ママトーク。

1児のママであるアラサー主婦がママとして言いたいことや発信したいことを書き殴るブログ。母、妻、嫁、女としての視点や育児や自分の趣味、Eテレのことも熱く語ります。

【はらぺこカマキリ】おかあさんといっしょの月のうたが神曲!カマキリ先生が作詞した深い歌詞の内容とは?

スポンサーリンク

【はらぺこカマキリ】おかあさんといっしょの月のうたが神曲!カマキリ先生が作詞した深い歌詞の内容とは?

 

こんにちは、わら子(@warakochan_Tw)です。

 

Eテレのおかあさんといっしょの2019年6月の月のうたが、今すっごく話題なのをご存知でしょうか?

 

その曲は「はらぺこカマキリ」という曲です。

 

この曲の作詞がなんとなんと「香川照之の昆虫すごいぜ!」に登場するカマキリ先生です。

 

作詞をしたカマキリ先生って何?一体誰なの?はらぺこカマキリってどんな曲?と気になる点がありすぎると思いますので、「はらぺこカマキリ」について詳しくご紹介します!

 

 

おかあさんといっしょの月のうた「はらぺこカマキリ」とはどんな曲?

おかあさんといっしょでは、月ごとに変わる「月のうた」という曲があります。

 

その月のうたは1ヶ月間毎日放送される曲で、新曲や季節にあった歌などが選ばれて放送されます。

 

そんな2019年6月のおかあさんといっしょの月のうたは「はらぺこカマキリ」という曲です。

 

その名の通り、カマキリが主役の曲になっています。

 

この曲はお腹を空かせたカマキリが様々な虫を見つけて食べようとするのですが、「でも・・・この子たちにはすごくいいところがある・・・やっぱり食べられない!」と結局食べることをやめてしまうないようになっています。

 

虫それぞれの良いところ、頑張っているところを紹介しながらもカマキリ目線で歌っていくかわいそうだけどどこか楽しい歌になっています。

 

この曲を通して、普段の生活ではななかなか知ることのできない昆虫たちの特徴を知ることのできます。

 

 

作詞はカマキリ先生!つまり俳優の香川照之さんが作った歌!

この「はらぺこカマキリ」の歌は「結局『やっぱり食べられない!』となってしまうカマキリが可愛い!」と話題の曲です。

 

ですがですが、それ以上に「はらぺこカマキリの作詞を担当した人がスゴイ!」と話題でもあります。

 

はらぺこカマキリは作詞はカマキリ先生、作曲は牧野奏海さんです。

 

この「カマキリ先生」という名前を見ると「カマキリ先生ってだれだよw」と思わず突っ込みたくなってしまいますが、実はこれはEテレの番組「香川照之の昆虫すごいぜ!」に登場するカマキリ先生なのです。

 

このカマキリ先生とは、実は俳優の香川照之さんなのです!!!

 

 

香川照之さんは「僕はEテレで昆虫番組をやりたい!」と熱い思いを訴えたことで、この「香川照之の昆虫すごいぜ!」という番組をスタートさせました。

 

香川さんは、子どものころから昆虫にどっぷりはまった「超」がつくほどの昆虫マニアだったそうです。

 

また、番組スタッフから取材を受けた時も

 

「自分は単に昆虫の変な生態が好きなんじゃないんです!

本能のままにまっすぐに生きる昆虫の姿が最高にいいんです!

ケータイまみれで時に自分を偽って生きねばならない子どもたちや、軟弱になったとか草食系とか言われる男子たちにそんな昆虫の姿を見せたい。

 

人間は昆虫から学ぶことがたくさんあるんです!」

 

とアツい思いを語ったそうです。

 

そしてその後「香川照之の昆虫すごいぜ!」の番組がスタートし、香川照之がカマキリ先生となり、子カマキリたちに熱い授業を始める番組になっています。

 

 

そんな超がつくほどの昆虫マニアの香川照之さんが、作詞家デビューした曲がこの「はらぺこカマキリ」なのです。

 

本当に本当に、昆虫を心から愛する香川さんが作った曲ということが伝わってくるほど、「はらぺこカマキリ」の歌詞は昆虫愛で溢れまくっています。

 

 

「はらぺこカマキリ」の歌詞はどんな歌詞?

「はらぺこカマキリ」は、上で紹介した通り昆虫愛に溢れた曲になっています。

 

まず、お腹を空かせたカマキリが獲物を探すところから始まります。

 

うごくもーのだいすき ぼくカマキリ

きょうもはらぺこ 

シャカシャカシャカシャカ シャカシャカシャカシャカ

あ!ありさんみーっけ!

 歌詞引用:https://www.nhk.or.jp/kids/okaasan/song.html

 

ありを見つけたカマキリは、ありのところへソロソロソロと近づいていくのですが・・・

 

でもでもぼくはしっている

じぶんより おもーいもの

どこまでも はこぶよ

かぞく なかま みんなのため

 

あー やっぱりありさんたべられなーい

(スゴスゴスゴ スゴスゴスゴ)

おなかペコペコ でもガマン!

 歌詞引用:https://www.nhk.or.jp/kids/okaasan/song.html

 

 

なんて可愛すぎる歌詞・・・

 

お腹を空かせてやっとありさんを見つけたのに、ありさんが自分よりも重たいものを家族や仲間のために運んでいる姿を思い出して「やっぱり食べられない!」と食べるのをやめてしまうのです。

 

 

また、その後はハチさんも登場します。

 

 

うごくもーのだいすき ぼくカマキリ

きょうもはらぺこ 

シャカシャカシャカシャカ シャカシャカシャカシャカ

あ!ハチさんみーっけ!

 歌詞引用:https://www.nhk.or.jp/kids/okaasan/song.html

 

 

ありさんの時と同様、同じようにハチさんに近づいていくカマキリですが・・・

 

でもでもぼくはしっている

ハチさん みつをはこぶから

みがなる はながさく

だからもりがうつくしい

 

あー やっぱりハチさんたべられなーい

(スゴスゴスゴ スゴスゴスゴ)

おなかペコペコ でもガマン!

 歌詞引用:https://www.nhk.or.jp/kids/okaasan/song.html 

 

ハチさんのお陰で、みんなが美しい森で過ごすことができているのを考えると食べれなかったようです。

 

 

その後はセミさんも見つけます。

 

うごくもーのだいすき ぼくカマキリ

きょうもはらぺこ 

シャカシャカシャカシャカ シャカシャカシャカシャカ

あ!セミさんみーっけ!

 歌詞引用:https://www.nhk.or.jp/kids/okaasan/song.html 

 

 

ありさん、ハチさんと同じようにセミさんにも近づいていきますが・・・

 

でもでも ぼくはしっている

つちのなかで なんねんも

ずっと じっとまってる

たったひとなつ うたうため

 

あー やっぱりセミさんたべられなーい

(スゴスゴスゴ スゴスゴスゴ)

おなかペコペコ でもガマン!

 歌詞引用:https://www.nhk.or.jp/kids/okaasan/song.html 

 

 

セミが一夏しか生きられない儚さを知っているからこそ、セミに対しても「食べてはいけない!」となってしまいました。

 

その後は、空腹を我慢しているカマキリの様子で終わります。

 

うごくもーのだいすき ぼくカマキリ

きょうもはらぺこ 

シャカシャカシャカシャカ シャカシャカシャカシャカ

でもでもガンバル ペコリンコ

おなかペコペコ ペコリンコ

 歌詞引用:https://www.nhk.or.jp/kids/okaasan/song.html 

 

 

可愛い・・・

 

結局何も食べれなかったね・・・

 

 

昆虫マニアの香川照之さんだからこそ書ける深くて優しすぎる歌詞!

「はらぺこカマキリ」はカマキリの目線になって獲物を探すものの、アリやハチ、セミの頑張っている姿を考えてしまうとどうしても食べられないという歌詞になっています。

 

この歌詞は、すべての虫の良いところや豆知識がぎゅっと詰まっています。

 

また、香川照之さん(カマキリ先生)が虫が普段頑張っているところを知っているからこそ書ける歌詞ですよね。

 

カマキリやあり、ハチ、セミのことを全く知らない人が作った歌なら、絶対にこんな優しい歌詞は書けないはずですし、ここまでの豆知識はなかったでしょう。

 

「はらぺこカマキリ」は、子供も親もとても勉強になるほっこりする歌になっています。

 

 

我が家は男の子がいますが、この「はらぺこカマキリ」の歌詞をよく理解させて虫の大切さを教えたいなと思っています。

 

でも虫にハマって家に持って帰ってくるようになったらそれはそれで嫌ですが・・・

 

 

はらぺこカマキリが放送された初日はネットでも超話題に!

この「はらぺこカマキリ」がおかあさんといっしょの月のうたとして放送されたのは、2019年6月3日ですが、この日はネットでも「はらぺこカマキリ」の歌についての話題が持ちきりでした。

 

中でもツイッターではこんな声が上がっていました。

 

「はらぺこカマキリの作詞が『カマキリ先生』だったけど、歌詞の内容からしても確実にあのカマキリ先生だよなぁ。」

「はらぺこカマキリ可愛い!なんか食べて・・・」

「はらぺこカマキリ神曲すぎる」

「おかあさんといっしょの『はらぺこカマキリ』の歌詞が可愛すぎて録画何回も見ちゃう」

「おかあさんといっしょのファミリーコンサートではらぺこカマキリは全員着ぐるみで歌ってほしい!」

 

 

などとその日以降「はらぺこカマキリ」に関するツイートが続出しました。

 

ぜひぜひファミリーコンサートで歌ってほしいし、お兄さんお姉さんがカマキリの着ぐるみで歌っているところを見てみたい・・・

 

 

外で遊ばない子供が増えている中、虫を知れるきっかけになる歌

「はらぺこカマキリ」は歌いやすく優しいメロディである上に、歌詞も勉強になるし子供には絶対に聞かせたい曲になっています!

 

また、あのカマキリ先生(香川照之さん)が作った曲というのも珍しいですし、香川さんが作ったからこそ知れる豆知識がたっぷり詰まった1曲になっています。

 

また、最近では家の中でゲームをしている子供が増え、公園に遊びに行っても遊具や木登りはせずにみんなで輪になってゲームをしている子供がとても増えてしまっています。

 

昔なら、虫取り網を持って昆虫を捕まえるのを子供なら誰もがしたことがありますが、昆虫を採る・昆虫を触るということをしたことのない子供はとても増えていますし、公園や森に様々な昆虫がいることさえ知らない子供も増えています。

 

そんな中、この「はらぺこカマキリ」は子供が虫を知るきっかけにもなる歌になっています。

 

カマキリやあり、ハチ、セミといった身近な虫を知り、さらに虫それぞれにいろんな特徴があるということも教えてもらえる曲になっているので、ぜひお子さんには一度は聞かせたい曲です。

 

また、ミュージックビデオではカマキリの動きや表情もとても可愛いので、ぜひミュージックビデオバージョンでお子さんに見せてあげてください!