人生模索中主婦のおしゃべり帳-ママと妻、時々嫁の殴り書きブログ-

ママ・母・妻・嫁の目線から喋りたいことだけを喋るブログ。おかあさんといっしょやお役立アイテム情報も

NIPTは医療費控除の対象になる?新型出生前診断のカウンセリングも対象外?

\ よかったらシェアしてください /

スポンサーリンク




NIPTは医療費控除の対象になる?新型出生前診断のカウンセリングも対象外?

 

お腹の赤ちゃんの染色体異常などの病気や障害を調べるために、妊娠中にNIPT(新型出生前診断)を受診する妊婦さんはとても増えています。

 

NIPTの料金は多くのクリニックで10万円以上、高いプランになると20万円を超えるものもあるため医療費控除の対象になると嬉しいですよね。

 

そんなNIPT(新型出生前診断)は医療費控除の対象になるのか?検査前のカウンセリングは?など、詳しく解説していきます。

 

NIPT(新型出生前診断)は医療費控除の対象になる?

f:id:warakochan:20210130164913p:plain

 

NIPT(新型出生前診断)とは、「Non-Invasive Prenatal genetic Testing(略称:NIPT)」を意味し、妊娠の10週後以降に行うことができるスクリーニング検査(非確定的検査)のことです。

 

妊婦さんの血液を採取しその血液の中に含まれる胎児のDNAのかけらを調べることで、お腹の赤ちゃんの染色体異常がないかを調べることができます。

 

多くのクリニックでは検査費用に20万円前後かかるため、金銭面で負担の大きい検査となります。

 

また、クリニックによっては検査前にカウンセリングがあり、そのカウンセリング料として別途費用がかかる場合もあります。

医療費控除とは?

まず医療費控除とは、1年間に多くの医療費を支払った場合(一般的には10万円超)に、所得税が安くなる所得控除という制度の一つです。

 

例えば1年間に15万円の医療費を支払っていて医療費控除額が5万円だった場合、一般の会社員であれば税金は1万円ほど安くなります。

NIPTは医療費控除の対象外

そんなNIPT(新型出生前診断)の検査は、残念ながら医療費控除の対象外となります。

 

また、NIPTのカウンセリング料についても同じく、医療費控除の対象外です。

NIPTが医療費控除の対象外の理由

なぜNIPTが医療費控除の対象外なのでしょうか?

 

その理由は国税庁「母体血を用いた出生前遺伝学的検査の費用」によると、このように説明されています。

 

医療費控除の対象とはなりません。

医師又は歯科医師による診療等の対価として支払われるものは医療費控除に該当しますが、いわゆる人間ドックその他の健康診断のように疾病の治療を伴うものではないものは、医療費控除の対象とはなりません。

 

しかし、健康診断の結果、重大な疾病が発見され、引き続きその疾病の治療を行った場合には、治療に先だって行われる診察と同様に考えることができますので、その健康診断のための費用も医療費控除に含まれます。

 

本件検査は、胎児の染色体の数的異常を調べるものであって診断の一種であり、また、本件検査を行った結果、染色体の数的異常が発見されたとしても、それが治療につながらないとされていることからすると、本件検査は妊婦や胎児の治療に先だって行われる診療等と解することはできません。

 

したがって、本件検査に係る費用は、医療費控除の対象となりません。

引用:母体血を用いた出生前遺伝学的検査の費用|国税庁

 

つまり、上の説明をわかりやすくまとめるとこのようになります。

 

● 控除対象に該当するのは「医師や歯科医師の診療などの対価として支払われる費用」

● NIPTは、主に妊婦さんやその家族が出産に備える目的で受検することが多い検査

● NIPTで胎児の染色体異常の可能性を調べたとしても治療につながらない

 

上の理由から、NIPTの検査もカウンセリングも治療を目的としたものではないため、医療費控除の対象外となってしまうのです。

妊娠・出産で医療費控除の対象になるもの・ならないもの

f:id:warakochan:20210130165828p:plain

 

NIPT検査は医療費控除の対象外となってしまいますが、今後妊娠を継続し出産をする場合、妊娠・出産に関わるもので医療費控除の対象・対象外となるものがあります。

 

今後のためにもしっかり知っておきましょう。

妊娠・出産で医療費控除の対象となるもの 

妊娠・出産に関わるもので医療費控除の対象となるものがこちらです。

 

● 妊婦定期健診費

● 入院費

● 分娩費

● 赤ちゃんの入院費

● 通院・入退院時の交通費

● 緊急時のタクシー代

● 産後1カ月健診

● 母乳外来等(治療目的

● 不妊治療費

妊娠・出産で医療費控除の対象外となるもの 

また、NIPTと同じように、妊娠・出産で関わるもので医療費控除の対象外となるものもあります。

 

● 妊娠検査薬代

● 車通院時のガソリン代

● 予防接種等(医師判断での実施は対象)

● 入院中の差額ベッド代

● 里帰り出産時の交通費

● 入院用パジャマや洗面道具などの費用

● 赤ちゃんのおむつ代やミルク代 

 

これらは医療費控除の対象外となるので注意です。

人気でおすすめのNIPTクリニック3選


そんなNIPT(新型出生前診断)を受けられるクリニックは、全国に多くあります。

 

中でもNIPT検査に定評があり人気でおすすめのクリニックを、厳選してご紹介します。

【全国】平石クリニック

f:id:warakochan:20210414180430j:plain

画像引用:新型出生前診断(NIPT)なら【NIPT平石クリニック】

 

平石クリニックは、全国各地(北海道・新潟・東京・埼玉・愛知・滋賀・京都・大阪・広島・山口・福岡・沖縄)でNIPTの検査を実施しているクリニックです。

 

東京だけでも8ヶ所に提携院があるほど大きなNIPTクリニックです。

 

2019年度の顧客満足度95%、2020年1-7月期の顧客満足度97%を獲得するなど、多くの妊婦さんたちに選ばれています。

平石クリニックの特徴

● 顧客満足度97%を獲得

● 全国各地に系列クリニックがある

● 東京だけで8ヶ所あるのでアクセスの良いところを選べる

● 土日祝日も予約可能

● 年齢制限など検査を受けるための条件が少ない

● 認定遺伝カウンセラーが在籍していて検査前後、何度も無料で相談できる

● 検査後のフォローも充実

● 検査結果が陽性の場合、羊水検査費用は全額負担してくれる

● 子供も連れての受診もOK

● 検査費用は198,000円〜

 

 

\ 顧客満足度97%の実績あり! /

平石クリニックをチェックしてみる

【全国】ラジュボークリニック

f:id:warakochan:20210414182539j:plain

画像引用:NIPT(新型出生前診断)|ラジュボークリニック

 

ラジュボークリニックは東京・愛知・大阪・福岡・沖縄にあるNIPTクリニックです。

 

「一人でも多くの妊婦さんに安心してもらいたい」という思いから8万円台から受けられるプランがあり、価格が安いのも特徴です。

ラジュボークリニックの特徴

 8万円台から受けられるプランあり

● 認定遺伝カウンセラーの無料相談あり

● 土日でも検査が可能

● 一度の来院で検査時間は30分程度

● 検査は年齢制限なし・一人での受診可能

● 検査結果が陽性の場合、その後の羊水検査費用は全額負担してくれる

● 検査費用は88,000円〜(13、18、21染色体検査のみ)

 

 

\ 8万円代からNIPTを受けられる! /

ラジュボークリニックをチェックしてみる

【東京・大阪】八重洲セムクリニック・奥野病院

f:id:warakochan:20210414121534j:plain

画像引用:出生前診断(NIPT)なら実績・専門性で選ばれる産婦人科クリニック|八重洲セムクリニック

 

東京にある「八重洲セムクリニック」・大阪にある「奥野病院」は名前は異なりますが、同じ系列のクリニックとなります。

 

八重洲セムクリニック」「奥野病院」は、NIPTを日本に広めたクリニックで国内最大級の検査実績を誇ります。

 

実績40年以上の産婦人科医師が担当し口コミも高評価、さらには陽性時の際の羊水検査や人工中絶対応も同じ病院で対応可能です。

八重洲セムクリニック(奥野病院)の特徴

NIPTを日本に広めたクリニック

● 国内最大級の検査実績で総検査数100,000件を突破

● 毎月300名以上の方が予約している人気病院

検査に年齢制限なし

● 検査を担当する産婦人科医師は、国際出生前診断会の会員・実績40年以上で安心

● 陽性時の際の羊水検査や人工中絶対応も同じ病院で対応可能

● 東京は「八重洲セムクリニック」・大阪は「奥野病院」と名前が異なる

● 検査費用は215,600円〜

 

 

\ 東京で探すなら! /

八重洲セムクリニックをチェックしてみる

 

 

\ 大阪で探すなら!! /

奥野病院をチェックしてみる

東京・大阪・名古屋のおすすめNIPTクリニック

上でご紹介したクリニック以外でも、東京・大阪・名古屋のおすすめNIPTクリニックをまとめています。

 

地域別に詳しく見たい方は、ぜひ下の記事も参考にしてみて下さい。

 

東京のおすすめNIPTクリニック

大阪のおすすめNIPTクリニック

名古屋のおすすめNIPTクリニック

NIPTは医療費控除の対象外だけどとても大事な検査

f:id:warakochan:20210305123645p:plain

 

NIPT(新型出生前診断)は残念ながら医療費控除の対象外となってしまいますが、お腹の赤ちゃんの病気を知るとても大切な検査です。

 

お腹の赤ちゃんを知るためにNIPTを受けたい方は、ご夫婦でよく相談して受診をすることをおすすめします。

妊娠中のママにおすすめ情報・アイテム

f:id:warakochan:20210416105409j:plain

 

妊娠中のママにおすすめの情報やマタニティ時期に取り入れるアイテムをご紹介します。

【無料】ゼクシィBaby

妊娠・出産・育児の情報サイト | ゼクシィBaby

 

結婚情報誌で有名な「ゼクシィ」から、「ゼクシィBaby」が発行されています。

 

ゼクシィBabyは、妊娠・出産・育児期の期待と不安を抱えるママ達の応援情報誌で、登録をすれば隔月で自宅に届きます。

 

もちろん無料で購読できるので、「妊娠のことについて知りたい」「出産や育児について知りたい」というママはぜひ登録してみてください。

 

 

\ 無料で2ヶ月に1回届く! /

ゼクシィBabyをチェックしてみる

 【初回66%オフ】BELTA(ベルタ)葉酸サプリ

BELTA(ベルタ)葉酸サプリ 妊娠中に飲みたいサプリメント

 

近年「葉酸サプリ」は、妊娠中の女性のマストアイテムになっています。

 

その理由は、妊娠中のママが十分な葉酸を摂取することで、お腹の赤ちゃんの先天異常を減らせる可能性があるからです。

 

また、妊娠中は葉酸だけでなく鉄やビタミンも不足しやすいと言われており、葉酸と一緒に様々な栄養を摂取できる葉酸サプリはとても人気です。

 

中でも「ベルタ葉酸サプリ」は妊娠中のママからの支持が高く、売り上げNo.1のおすすめ葉酸サプリです。

ベルタ葉酸サプリの特徴

葉酸サプリで人気・売り上げNo,1

楽天市場の2019年年間売り上げランキング第1位を獲得

1日分で厚生労働省が推奨している葉酸400μgを摂れる

他にもビタミン・ミネラル・鉄分20mg・カルシウム250mgが取れる

国内製造、添加物は一切使用しておらず安心安全

妊娠中から産後の授乳期まで長く飲める

リピート率は99%と満足度が高い

6ヶ月お届けコースなら初回66%オフの1980円

(2回目以降は3980円)

 

 

妊娠中のママの栄養はそのまま赤ちゃんに届くので、葉酸だけでなくカルシウムや鉄、ビタミンなどをしっかり摂取することが大事です。

 

食事だけではなかなか葉酸は摂れないですが、サプリなら毎日の食事と一緒に手軽に摂ることができます。

 

また、初回は1980円ととてもお得に始められるので、ぜひベルタ葉酸サプリもマタニティライフに取り入れてみてください。

 

 

\ 赤ちゃんのためにも栄養を! /

ベルタ葉酸サプリをチェックしてみる