人生模索中主婦のおしゃべり帳-ママと妻、時々嫁の殴り書きブログ-

ママ・母・妻・嫁の目線から喋りたいことだけを喋るブログ。おかあさんといっしょやお役立アイテム情報も

育児がしんどい・辛いと思ったら「育児」以外の何かに目を向けてみて欲しい

スポンサーリンク




育児がしんどい・辛いと思ったら「育児」以外の何かに目を向けてみて欲しい

 

育児中のママは誰だって「育児がしんどい」「育児が辛い」と思ってしまうことはあるでしょう。

 

子供を産んだ瞬間から怒涛の育児がスタートすることで、そう思ってしまうのは仕方がありません。

 

そんな私も小さい子供がいるため毎日育児に追われ、日に日にわがままで自己主張の強くなっていく子供に毎日振り回されています。

 

もちろん子供を産んでからまともに自分の時間なんてありません。

 

ですが、私は育児真っ只中でもこのブログを運営し、日々記事を書いています。

 

そしてそれだけでなく、子供が1歳になる頃に学校に通い資格の勉強までしていました。

 

これらを始めたきっかけは、育児が毎日毎日大変だからこそ「育児以外の何かに打ち込みたい」と思うようになったからです。

 

その結果、「育児に行き詰まったら育児以外のことに目を向けてみる」ことの大切さを痛感しました。

 

育児がしんどい・辛いと思ったママに読んで欲しいこと

f:id:warakochan:20200722190126j:plain

 

育児は大変。

 

本当に大変。

 

なぜなら365日休みがなく、朝から晩まで子供のことを常にしているから。

 

朝昼晩ごはんを作って食べさせ、オムツを3時間おきくらいに替え、支援センターや公園だって連れて行く、眠いと言われれば全力で寝かしつけをして、お風呂も入れるし着替えもさせる。

 

子供が泣けば「何?お菓子?オムツ?」と言いながらお菓子を与えてみたり、録画したおかあさんといっしょを見せたりして試行錯誤しながら、常に子供のご機嫌を伺いながら生活をする。

 

子供が生まれる前は想像もできなかった日々が、毎日のように繰り返されるのです。

 

そんな私は妊娠中たくさんのママ達に「好きなことできるのも今のうちだよ~」と言われていましたが、「子供が産まれても好きなところくらい行けるっしょ!」くらいに思っていました。

 

ですが、子供が生まれた瞬間から「自分の時間」が一瞬にしてなくなり、全てが子供中心の生活となりました。

 

今思えば育児をナメていました。

 

大好きだったレストランだって子供を連れて行くのは躊躇するようになって行かなくなったし、週3で通っていたジムも行けないし、美容院に行くのだって旦那の休みと旦那の都合に合わせないと行けない。

 

買い物をしていて「あの服を可愛いな~」と思っても、子供がいたら試着もできない。

 

育児がスタートするということは、そのくらい生活がガラッと変わってしまうのです。

 

そして、何より「孤独感」が半端ない。

 

子供がまだ小さいと毎日のようには出かけられないし、出かけても支援センターや公園か最寄りの駅前のお店で買い物程度。

 

旦那が休みの日ならまだ遠出はできますが、平日の子供と二人っきり、冬は基本的に家で缶詰状態の生活は想像以上にキツかったです。

 

「私最近旦那以外の人と話してないな」と思うこともしょっちゅうでしたし、行動範囲も人間関係もどんどん狭くなる一方で、子供が1歳を過ぎるまでは「育児が大変」というよりも「今までの生活では考えられなかったくらいの孤独感」に毎日襲われていました。

 

そんな時、インスタ大好きキラキラママに出会った私

育児が想像以上に大変だということを痛感していた頃(息子が1才になる頃)、インスタが大好きすぎるママと友達になりました。

 

↓この人。

www.warakochan.com

 

このママは私の子供と同じくらいの月齢の子供がいるのにも関わらず、毎日のようにインスタを更新するのです。

 

友達になってインスタをお互いフォローしあった時に、このママ友のインスタの更新頻度を見た時に「この人暇なの?育児ちゃんとしてるの?」と思ってしまったほど。(1日10記事は投稿するのです)

 

だけど育児はきちんとしてるし、子供のためにいろんなところに連れて行ってるし、子供は常に清潔で(?)いつもママ大好きでいい子だし、子供のために手の込んだご飯もおやつも作ったりしている。

 

そしてその子は旦那さんのこと、子供のこと、自分が食べた外食の写真、美味しかったアイスやお菓子、その日に買い物をしてきたもの(もちろん食材とかではなくオシャレなもの)など、なーんでもインスタにアップするのです。

 

その結果、私のインスタのタイムラインはそのママ友の投稿でほとんど埋め尽くされています。

 

そんな時、私はあることに気づいたのです。

 

「きっとこの子は育児のストレス(+旦那のストレス)だけだと参ってしまうんだろうな。

だからインスタにたくさん自分のことをアップして『外部の人と繋がっている』ということを実感することで、日々の生活とバランスを取っているんだろうな」と。

 

私も育児以外の何かに目を向けたいと思うようになった

そんなママ友のインスタの投稿を見ていると、しだいに「このママ友は育児と家事の合間に寝る間を惜しんででもインスタを投稿している。毎日大変でもインスタで他の人と繋がったりストレスを発散させることで育児を頑張れているんだろうな。・・・私も何かやりたい!!!」と思うようになりました。

 

その結果、私はブログを始めることを決意しました。(このブログです)

 

元々何か文章を書くということは好きでしたし、自由に友達と会えないからこそ今の誰にも言えない結婚生活の中身や、自分の本音をどこかに吐き出したかった。

 

そして息子を産んで孤独育児をした結果「今は育児が中心だけど、いつかは自分を活かせるような仕事がしたい」と思うようになり、大好きだったヨガを仕事にすることを決意しました。

 

その後、子供が1歳を過ぎてからヨガインストラクターの資格取得を目標に週1で学校にも通い、子供が寝ている間に勉強にも励むようになりました。

 

育児以外のことに目を向けたら気持ちがすっと楽になった

f:id:warakochan:20200729151053p:plain

 

このブログを開設し日頃思っていたこと、自分なりに発信したいことを書くようになり、さらにヨガインストラクターになるための勉強を始めた私。

 

どちらも子供がまだまだ手のかかる1歳になる頃にスタートしたので、最初は育児との両立は大変でした。

 

ブログも勉強も子供が寝ている間にしかできず、子供が起きた瞬間に強制終了する日々。

 

もちろん育児が最優先なので育児を疎かにしてまではブログや勉強はしませんでしたが、それでも「育児以外のこと」を夢中でしている時間は自分にとって至福の時間でした。

 

今まで子供が生まれてからずっとワンオペ育児しかしてこなかったので、多少寝不足になっても「毎日が楽しい」「明日も頑張ろう」と思えるようになったのです。

 

そして何より育児以外のことに目を向けた瞬間に、すっと気持ちが楽になりました。

 

むしろ育児以外のことに目を向けたら、子供にもイライラせず優しく接することができるようになり、さらには産後からイライラが止まらなかった旦那にも少しだけ優しくできるようになりました。

 

「育児だけの生活」に疲れていた私にとって「育児以外のことにも目を向けてみる」ことが日々の生活に希望を持てるようになったのです。

 

スポンサーリンク

育児だけが今の自分じゃない。心のバランスが取れる物を探してみて

f:id:warakochan:20200728160231j:plain

 

育児は本当に大変。

 

子供が全く昼寝をしてくれない日があったり、夜泣きに振り回されて1日中体がだるかったり「今日一日絵本読んでオムツ替えてご飯食べさせただけだよ私・・・何もしてない!」という日だってある。

 

「私このまま育児だけをして終わっていくのかな・・・」と絶望することだってある。

 

そんな育児に疲れてしまった時には、ぜひ一度育児以外のことに目を向けてみて欲しいです。

 

もちろん育児は最優先ですが、育児は手を抜かずに何か自分にとってプラスになることを探してみてください。

 

母親は育児だけをする生き物じゃない。

 

育児をしながら自分の楽しみを見つけたっていいのです。

 

それが私の場合は、ブログと将来の仕事に向けての勉強でした。

 

今まで子供を産んだ瞬間から母親モードで育児だけに専念をしたけれど「育児をすることだけが私の仕事じゃない」と思えるようになりましたし、育児をしながらでも工夫次第で自分の好きなことだってできるし、したっていい。

 

もちろん私にとっては息子は世界で一番大切で何よりも優先しなければいけないものなので、育児を犠牲にしてまで自分のことをやろうとは思わない。

 

だからこそ自分の中で削れるものは削って時間を工夫しながら、自分のやりたいこと・目標を達成しようと思っています。

  

育児真っ只中でも工夫次第で自分の時間は作れる

現在の私は息子が昼寝をしている約2時間と、朝早く起きて息子が起きるまでの約2時間を自分の時間に充てています。(朝は5:30か6時起きです)

 

もちろん夜泣きが酷かった日には息子が起きるまで一緒に寝たりして、無理はしないようにしています。

 

こうやって育児をしながらでも自分の時間を作ることで、自分の気持ちが充実していることを日々実感しています。

 

息子が生まれる前までの私は、朝早く起きてその時間を趣味の時間に充てるなんて考えられませんでした。(自分の時間なんて山ほどあったから)

 

だけど何かしらに追われている育児を日々していると「自分の時間を工夫しない限りなかなか自分の時間を持つことは難しい」と痛感しました。

 

育児だけでは息が詰まるし育児だけが仕事じゃない

そんな私が全国の育児真っ只中のママに言いたいことは「育児に行き詰まったら、他に目を向けるのも大事」ということです。

 

育児だけだとやっぱり息が詰まる。

 

私が前に働いていた会社にいた育休明けママ達が、みんな口を揃えて「子供と二人だけの生活キツかった~!今仕事できてて前より色々と楽になった」と言っていました。

 

きっとそういうことなんだと思う。

 

母親になったからって育児だけが仕事じゃないのです。

 

今の生活に育児以外の何かを足してみることで、きっとママの心も充実するはずです。

 

また、子供と毎日二人っきりだけのワンオペ育児しかしていなかった私にとって、育児をしながらもブログや夢(資格)のために頑張ることで、自分の視野がどんどん広がり毎日が楽しくなっていったことを痛感しています。

 

そして、育児以外のことに打ち込むことで、改めて「息子との時間を大切にしたい」と思えるようになりました。

 

育児がしんどいと思ってしまったら、ぜひ自分にとって何かプラスになることを探してみてください。

 

今のあなたは「育児だけが全て」ではないのです。