人生模索中主婦のおしゃべり帳-ママと妻、時々嫁の殴り書きブログ-

ママ・母・妻・嫁の目線から喋りたいことだけを喋るブログ。おかあさんといっしょやお役立アイテム情報も

テレビ育児を約2年間した結果、メリットよりもデメリット(影響)の方が大きかった話

\ よかったらシェアしてください /

スポンサーリンク




テレビ育児を約2年間した結果、メリットよりもデメリット(影響)の方が大きかった話


最近ではテレビなし育児をする家庭が増えています。

 

テレビなし育児とは、その名の通りテレビを見せない生活をしながら育児をすることです。

 

テレビなし育児には親子ともに様々なメリットがあるので、小児科でも推奨されている育児方法です。

 

その一方で私はそんな育児の仕方があるとは知らずに、息子が生まれてからずっとテレビのある中で育児をしてきました。(=テレビ育児・テレビあり育児)

 

ですが、テレビがある生活の中で息子を育てた結果、2歳手前から様々な弊害や影響が出てきました・・・

 

そんな我が家のテレビあり育児の現状やメリット、デメリットについてご紹介します。

 

テレビなし育児とはどんな生活?メリット・デメリットは?

f:id:warakochan:20200813170534j:plain

 

上でも紹介した通り、テレビなし育児とはテレビのない生活の中で育児をすることです。

 

新生児のうちから生活の中にテレビを遮断することで、子供には様々なメリットがあると言われています。

 

また、日本小児科学会では「2 歳までのテレビ・ビデオ視聴は控えましょう」と呼びかけているほど、テレビが子供にもたらす影響は大きいのです。

 

詳しくは下の記事でご紹介していますので、こちらも参考に。

 

我が家のテレビ育児の現状

f:id:warakochan:20200803144910p:plain

 

上のテレビなし育児とは反対に、私は現在バリバリの「テレビあり育児」です。

 

それは子供が生まれてから今までの1年8ヶ月間、ずっとテレビ育児をしてきました。

 

そんな我が家のテレビあり事情はこちらです。

 

息子が生まれた時から里帰り先の実家では毎日のようにテレビはついていた

母乳をあげている時の20~30分は、私がテレビを見ながらあげていた

基本的に朝起きてから寝るまでテレビは常についている

 息子もズリバイをしだした頃からテレビをじーっと見るようになった

1歳になる前からEテレの「おかあさんといっしょ 」「いないいないばあ!」を見せている

テレビ・DVD・録画は見せている

 スマホ・YouTubeだけは見せないようにしている

  

そんな日々を送っていた我が家ですが、上でご紹介した「私の保育士の友人のテレビなし育児のメリット」の話を知り、今更ながら「ああ・・・うちもテレビなし育児をやるべきだった」と思っています。

 

なぜならテレビあり育児を約2年間行った結果、今になって様々な弊害やデメリットが目立つようになってきたからです。

 

スポンサーリンク

私が2年間テレビ育児をしたメリット 

f:id:warakochan:20200802123702p:plain

 

まずはデメリットの前に、私が2年間テレビあり育児をした結果のメリットをご紹介します。  

家事の間、子供がいい子に待っていてくれる

生活にテレビがある場合、やはり子供から少しの間離れなければいけない時にはかなり助かります。

 

例えば、家事をする時や私が他の部屋に用事がある時などです。

 

「テレビをつけていれば子供が寂しがらないだろう」と思い、テレビをつけて少し子供から離れても大丈夫なことが多いです。 

時間つぶしになる

やはり育児は一日の時間が長いです。

 

特にやんちゃ盛りの育児が大変な時期はどうしても「早くお昼寝しないかな~?」と思ってしまいます。

 

そんな時に子供とテレビを一緒に見たり録画やDVDを見せると、時間が経つのが早く親としては助かります。 

ママが自分の時間を作れる

テレビを子供に見せることで、集中して数十分間見てくれます。

 

そうするとママにとっても自分の時間ができたり、育児以外のことをすることができます。

 

1日中子供の遊びに付き合うのはやはりところしんどいので、「テレビを見せる時間はどこかで作りたい」と思ってしまうのが本音です。

私が2年間テレビ育児をしたデメリット 

f:id:warakochan:20200803154218p:plain

 

私がテレビあり育児をした結果、メリットがあればデメリットもありました。

 

むしろ私的には、メリットよりもデメリットの方が大きく感じています。

 

そのテレビあり育児をしてわかった、テレビのデメリットがこちらです。

好きな番組・好きなDVDを見たがって大泣き

やはりこれですね。

 

テレビあり育児をした結果、一番「最初からテレビを見せなきゃ良かった・・・」と思ったのが、子供が好きな番組やDVDを一度つけてしまうと終わるともっと見たがって大泣きするところです。

 

何度も「これでもう終わりだからね」と言っても、自分が見飽きるまで見たがって大泣きされます。

 

その結果、一日中子供が見たい録画の再生ボタンを押したり、巻き戻したりしているので、結局何かと付き合わされます。

 

「もう1回だけ」「あと10分だけ」と親が言ったところで、2歳前の子供には時間の感覚もなければ回数も理解していません。

 

テレビがあることで子供の機嫌が直るまで見させ続けてしまうということが、親としても罪悪感です。 

全ての集中力がテレビに向かってしまう

テレビが点いていることで、子供の集中力が途切れやすいのもデメリットの一つです。

 

例えば、息子が集中して車や電車のおもちゃで遊んでいても、急にテレビがついたり、急にテレビの音楽や声が変わったりすると「なんだ!?」と言わんばかりにバッと振り向いてテレビを見ます。

 

また、今まで遊んでいた遊びを中断してまでテレビを確認するので、遊びよりもテレビの方に興味が向いてしまいおもちゃで遊ぶことをやめてしまいます。

 

せっかく「いい子で大人しく遊んでるな〜」と思っていても、テレビの音や映像次第で全ての集中力がテレビに行ってしまうのはやはり良くないです。

テレビの見過ぎで動かない・寝ない

天気が悪い日に子供と一日家にいると、やはりどうしてもテレビを一日中つけてしまいます。

 

すると子供のテレビを見る時間も長くなってしまい、気づけば子供はずーっと座ってテレビを見ています。

 

その結果、一日中あまり動かないことで昼寝を全然してくれません。

 

テレビやメディアの見過ぎは運動不足、睡眠不足を引き起こすというのは日本小児科学会でも言われていることもあるため、「まさにこれだ・・・」と思ってしまいました。 

親もテレビに育児をさせてしまう

テレビがある生活を送ることで、子供がテレビを好きになると親もテレビに甘えてしまいます。

 

少し子供から離れる時もテレビを見せておけば大丈夫、家事をする時もテレビを見せておけばグズらないだろう、泣いたら好きな番組を見せれば機嫌が良くなってくれるだろう、などテレビに子守りをさせてしまうことが増えてしまいます。

 

テレビがあることで「自分(母親)の代わりに育児をしてくれるのはテレビ」という感覚に親がなってしまうのは、やはり良くないです。

結果、外出先ではYouTubeにも発展してしまう

子供がテレビが大好きになり、親が育児をテレビ頼ってしまうことで、子供も「いつでもどこでもテレビが見たい」ということになってしまいます。

 

その結果、外出先で子供がグズれば「何か好きな映像を見せれば大丈夫」ということにもなってしまいますし、親もすかさずスマホでYouTubeを見せてしまうでしょう。

 

私は現在、スマホは一切子供には触らせず画面も見せないようにはしていますが、これ以上子供がテレビが好きになってしまったら、のちにスマホでYouTubeを見せてしまう姿を想像してしまいます。

 

生活の中でテレビに依存してしまうと、親も子供もテレビやYouTubeに頼ってしまうということになるでしょう。 

テレビ育児が悪いわけではなく、テレビの見せすぎが良くない

f:id:warakochan:20200813174436j:plain

 

子供にテレビを当たり前のように見せる生活を1年8ヶ月した結果、今となってはテレビあり育児のメリットよりもデメリットの方が大きくなってしまいました。

 

最初は「テレビをつけた方がラクだから」と思って子供にも見せていましたが、少しづつテレビがあることで日常で困ることも増えてきてしまいました。

 

やはりテレビは子供の「遊びや集中力を欠けさせるもの」と言っても過言ではないですし、小さい子供にとってはテレビは依存性・中毒性があることを強く痛感しました。

 

ですが、必ずしもテレビあり育児はダメ・テレビなし育児が正しいというわけではありません。

 

ママにとって子供と一日中向き合わなければいけないのが辛かったら、もちろんテレビに頼ってもいいと思います。

 

ただし大事なことは日本小児科医会の提言にもあるように、テレビを見せるなら1日2時間までと決めることが大事になると思います。

 

また、テレビを見せる代わりにテレビを見ていた時間と同じくらい絵本を読んであげる、一人遊びばかりでなくママとおもちゃ遊びをする時間を作る、外に連れ出す、他のお友達と遊ばせる、ということも大事です。

 

テレビを見せる時間を減らす分、テレビを見ることでは吸収できなかったことをその分してあげるということが意識することが大事になるかと思います。

 

他にもテレビなし育児についてご紹介していますので、気になる方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

 

育児奮闘中のママに「ベルタ ママリズム」はおすすめ!

BELTA(ベルタ)ママリズム 産後の育児ママにおすすめのサプリメント

画像引用:ベルタ公式ショップ/BELTA

 

育児奮闘中のママは、寝足りない・疲れが取れない・肌荒れが気になるなど様々な悩みを抱えがちです。

 

また、子供のためを思うと風邪も引けないので毎日が体力との戦いです。

 

そんな育児に忙しくなかなか疲れが取れないママには、ママのためのサプリメント「ベルタ ママリズム」がとてもおすすめです!

ベルタママリズムの特徴

育児奮闘中のママのための栄養サプリメント

葉酸サプリで売上No.1のBELTA(ベルタ)の産後サプリ 

寝不足・肌荒れ・疲れやすいなどのママの悩みをカバー

黒酢・ニンニク・亜麻仁油など育児中ママに必要な元気成分を配合

ママのキレイを応援するプラセンタ・コラーゲンなどの美容成分も配合

葉酸・鉄・カルシウム配合で母乳育児にもぴったり

14個の無添加で授乳中も安心

定期購入なら初回1ヶ月分1,980円(税込2,138円)とお得

 

 

24時間体制の育児でなかなか疲れが取れないママも多いと思いますが、ママリズムなら育児中のママが摂るべき栄養をしっかり補うことができます。

 

「毎日体がしんどい」「疲れが取れない」などの悩みがあるママは、ぜひ「ベルタママリズム」を一度試してみてください!

 

 

\ 育児中のママのためのサプリ! /

ベルタ ママリズムをチェックしてみる