと、もうお手上げ状態になってしまいます。

 

ですが大丈夫です。いつか子供は水を飲みます。

 

これは悩みに悩んだ私がすごく実感しています。

 

 

子供であっても人間は絶対に水分を欲する時が来るし、マグボトルを近くに置いておけば喉が乾けば勝手に飲みます。

 

私は悩んでいた最後のほうは「もう勝手にして!」と思い、マグボトルを息子の近くに置くだけという時期もありましたが、気づけば勝手に息子がマグボトルを自分で持って飲んでいたりしていました。

(今となっては私から息子に飲ますことは少なく、家では常にそうしています)

 

当時、息子の水分補給のことで悩んで何度も息子の口にストローマグを運んでいた私ですが、今思えばあの頃は息子と私の水分補給のタイミングが合わなかっただけなんだと思います。

 

 

ママとしては水分が取れているか心配になってしまいますが、水を飲めない大人はいません。

 

いずれ時間がかかっても必ず飲めるようになるので、今はお子さんが自ら水分補給をするまで温かく見守ってあげてください!