ママトーク。

1児のママであるアラサー主婦がママとして言いたいことや発信したいことを書き殴るブログ。母、妻、嫁、女としての視点や育児や自分の趣味、Eテレのことも熱く語ります。

おかあさんといっしょの「てとてとパタン」いとうせいこう×U-zhaanの曲とは?

スポンサーリンク


おかあさんといっしょの「てとてとパタン」いとうせいこう×U-zhaanの曲とは?

おかあさんといっしょの月のうたが今月も放送されました!

 

2019年10月は「てとてとパタン」という曲です。

 

この「てとてとパタン」は、今までのおかあさんといっしょの曲にはなかったような、珍しくて面白い曲調になっています。

 

そして作詞作曲を担当した人が、あのすごい有名人なのです!

 

そんな2019年10月の月の歌「てとてとパタン」について詳しくご紹介します。

おかあさんといっしょの今月の歌「てとてとパタン」とは?作詞はいとうせいこうさん!?

2019年10月のおかあさんといっしょの月の歌は「てとてとパタン」という曲です。

 

「てとてとパタン」とはどんな曲?

「てとてとパタン」は、今までのおかあさんといっしょ にはなかったような珍しい曲となっていて、思わず親子で「ん?」と聞き入ってしまうような曲になっています。

 

その理由は、曲が歌と太鼓の音だけでできているからです。

 

つまり、太鼓だけの「トントントン・・・」という音に、ゆういちろうお兄さんとあつこお姉さんの歌声が乗せられているだけなのです。

 

また、演奏が太鼓だけなのもあってか、Aメロ・Bメロ・サビといったようなサビに向けてドンドン盛り上がるような曲でもなく、最初から最後まで一定のリズムで淡々と歌っていきます。

 

今までのおかあさんといっしょの「子供向けで明るい曲」という感じではなく、今までになかったような新しいスタイルの曲になっています。

 

作詞はいとうせいこう・作曲はU-zhaanの豪華すぎる組み合わせ

「てとてとパタン」は曲が変わっているだけでなく、作詞作曲をした人が超豪華と話題になっています。

 

「てとてとパタン」の作詞はなんといとうせいこうさん、作曲はU-zhaanさんです。

 

いとうせいこうさんは曲作りもしているの?

ここで気になるのが「いとうせいこうさんってあのいとうせいこうさん?」ということですよね。

 

いとうせいこうさんといえばこの人です。

 

おかあさんといっしょ いとうせいこう作詞の「てとてとパタン」

画像引用:https://ototoy.jp/feature/20160923

 

いとうせいこうさんはタレントでありながらも小説家でもあり、さらに俳優、ラッパーでもあります。

 

なんと日本にヒップホップカルチャーを広く知らしめたアーティストの一人でもあるのです。

 

そして、自身も音楽活動をしていながら作詞家としても活動されていて、実は大竹まことさんの「俺の背中に火をつけろ!」、ももいろクローバーZさんの「5 The POWER」など、大物アーティストに楽曲提供もしています。

 

小説家、さらに作詞家、ラッパーとして活動していることからも、子供向けでも面白く楽しい詞をかけるのでしょう。

 

作曲のU-zhaanさんとはどんな人?

「てとてとパタン」の作曲を担当しているU-zhaan(ユザーン)さんは、日本のタブラ奏者です。

 

おかあさんといっしょ U-zhaanが作曲の「てとてとパタン」

画像引用:http://radio.rcc.jp/livegreen/cast/entry_9163.html

 

タブラとは、インドの民族楽器で太鼓の一種です。

 

「だからてとてとパタンは太鼓なのか!」とここで繋がった人もいるでしょう。

 

U-zhaanさんはこのタブラを始めた2年後から、毎年インドに長期滞在をしタブラを学んできました。

 

その後は、タブラの音のみを使用したテクノ・アルバムを発売したり、坂本龍一、ハナレグミなど多くのアーティストとコラボをしアルバムを出しています。

 

また、浜崎あゆみ、UA、大橋トリオ、小室哲哉、岸谷香、私立恵比寿中学などの作品にも参加している、スゴイ演奏者でもあるのです。

  

「てとてとパタン」の映像とダンスも可愛い!

「てとてとパタン」は歌詞や太鼓の音だけでなく、映像と踊りもとても可愛い曲になっています。

 

moogaboogaがアニメーションを担当

アニメーションは、moogabooga(ムーガブーガ)という髙野 真(たかの まこと)さんと髙野 文子(たかの あやこ)さんによるアートユニットが担当しています。

 

ムーガブーガは、「暮らしの中での想像力」をテーマに様々なアニメーション技術を用いて、テレビ番組やミュージックビデオ、短編アニメ、ギャラリーでの展示など、多岐に渡り活動されています。

 

また、ムーガブーガのお二人は、今回おかあさんといっしょの「てとてとパタン」のアニメーションを担当したことをこのように語っています。

 

個人的にものすごく尊敬する方々との共作となり、とても光栄でした!

からだの名称やオノマトペなどで構成された抽象的な詞や、タブラの音色のみで作られた楽曲によって、シンプルながら何度も聞きたくなる歌になっています。

つい体を動かしたくなるけど一回見ただけじゃなかなか踊れない振付も楽しい!

 引用:https://moogabooga.net/

 

また、今回のおかあさんといっしょの「てとてとパタン」以外でも、過去にEテレのみんなのうた「ケチャップチャップ」のアニメーションも製作されています。

 

てとてとパタンのアニメーション担当のムーガブーガ ケチャップチャップ

画像引用:https://moogabooga.net/

 

今回の「てとてとパタン」では、お兄さんお姉さんが顔はめをして様々な表情をしながら歌っていくので、お子さんも映像を見ているだけで楽しめるはずです。

 

振り付けは元・珍しいキノコ舞踏団の伊藤千枝子さんが担当

「珍しいキノコ舞踏団・・・?」と思う人も多いと思いますが(私は最初思いました)、珍しいキノコ舞踏団とは女性のみで構成された日本のダンスカンパニーです。

(珍しいキノコ舞踏団は、2019年4月30日に解散しています)

 

珍しいキノコ舞踏団は、ダンスを様々な角度から捉え、劇場だけでなく屋外、美術館、倉庫など幅広い場所で活躍していました。

 

またその珍しいキノコ舞踏団の創設者である伊藤千枝子さんが、今回の「てとてとパタン」の振り付けを担当しています。

 

「てとてとパタン」の振り付けを担当した伊藤千枝子さんはものすごく有名な方ですが、「テトテト・・・」の音楽にぴったりな、なんとも言えないゆるい可愛らしい振り付けになっているので、ママとお子さんが一緒に踊って楽しめます。

  

「てとてとパタン」の歌詞とは?

ここで気になるのが「てとてとパタン」の歌詞ですよね。

 

いとうせいこうさんが作った歌詞でもありますし、太鼓の音だけに乗せて歌うとなると想像できないかもしれませんが、「てとてとパタン」は一度聴くと耳に残ってしまうような、ゆる~い歌詞になっています。

 

てと てと てと

かた かた かた パタン

てと てと てと

かた かた パタン

 

ヒジと てと かた

ヒザと てと かた

みみと めと はな

どこでも てと てと パタン

 

ヒジと てと かた

かかと かかと かかと パタン

ぎゅーパタン ぎゅーパタン とん パタン とん パタン

ひざと おなか のばす パターン とん パタン

 

 

てと てと パタン

かかとかかとパタン

パタパタパタパタパタ

ほっぺたたく したでベー あとパタン

 

からだ だから だれか わかる

これはじぶん パタン

からだ だから だれか わかる

これはじぶん じゃない

だれ?

おともだち パタン

 

だれ?パタン

 

これはじぶん これはだれか

これはじぶん これはだれ?

これはじぶん これはだれか

これはじぶん これはだれ?

てとてとてと パタン てと パタン

てとてとパタン

パタン パタン

 引用:おかあさんといっしょ こんげつのうた - キッズワールド NHK Eテレ こどもポータル

 

体の部位がたくさん入っているので、体を使った手遊びができるような歌詞になっています。

 

また、お友達の部位も出てくるので、お友達やママと一緒に歌って遊ぶこともできます。

 

この歌詞をいとうせいこうさんが作ったと考えると、なかなか面白いですよね。

 

 

ツイッターでも「てとてとパタン」は話題

Twitterでも早速ママたちが「てとてとパタン」についてツイートをしています。

 

 

  

 

 

 

 

 

皆さんこの「てとてとパタン」のゆるい音楽と、ゆういちろうお兄さん・あつこお姉さん・誠お兄さん・あづきお姉さんの顔はめ動画を楽しみながらも、実は作詞がいとうせいこうさんであることにびっくりしているようでした。

  

「てとてとパタン」はママも子供も楽しめる曲!家族やお友達と歌って踊ろう!

以上が、おかあさんといっしょの月の歌「てとてとパタン」についてでした。

 

「てとてとパタン」は作詞がいとうせいこうさんであることにもびっくりしますが、U-zhaan(ユザーン)さんを知っている人なら思わずテンションが上がってしまう曲となっています。

 

ツイッターの中にも「この二人が曲を作るなんて・・・!」というツイートがあったりと、子供よりも親の方がテンションが上がってしまったという人もいるでしょう。

 

また、普段はなかなか聞けないタブラの音に乗せながらお兄さんお姉さんが歌ってくれるのも、子供にとっては新鮮で楽しめる曲となっています。

 

体の部位を触って覚えることもできる曲になっているので、ぜひママと、パパと、おともだちと歌って踊ってみてください。

 

次月のおかあさんといっしょの月の歌は「あさペラ!」です!