ママトーク。

1児のママであるアラサー主婦がママとして言いたいことや発信したいことを書き殴るブログ。母、妻、嫁、女としての視点や育児や自分の趣味、Eテレのことも熱く語ります。

子持ちの主婦の私が「ヨガインストラクターの資格」を取得!YMCの養成スクールの雰囲気や授業内容とは?

スポンサーリンク


子持ちの主婦の私が「ヨガインストラクターの資格」を取得!YMCの養成スクールの雰囲気や授業内容とは?

 

実は私、1歳児の子供を抱え専業主婦をしていますが、家事と育児の合間にヨガのインストラクターの資格を取りました!

 

そして今、小さい子供がいながらも時間を子守をする旦那とうまく調整をして、私はヨガインストラクターとして週に何度か働いています。

 

私のように「ヨガのインストラクターになりたい!」と思っている人は多いと思います。

 

ですがどのようにしたら資格を取得できるのか、どうしたらいいのかがわからない方もいると思いますので、なぜ専業主婦の私がヨガの資格を取ろうと思ったのか、どんな学校でどのような勉強をして資格を取ったのか、通学内容を詳しくご紹介します。

 

子育て真っ只中の主婦の私がヨガインストラクターに!実際に通った「YMC」とはどんな学校?

私が「ヨガの資格を取ろう」と思い立った時は、子供がまだ1歳でほぼワンオペ育児、子供のために全ての時間を捧げているような、まだまだ手のかかる子育て真っ只中な時でした。

 

それでも「今ヨガインストラクターの資格を取りたい」「ヨガの仕事にしたい」と思ったのには、今後の自分を考えた様々な理由がありました。

 

また、実際に通った学校についてもその内容や雰囲気、ヨガインストラクター養成スクールとはこんなところ!ということなどもご紹介します。

専業主婦の私がヨガのインストラクターの資格を取得した理由

先日、見事にヨガのインストラクターの資格を取得しました。

 

子供がいながらの通学、さらに家でも勉強と実技の練習などがあるので、家事と育児との両立は大変でした。

 

ですが、なんとか「IHTA認定 ヨガインストラクター 2級」の資格を取ることができました。

 

旦那の収入に頼らず自分で稼ぎたい

そんな私がなぜヨガのインストラクターの資格を取ろうと思ったのかというと、一番の理由は「旦那の収入に頼ることなく自分で稼ぎたいから」

 

私の場合は、ただただこれに尽きます。

 

3年専業主婦をやって旦那の収入だけで生活をさせてもらった結果、やっぱり自分で自由に使えるお金くらいは自分で稼ぎたい。

 

また、離婚をした時、旦那が亡くなった時などの「もしも」の時のためにも、私に収入があるかないかで全てが変わってきますよね。

(実際に離婚話に発展した時に、「今は私が専業主婦だから経済的に無理」となり諦めた経験あり。涙)

 

特に子供がいればなおさら。

 

育児以外に夢中になれる何かが欲しかった

そして2番目の理由は、育児以外に何か夢中になれるものが欲しかったから。

 

息子が生まれてからは毎日毎日育児だけの日々。

 

朝起きてから寝るまでの間、毎日が本当に同じことの繰り返しで、「こうやって歳をとっていくんだな〜」と考えることも多かったです。

 

それが将来的にも繋がればもっといいと思い、いろいろ考えた結果、私の場合はそれがヨガの資格を取ることでした。

  

他にもこんな理由があって資格取得を決意

また、他にもこんな理由もあって私はヨガの資格取得を決めました。

 

・元々ヨガが好き!

・手に職が欲しい

・正社員にならなくても個人でも仕事を始められる

・スタジオに所属しても単発でのレッスンなら働きたい時間に働ける

・ヨガの仕事は育児、家事との両立がしやすい

・自分の健康のため

・体を動かす仕事がしたい

・ヨガが好きな人と出会いたい

・全国どこでもできる、さらに海外に行ってもできる

・周りの友達にも教えることができる

 

 こんな理由もあって私はヨガのインストラクターの資格取得を決めました!

  

ヨガインストラクターを取るならRYT200

私は決めたらすぐ行動したい派なので、「ヨガのインストラクターの資格を取るぞ!」と決めたらすぐに学校を調べました。

 

「ヨガ インストラクター スクール」「ヨガ 資格取得」などと検索をすると出るわ出るわ学校たち。

 

いいなと思った学校はとりあえず資料請求をすることに。

 

また、調べているうちに「ヨガにもいろんな種類の資格があるけどまずは何を取るべきか」と思ったので、知り合いにヨガのインストラクターをやっている先輩がいたことを思い出し、相談してみました。

 

すると「ヨガを仕事にしたいのならRYT200を取るべき」と教えてもらいました。

 

RYT200とは?

ヨガの資格を調べると必ず出てくるのが、「RYT200」という文字。

 

一体なんのことを言っているのか全くわかりませんでしたが、RYT200とは「全米ヨガアライアンスが認定する200時間の授業を受けた」という証のヨガインストラクター養成トレーニングです。

 

ヨガのインストラクターの資格は、200時間まで講義を受けなくても修了証がもらえ、ヨガの仕事をすることができますが、やはりRYT200を持っているインストラクターに比べ知識や経験が劣ってしまいます。

 

そのため、「ヨガインストラクターになるならRYT200を持っている方が就職にも有利」と言われています。

 

そこで私も、RYT200を目指し学校選びをすることにしました。  

 

私が実際に通ったYMCメディカルトレーナーズスクールとは?

きちんと学校の雰囲気もスタジオの雰囲気も見たいと思ったので、YMCメディカルトレーナーズスクールJYIA日本ヨガインストラクター協会FIRSTSHIP(ファーストシップ)リラヨガ インスティテュートヨガワークスの5つのスクールの資料請求や説明会、体験レッスンに行ってきました。

(下で他の学校についての特色もご紹介しています)

 

同じヨガのインストラクターの養成スクールといっても、それぞれの学校の特色やサポートなどが違いました。(教えてくれる先生の雰囲気も全然違う)

 

その後ものすっごく悩んだ結果、私はYMCメディカルトレーナーズスクールの入学を決めました。

 

YMCの概要

YMCメディカルトレーナーズスクールとは、ヨガのインストラクター養成スクールとして有名な大手の学校です。

 

ヨガの他にも、整体・カイロ・マッサージ・リフレ・アロマが学べるトータルスクールです。

 

新宿、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台に教室があり、卒業後すぐにプロとして現場に立てるサポートも充実しています。 

YMCメディカルトレーナーズスクールのHPはこちら

 

私がYMCの入学を決めた理由

そんな数あるヨガインストラクター養成スクールがある中、私がYMCメディカルトレーナーズスクールに入学を決めた理由は、1番の決め手は、ちょうどその頃に期間限定の入学キャンペーンをやっていて少し安く入学ができたから。(お金は大事)

 

なぜならRYT200(YMCの場合だとヨガインストラクター2級・1級)を取るとなると、どのスクールも50万はかかるのです・・・

 

最初は「高いな〜・・・」と思いましたが、取ったら一生物の資格だし、働いたらすぐにペイできるかなと思いました。(むしろペイしてやる!)

 

それがキャンペーンで10%OFFになっただけで5万円は変わってきます。

 

これは専業主婦の私からしたらものすごく大きいです。

 

YMCのキャンペーンは期間限定でしたし、コースによっては全員が対象でない場合もあるのでキャンペーンの内容は書けませんが、私の場合はいろんな条件が合致して、正規の値段よりもだいぶ安く入学ができました。

 

あとはすぐに始まる2級のコースの日程が自分のスケジュールとぴったりだったから。

 

また、入学した校舎以外でも講義やレッスンの振替が可能とのことだったので、実家に帰省がてらレッスンを受けたり、休んでしまった講義の振替も可能な点も便利だと思い、YMCに決めました!

 

実際に通ってわかったYMCの雰囲気や授業内容、試験とは?

YMCメディカルトレーナーズスクールの入学を決めた私が、実際にヨガのインストラクターを目指し学校に通いました。

 

最初は「小さい子供がいるし最後まで問題なく通えるかな」と不安もありましたが、学校の制度もよかったですし、先生も優しく最後まで本当に楽しかったです。

 

そのYMCの特色をご紹介します。

 

YMCには短期・通学・海外コースがあり、自由に選べる

YMCメディカルトレーナーズスクールのヨガインストラクターコースでは、通学・短期・海外コースがあります。

 

自分のライフスタイルやスケジュール、またどのくらいの期間で資格を取得したいかによって、コースを選ぶことができます。

 

この3種類のコースは、他のヨガインストラクター養成スクールでもありますが、通学・短期・海外コースでは下記のような違いがあります。

  

①通学コース

通学は、スクールが決めた曜日固定のスケジュールに沿って、月に2,3回ペースで通います。

 

私は子供がまだ小さくて、旦那の休みの日に子供を預けて通うことしかできなかったため、通学コースを選択しました。

 

通学コースは曜日が決められていて、火曜日コース・土曜日コースなどと曜日ごとに分かれています。

 

 

私が通ったのは土曜日コースで、ヨガインストラクター2級は全15回の講義を約7ヶ月をかけて取得するコースだったので、指定の日程に月2,3回通いました。

 

また、2級では講義とは別でヨガのレッスンを30回受けなければいけないので、講義の後にレッスンを1,2本受けて帰っていました。

 

講義の時間は1日約4時間、その後レッスンは2時間という感じです。

 

レッスンは予約制で、講義の後に予定があれば講義だけ受けて帰っても大丈夫ですし、別の日にレッスンだけを予約して受けに来てもOKなため、自分でスケジュールを管理して通うことができました。 

 

②短期コース

短期は通学コースと同様、校舎に通いますが、集中して短期間で資格を取得するコースです。

 

2級の短期コースの場合は、約3ヶ月で資格が取得ができます。

 

短期も曜日が決まっていて、週1ペース(月4回)で通います。

 

「日頃仕事をしているから土日しか通えない!さらに通学コースで7ヶ月も通ってられない!早く資格が欲しい!」という方には短期コースがおすすめです。

  

③海外コース

海外はその名の通り、約2週間の短期間で海外で資格を取得します。

 

YMCの場合は場所は、ハワイになります。

(最近はバリ合宿もスタートしたようです!)

 

また、海外コースの場合は2級だけでなく、1級の内容もセットになった全米ヨガアライアンス(RYT200)を取得できます。

 

私もこれを知った時「ハワイでヨガの勉強ができるなんていいな~!」と思いましたが、海外コースはもちろん料金は高いですし、授業料の他にも2週間分のホテル代、往復の航空機代、さらに2週間分の食事も自己負担となるので、お金に余裕があって、さらに約2週間家を不在にしても大丈夫な方でないと厳しいです。

 

YMCのクラスの雰囲気・他の生徒はどんな感じ?

入学が決まり、実際にYMCの講義に参加してみたところ、やはり女性が多いです。

 

ヨガが女性から人気であること、さらにヨガのインストラクターを目指すのはやはり女性が多いんだなと改めて思いました。

 

私のクラスの場合は20代後半~40代前半くらいの女性ばかりでしたが、先生によると曜日や地域、クラスによっては男性も数名いたり、60代後半の方がいたりと年齢もバラバラのようです。

 

また、私のように主婦で小さい子供がいるという方も多かったです。

 

他にも普段は正社員で働いていて、休みの日の土曜日にこのスクールに通っているという人も何人かいました。

 

ヨガのインストラクターを目指している人だけではなかった

最初の自己紹介の時に、「なぜヨガのインストラクターの資格を取得しようと思ったのか」について話した時がありました。

 

私は勝手に「みんなヨガのインストラクターとして働きたいからでしょ?」と思っていましたが、なんとみんながそうではなかったことに驚きました。

 

もちろん私のようにヨガのインストラクターを目指しているという人はいましたが、そのような人は半数くらい。

 

他の人は「ただヨガが好きだから勉強がしたかった」「子供と一緒に家でヨガをやりたいから」「なんとなく楽しそうだったから」という人が意外にも多かったです。

 

今の仕事はやめる気は無いけど趣味のヨガをもっと極めたい、友達に軽く教えられればいい、資格を持っていることを自慢したいなどなど、本当に様々な理由からみなさんヨガの資格を取りに来ていました。

 

「ヨガのインストラクターを目指して」という人が意外にも少なくて驚いたのと同時に、「そんな軽い理由でウン十万払えることがすごいわ・・・」と思ってしまいました。(だって私は自分のわずかな貯金をはたいて払ったから・・・)

 

先生の雰囲気は?やっぱり怖いのか?

このスクールに通う前は「もう一度学生をやるなんて変な感じ。先生ってやっぱり怖いのかな?自動車学校の先生みたいな感じだったらどうしよう」と思っていました。

 

が、全っ然違いました。

 

「ザ・ヨガの先生」って感じで明るくて元気で健康的(?)な感じの先生が多いです。

 

他の先生の講義も振替で受けたことはありますが、他の先生もやはり元気で明るくて生徒と仲良くワイワイやっている感じの先生ばかりです。

 

 

そしてみなさん優しい!!!

 

質問も時間をとって丁寧に答えてくれるし、プライベートの話もちゃんと聞いてくれるし、子供の都合で休んだ時も心配してくれるし、本当にいい先生ばかりでした。

 

自動車学校の教官を想像していた私にとっては、「先生」という部分ではある意味ものすごくギャップがありました。

   

ヨガインストラクター2級の勉強内容とは?

私が勉強をし資格を取得したヨガインストラクター2級は、ヨガの基礎や体について、さらに60分のレッスンが一人でできるようになるまでのところを学びます。

 

このヨガインストラクター2級さえ取得すれば、実際にスタジオなどの面接・オーディションを受けることができ、仕事としてヨガを教えることができます。

 

具体的に勉強をした内容は下記となっています。

 

①インストラクターの心構え

インストラクターになった時、どのような心構えでクライアント(お客様)に教えるのかについて学びます。

 

②解剖学

神経、骨格、関節、筋肉など体の細かい部分の知識をつけ、さらにそれがヨガにどうつながっていくのかを学びます。

 

③生理学

ヨガで大事な呼吸法を学びます。

 

④ヨガについて

ヨガの歴史やヨガを行う際の心構え、目的、用語、ヨガの種類について学びます。

 

⑤ガイド・プログラミングの仕方

実際にヨガを人に教えることになった時、どのようにレッスンをプログラミングし、どのようにガイドをして相手に伝えるかを学びます。

 

⑥アーサナ(ポーズ)

それぞれのアーサナ(ポース)の解説、アーサナの取り方について学びます。

 

⑦後はひたすらグループでロープレ!

座学は最初の数日間だけで、後はひたすらロープレです。

 

人にどう伝えるか、どのように伝えたら相手が理解して自分と同じ動きをしてくれるかなど、人前で立ってガイドをする難しさをひしひしを感じながら、ロープレを行なっていきます。

 

最初は本当に恥ずかしいし、噛むし、頭が真っ白になるしで、私は本当にロープレが大嫌いでした。

 

だけど今となったら、グループでロープレをして自分のガイドやアーサナの取り方で気になるところを仲間がガシガシ指摘してくれるので、とてもいい経験になりました!

 

仕事をしたらもう誰も指摘してくれませんからね。

 

また、自分では気づかなかった口癖にも気づけます。笑

 

ヨガの資格取得のための試験内容とは?

ヨガの資格取得には、筆記試験と実技試験に受からないと資格が取得できません。

 

最初は「実技も筆記もあるなんてハードル高いな・・・」と思いましたが、筆記は試験に出る範囲をきちんと勉強をして、実技は今まで何度も行ってきたロープレをしっかり行えば合格できるレベルのものでした。

 

それぞれの試験内容を詳しく書いたら恐らくNGなので、簡単に説明します。

 

①筆記試験

ヨガインストラクター2級の筆記試験は、教科書をひたすら丸暗記するしかありません。

 

ですが先生が試験に出るところを予め絞って教えてくれるので、そこさえ丸暗記すれば大丈夫です。

 

私は教科書を丸暗記しだしたのが試験の1週間くらい前でしたし、育児と家事もありながらでしたが、なんとか筆記試験は合格しました。(ちなみに100点中94点でした♪)

 

筆記試験は、通っている校舎に行ってマークシート形式で受けるか、自宅のパソコンからweb試験を受けるかを選べます。

 

どちらも問題は50問出題され、マークシートの場合は制限時間45分、web試験の場合は制限時間30分となっています。

 

②実技試験

60分のレッスンをやらなければいけないと思いきや、一人10分以内のレッスンを全員の前で行うというものでした。

 

実技試験も詳しくは書けませんが、自分で最初の挨拶からアーサナ(ポーズ)、最後の挨拶までを考えてみんなの前で発表します。

 

多少噛んでも大丈夫です。(多分)

 

大事なのは、きちんとプログラミングできているか、自分の言葉で伝えられているか、参加者のことを見れているかなどだと思うので、事前に先生に相談しながら決めていけば大丈夫かと思います。

  

結果、無事ヨガインストラクター2級を取得!

無事、先日ヨガインストラクター2級の資格を取得できました。

 

私の場合は、小さい子供がいるので短期コースも海外コースも無理、それに旦那に子供を預けないと通えないため土日のコースでないと無理だったため、土曜日の通学コースを選択しました。

 

ですが「7ヶ月の通学は長いな~早く資格欲しいのにな〜」と最初は思っていました。

 

だけど終わってみたら本当にあっという間すぎて、今放心状態になりかけているほど寂しいです・・・

 

理由は、一緒にスクールに通っていた仲間たちが本当に本当にみんないい人ばかりで、明るくて、授業が毎回楽しかったから!

 

そして大好きなヨガの勉強をしているから、何も苦痛じゃなかったです。

  

他の生徒さんも「ヨガの勉強をしたい!」「ヨガのインストラクターになりたい!」という人が集まっているので、みんな本当に明るい人ばかりです。

 

私のクラスは20代後半~40代前半くらいの女性ばかりでしたが、本当にみんな楽しくて明るくて気さくな人ばかりで、すぐに仲良くなれました。

 

そして先生が本当にいい人ばかりで、いい歳して「先生~~~!!!」と甘えたくなるくらいに毎回講義もレッスンも楽しかったです。

 

講義やレッスンが終わった後でも立ち話してしまうほど、先生と生徒の距離が近くて本当に毎回楽しかったです。

  

他の校舎の雰囲気はわかりませんが、「どの校舎もそんな感じの雰囲気なのかな?」と想像しています。

 

ちなみに私は、2級だけでなくヨガインストラクター1級の資格も今後取る予定なので、またその内容についても記事が書ければと思っています。

 

私が実際に通ってみて私がYMCをおすすめする理由

私はYMCメディカルトレーナーズスクールを選び通いましたが、今後私のようにヨガの資格を取りたくてスクールを選ぶ人いると思います。

 

ひとまず私がヨガインストラクター2級を取得してみて、YMCメディカルトレーナーズスクールのおすすめポイントをご紹介させていただきます。

 

①全国に校舎がある安心の大手スクール

YMCは新宿、横浜、名古屋、梅田、福岡、仙台と全国に校舎がある大手スクールです。

 

YMCの卒業生の中には今では有名なヨガインストラクターさんもいます。

 

また、卒業後の就職サポートも手厚く、就職サポート担当の方もいらっしゃるので、卒業後の就職先も数ある中から紹介してもらえます。

  

②講義を休んでも気軽に振替が可能

体調不良や子供の用事なので講義を休んでしまうと「みんなと遅れてしまう」と焦ってしまいますが、YMCでは同じ時期にまた別の曜日で同じコースの講義がやっていることがあります。

 

別の曜日の講義でも予約をすれば講義に参加することができます。

 

また、旅行先や帰省先にYMCの校舎が近くにあれば、別校舎でも振替も可能です。

  

③先生がみんな優しくて元気で明るい

通う側からすれば、先生のキャラクターや雰囲気ってものすごく大事ですよね。

 

先生が怒りっぽかったり冷たかったりすると通うのも嫌になってしまいますが、いろんな先生の講義やレッスンに参加させてもらいましたが、先生みんながとてもいい人ばかりでした。

 

もちろん先生との相性はあるかと思いますが、私の場合は「この先生嫌だ~」と思った先生には会ったことはありません。

 

気さくな先生が多いので楽しく講義やレッスンが受けられます。

  

④講義・レッスンの予約の変更やキャンセルがギリギリまでOK

YMCの場合、自分が出席する講義とレッスンはウェブから予約する必要があります。

 

もし予約をしている講義やレッスンの当日に急用ができてしまっても、講義・レッスンの5分前まで予約の変更やキャンセルが可能です。

 

小さいお子さんがいるお母さんの場合は、どんな急用が入るかわからないので、この点もとても助かりました!

 

⑤大手だからこそ生徒数も多くて楽しい

YMCは大手だからこそ生徒の数も多くて、いろんな人と出会えました。

 

私が通ったクラスでは生徒が16人ほどいましたが、みんなそれぞれの目的があってこのスクールに通っていてもみんな「ヨガが好き」という共通点がありました。

 

最初は少人数制のスクールにも迷いましたが、出会う生徒の数が多いと情報も多く入るし、ロープレの仕方も様々なので本当に勉強になりました。

 

年齢はバラバラでも共通の目標があるからこそ、一生続くような仲間に出会えたなと思います。

 

YMCの養成コース・説明会申し込みはこちら 

以上が私がYMCメディカルトレーナーズスクールでヨガのインストラクターの資格を取ったことについてでした。

 

ヨガのインストラクターは資格を取れば一生ものです。

 

また、体のことを勉強しそれをお客様に伝えていくので、お客様のためだけでなく自分の健康ためにもなる仕事です。

 

それを仕事にしたいと少しでも思えば、まずは養成スクールで説明会を申し込んで話を聞いてみることをおすすめします。

 

YMCでも説明会や養成コースの申し込みがウェブから可能なので、興味のある方はぜひYMCも検討してみてくださいね。

 

【YMC】説明会・養成コースの申し込み

 

他にもヨガの資格取得ができるスクールをご紹介

ヨガのインストラクター養成スクールは、上で紹介したYMC以外にも多くあります。

 

実際に私もYMCに決める前は、他のスクールの資料請求や説明会、体験レッスンにも積極的に行って比較をしました。

 

ヨガの資格を取るには何十万のお金が必要で、取れば一生物の資格になります。

 

自分にあったスクールを選ぶためにも、他のスクールを実際に見たり行ったりすることは非常に大事ですので、気になる学校があれば資料請求だけでもした方が良いです。

 

下記のスクールは実際に私が資料請求や体験、説明会に参加して「ここもいいなぁ・・・」と悩んだ学校ですので、こちらもぜひ候補として検討してみてください。

 

JYIA日本ヨガインストラクター協会

JYIAもよく名前が挙がり、私が候補に挙げていたヨガインストラクター養成スクールです。

 

表参道、池袋、南砂町、大阪、福岡、名古屋、静岡、前橋、新潟と、全国にある大手の学校です。

 

また、JYIAは少人数制で一人一人が学びやすい環境にあることが最大の特徴です。

JYIA日本ヨガインストラクター協会

 

FIRSTSHIP(ファーストシップ)

ヨガインストラクターの養成スクールといえば、ファーストシップも有名です。

 

新宿、横浜、大宮、大阪、福岡と全国に校舎があり、通学・海外・通信から選べます。

 

また、大手ホットヨガスタジオ「LAVA(ラヴァ)」と同じ会社であり提携していることもあり、就職サポートが手厚い印象があります。

 

FIRSTSHIP(ファーストシップ)

 

YOGA Studio&School「リラヨガ・インスティテュート」

リラヨガ・インスティテュートは、東京都目黒区に1校舎のみですが、日本を代表するヨガ雑誌『ヨガジャーナル』の表紙も監修をするほどヨガ業界では超有名な、乳井真介さんによって設立されたヨガの総合学院です。

 

乳井さんから直接学べるのが最大の魅力です。

 

私の周りでも「家が近かったら通いたかった!」と声が挙がるほど、有名で憧れのヨガインストラクター養成スクールです。

リラヨガ・インスティテュート

 

ヨガワークス

ヨガワークスは、日本のヨガだけでなく海外のヨガの知識を取得したいという方にはオススメのヨガのインストラクター養成スクールです。

 

また、RYT200だけでなくRYT500も取得できます。

 

基本的に短期間で資格を取れるコースが豊富なため、早く資格が欲しい人にはおすすめの学校です。

ヨガワークス

 

また、他にもヨガのスクールは全国にあり、学校の雰囲気や特色も全く違います。

 

下記の記事ではオススメの養成スクールをより詳しくご紹介していますので、ぜひ学校選びの参考にしてみてくださいね。

 

  

主婦でも小さい子供がいてもヨガの資格は取れる!

以上が、主婦の私がなぜヨガインストラクターの資格を取ったのか、実際に通った学校YMCメディカルトレーナーズスクールの紹介についてでした。

 

少し前までは、まさか自分がヨガのインストラクターの資格を取るとは思いませんでしたし、実際にその資格を持って働くとは夢にも思っていませんでした。

 

なぜなら「ヨガの資格が欲しい」と思った当時、私にはまだまだ手のかかる1歳の子供がいたので、ちゃんと学校に通えるかもわからなかったからです。

 

ですが、資格の学校と聞くと固いイメージがありますが全くそんなことはなく、一人一人の生活スタイルに合わせて通いやすく学びやすい方法を提案してくれます。

 

これはYMCに限らずどのスクールもそうですし、最初から最後まで無理なく楽しく学ぶことができます。

 

実際に私は専業主婦で子育て真っ只中でしたが、大好きだったヨガの資格を取り、今実際にヨガのインストラクターとして働いています。

 

資格が取れると本当にガラッと生活も環境も変わりましたし、自分に自信がつきました。

 

私のように子供がいる人にもヨガの仕事はおすすめですので、ヨガのインストラクターの資格が欲しい人はぜひ資格の学校を検討してみてください。

 

他にもヨガについて記事を書いていきますので、参考にしていただければ嬉しいです。