人生模索中主婦のおしゃべり帳-ママと妻、時々嫁の殴り書きブログ-

ママ・母・妻・嫁の目線から喋りたいことだけを喋るブログ。おかあさんといっしょやお役立アイテム情報も

子供が悪いことをしたら叱るのはかわいそう?公共の場で怒ることの難しさとは?

スポンサーリンク




子供が悪いことをしたら叱るのはかわいそう?公共の場で怒ることの難しさとは?

 

子供が悪いことをしたら、親がしっかり叱るのは大事なこと。

 

ですが、それが公共の場になると話が変わってきます。

 

子供を怒るのにも周りの目を気にしなければいけないし、しっかり親が怒らなければ周りに迷惑をかけることにもなるのです。

 

そんな中、私が公共の場で子供を怒っていた時に周りの人に言われた一言が、なんだかモヤモヤする言葉でした。

 

その体験も踏まえて、公共の場で子供を怒ることの是非について考えていただければと思います。

 

子供を怒るのはかわいそう?公共の場で悪いことをしても叱ってはいけない?

先日、私は2歳の息子とスーパーに出かけたのですが、息子はいつも通りベビーカートを嫌がり「歩く歩く」と言うので、息子と買い物をし始めました。

 

すると、私が買い物かごをとっている間に息子は、野菜売り場の玉ねぎをボンボン床に投げ始めてしまいました。

 

それを見て私は「こら!」「ダメでしょ!」と息子が投げた玉ねぎを拾いながら息子を叱っていました。

 

だけど息子はまた違うところに走り、同じように違う食材を床に投げつける。

 

そして私はもう一度「もうやめなさい!」と怒る。

 

もちろん手は挙げていないし、スーパーに響き渡るくらいに怒鳴るようには怒っていない。

 

するとそれを見たおばあさんに「子供のやることなんだからいいじゃない!そんなに怒ったらかわいそうよ!子供相手に怒りすぎよ!」と言われました。

 

その時私は子供に怒っていたのもありイライラしていたので、そのおばあさんの言葉にももちろんイラッとしました。

 

息子のこのような行動はこの日だけではないし、息子と二人で買い物に行くとほぼ毎回こうなるので予想はしていたものの、やっぱりわかっていても「やめなさい!」という言葉は出てしまう。

 

 

また、ベビーカートも手を繋いで歩くことも嫌がる年頃の子供を連れての買い物は、本来なら1分で終わる買い物も10分くらいはかかる。

 

あっちこっちに行ってしまう子供を連れながら、買わなければいけない物を思い出し商品を探してレジに並び、お会計をする。

 

子供を連れていない人にとってはすぐに終わることも、子供がいたら思うようにはいかないし、何倍もの時間がかかる。

 

そんな中で「子供を怒るな」と赤の他人に言われたので、私としては「じゃあ1回でいいから代わってくれよ・・・子供を怒らずに我が家が必要な食材を買ってきてください」というのが本音でした。

(もちろんおばあさんに言ってはない)

公共の場で怒るのはある意味パフォーマンスでもある

正直なところ、公共の場で子供を叱るのはパフォーマンスでもあると思っています。

 

売り物の食材を子供が床に投げた時、お店や店員さんからすれば「おいおい・・・売り物なんですけど・・・」と思うに違いない。

 

もちろん子供がやることなので、「弁償してください!買い取ってください!」なんてお店から言われたことはないし、商品自体は割れたり傷ついていないので、私も元の場所へ戻して立ち去ってしまう。

 

だけどそんな時、親が「こら!ダメでしょ!」と言えば「まあ子供だし仕方ないか。親もしっかり怒ってくれてるし」と思ってくれるはず。

 

少なくとも私は自分が店員だったら親がしっかり子供を叱っているなら「仕方ないな」と思うので、私は店員さんに「すみません、ちゃんと叱りますから」の気持ちも込めてまだ完全に言葉がわかっていない子供に対しても怒るようにはしている。

 

 

そしてもちろん子供を叱った後、それを見ていた近くの店員さんに「すみません」と一言謝るようにはしている。 

 

なのである意味「公共の場で子供を叱る=きちんと子供は叱っておきますから・・・本当にすみません」というお店への謝罪も含めた親によるパフォーマンスでもあるのです。

私が怒らなかったら「なんで怒らないの?」と思われるパターンも

ではもし私がその場で息子を一切怒らずに、黙って息子が投げた食材を拾い元に戻し、何もなかったかのようにその場を去ったらどうなっていたのか。

 

きっと「あの親全然怒らないな」「なんで叱るべきところでちゃんと叱らないの?」「最近の親は・・・」などと思われるに違いない。

 

これはこれで悪い印象を与えてしまうはず。

 

実際に私も、キッズスペースや支援センターなどで子供が悪いことをした時に全く子供を叱らない親を見て「なんで叱らないの?だからまたやるんじゃん・・・」と冷めた目で見ている。

 

「子供が悪いことをしたらその場でしっかり叱る」

 

これは当たり前のことだと思っていたけど、叱ったら叱ったで「子供相手に何そんなに怒ってるの?」「こんなことで子供が怒られてかわいそう」と思われる、不思議な世の中なのです。

 

公共の場で子供をどのくらいの力で叱るのかは難しいところ

母親になって思うことは、「家の中での育児と公共の場での育児は全く違う」ということ。

 

公共の場では、周りの目もあるしお店や他の人に迷惑をかけてはいけないので、母親自身も少し緊張感がある。

 

家の中なら迷惑がかかるのは家族だけなので、少し甘やかし経っていいのかもしれない。

 

一方、赤ちゃんからお年寄りまでいる公共の場では、多くの人がいて他の人に迷惑をかけてはいけないからこそ、公共の場ではしっかり叱るべきだと私は思う。

 

だけどそれが見る人によっては「子供がかわいそう」「怒りすぎ」「母親が怒りたいだけ」と思われることもあるのです。

 

公共の場でどのくらいの力で子供を叱るのかは難しいですが、一つわかって欲しいことは未就学児の場合は、毎日朝から晩まで子供と母親は一緒にいるのです。

 

毎日一緒にいて子供に振り回されていれば、母親だってストレスは溜まる。

 

そりゃあ子供を怒る時だってあるけど、その分しっかり一緒に遊んで、ちゃんと褒めてギュッと抱き締める時だってある。

 

一部分だけを見た他人が「子供がかわいそう」「あの母親が・・・」なんて言うのはおかしいし、だったら育児に口出しするのではなく、この大変な時期の育児や買い物をぜひ手伝って欲しいものです。